こちらのページはスマートフォン専用です。

※ご使用の端末でこちらが表示された場合は、PC専用サイトをご覧ください。

http://www.artkaitori.com/
董基昌(トウ キショウ) 査定|中国美術の相場・売却の相談ならば中国美術 買取専門のアート買取協会にて高価査定を実施しております。
絵画取扱作家一覧(インテリアアート・その他)

董基昌(トウ キショウ)

弊社では董基昌(トウキショウ)の作品を探しております。
董基昌(トウキショウ)の作品も無料で買取査定しております。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

董基昌(トウ キショウ) 1555~1636年 中国美術

字は玄宰・江蘇省出身・明時代末期に活躍した文人。清時代の康熙帝が敬慕したこともあり、董基昌の作品は明末清初を通じて 非常に流行した。晩明の四大家の中でも特に後世に絶大な影響を与えている。

13歳で科挙の童試に合格したものの、書が拙であるとされたためトップにはなれなかった。このことに発奮して17歳から本格的に書の研鑽をはじめ、それは30年以上にもわたったという。

はじめ碑文や法帖で顔真卿・鍾繇・王羲之に学んでいたが、25歳の時に有名な蒐集家・鑑識家である項元汴の許で歴代名家の真蹟を見てから書の神髄は真蹟によらねば得られないと悟り、徹底して真蹟の臨模に努めた。「我が書は臨倣せざる所はなし」とまで述べるほどだった。47歳にしてようやく自己の体を獲得したと吐露しているが、特にこれを董体と称する。

董は北宋の蘇軾・黄庭堅・米芾らの革新的な書法観に感化されている。書の精髄は魏晋にあり、王羲之の精神を把握し、形ではなくその神韻を受け継ぐべきで、そのために書は天真爛漫であるべきとした。初唐の四大家である欧陽詢・虞世南・褚遂良・薛稷らは形ばかりで神韻がないとし、顔真卿・張旭・懐素らがその神韻を受け継いでいるとした。一方、文徴明らの呉派には批判的で、その先駆けとなる元代の趙孟頫には激しく対立した。趙らは形ばかりを真似て俗態であると斥けている。

しかし、後に自ら編纂した『戯鴻堂帖』には趙孟頫の書を加えていることから強いライバル心を抱きながらも一目置いていたことが分かる。董は早くから禅に参じており、その書の根底に禅味があるとされた。明代は自由闊達な精神を好む時代であったから董の書法はたちまち称揚された。邢侗・張瑞図・米万鐘とともに「邢張米董」と称され、米万鐘とともに「南董北米」と称された。清代になると康煕帝が偏愛と呼べるほどに私淑し、その推賞から当時の士大夫(文人)の間でもてはやされた。乾隆帝も董の書風を好んだため、長らく隆盛した。秦祖永は『桐陰論画』において董を歴代名家の最高位に置いて「神品」と評している。

董其昌は23歳のときにはじめて山水画を試みたと述べている。先輩の顧正誼の家で元末四大家の作に触れたことに感動したからだという。その後、莫是龍や陳継儒にも教えられて次第に画を研鑽し始め、やがて趙左・顧元慶・范允望なども加わり絵画のグループが形成された。

この一派は蘇州の沈周や文徴明の末流である呉派に対して松江派と呼ばれ明末の停滞気味な絵画芸術を革新していく。彼らは古画の鑑賞と臨模を通して主に元末四大家を中心とした古人の研究を重視した。しかし董はさらにその淵源を探ることを望み官僚としての立場を巧妙に利用して、大収蔵家の項元汴の家を度々訪ねては宋・五代十国・唐の古画名品を鑑賞しその研究を貪欲に進めている。

特に唐の王維・五代の董源・そして元末四大家、中でもとりわけ黄公望の真筆に臨み大いに刺激を受けている。研究の熱心さは書画の蒐集熱となり、黄公望の最高傑作「富春山居図」を入手したときの喜びようは度を超えていた。この他にも相当の名品を数多く入手している。

董は山水画を得意としたが、その技法は古人から学んでいる。郭忠恕の「輞川図巻」の臨模を通じて気勢の表現を取り入れた。この気勢とは風水のいうところの大地のエネルギーの表象であり、董はうねるような山水にこのエネルギーを表現している。また構図を大きく分割配置する三・四大分法を取り入れ簡潔でダイナミックな構図を特徴とした。極端にデフォルメされ一見奇怪な景勝に見える。徹底して古人に学びながら形式主義に陥らずその作品は革新的であった。

(参考出展:wikipedia)
買取の流れ
スムーズなお取り引きのために
◆下記のポイントをあらかじめお調べの上、控えておいてください。
【絵画の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※額の裏や箱に記載されている場合があります【例】作家名:上村松園作品名:鼓の音。
2:絵画の技法は分かりますか?(日本画、油彩、版画、水彩など)【例】技法:日本画
3:額を除いた、絵だけのサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
【骨董品の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※共箱の中に略歴が入っている場合がございます。【例】作家名:井上萬二作品名:白磁春秋彫文耳付花瓶
2:共箱(作家名や作品名の書かれた桐の箱)はありますか?【例】共箱:有
3:陶磁器の場合 箱を除いた、作品自体のサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
買取までの流れ(一般のお客様)
1:上記ポイントをご確認の上、無料査定フォーム、またはフリーコール(0120-081-560)もしくはメール(info@artkaitori.com)にて、お気軽にお問い合わせください。
2:専門のスタッフが相場に応じて、しっかりと査定致します。
3:お電話もしくはメールで、おおよその査定金額をご提示致します。
●出張買取の場合
・日程を調整して、ご自宅に訪問させて頂きます。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。4日程をご調整頂き、弊社へご持参ください。
●弊社お持込の場合
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。
●宅配買取の場合
・必要書類・梱包材を、お客様のご自宅(会社)に発送致します。
・必要書類にご記入頂き、作品を梱包して下さい。
・作品は、着払いで当社へご発送ください。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・お振込にて、お支払いさせて頂きます。
査定ご希望の方はこちらから無料買取査定フォーム
初めての美術品売却
取り扱い美術品 絵画 買取 日本画 洋画(日本人) 洋画(外国人) 現代アート 具体美術 中国美術 インテリアアート・その他 骨董品 買取 陶磁器 茶道具 掛軸 彫刻・ブロンズ 象牙 骨董品 その他 西洋アンティーク 買取 ガラス工芸 西洋アンティーク 陶磁器 西洋アンティーク 彫刻ブロンズ 西洋アンティーク 19世紀絵画
買取 動画
作家検索
正社員アルバイト求人情報
営業拠点
名古屋本社
愛知県名古屋市中区
新栄1-12-26AKKビル10F
愛知県公安委員会
第541020001600号
東京支社
東京都中央区銀座8-18-4
東銀座ビル7F
東京都公安委員会
第301060305502号
神奈川支社
神奈川県横浜市中区
上野町1-24-2
神奈川県公安委員会
第451360014687号
大阪支社
大阪市阿倍野区帝塚山
1-9-6 TZY196ビル1F
大阪府公安委員会
第621221302910号
九州支社
福岡市博多区博多駅南2-1-5
博多サンシティビル507
福岡県公安委員会
第909990041404号
仙台支社
宮城県仙台市青葉区本町
2-1-8 第一広瀬ビル4F
宮城県公安委員会
第221000001130号
広島支社
広島県広島市中区本川町
2-1-13和光パレス2A
広島県公安委員会
第731021400007号
インフォーメーション
出張買取(無料) ■北海道
[北海道・札幌]
■東北
[青森岩手宮城秋田山形福島]
■北関東
[茨城栃木群馬山梨]
■南関東
[東京・銀座神奈川・横浜埼玉千葉]
■信越
[新潟長野]
■北陸
[富山石川福井]
■東海
[愛知・名古屋岐阜静岡三重]
■近畿
[大阪兵庫・神戸京都滋賀奈良和歌山]
■中国
[鳥取島根岡山広島山口]
■四国
[徳島香川愛媛高知]
■九州
[福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島]
■沖縄
[沖縄]
LINE査定
info@artkaitori.com