安藤忠雄(アンドウ タダオ) 査定|現代アートの相場・売却ならば専門店ならではの高価査定を実施しております。
絵画取扱作家一覧(現代アート)

安藤忠雄(アンドウ タダオ)

弊社では安藤忠雄(アンドウタダオ)の作品を探しております。
安藤忠雄(アンドウタダオ)の作品も無料で買取査定しております。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

安藤 忠雄(アンドウ タダオ)1941~ 現代美術|日本人

1941 大阪府に生まれる
1962 独学で建築を学ぶ
1969 安藤忠雄建築研究所設立
1986 芸術選奨文部大臣賞新人賞
1994 朝日賞、第7回国際デザインアワード、フランス文学芸術勲章授章
1995 プリツカー賞
1996 第8回高松宮殿下記念世界文化賞、第1回国際教会建築賞
2003 文化功労者となる
2005 東京大学特別栄誉教授の終身称号を授与
2008 大阪府政策アドバイザー
2011 東日本大震災復興構想会議議長代理

概要・その他

双子の兄で、さらに弟がいる三人兄弟である。双子の弟は東京で北山創造研究所(都市コンサルタント業/商品デザイン業)を主宰している北山孝雄。下の弟は建築家の北山孝二郎(ピーター・アイゼンマンとのコラボレーションで名を馳せた)。

一人娘だった母親の実家を継ぐために、生前からの約束にしたがって大阪市旭区の祖父母安藤彦一・キクエの養子となる。大阪の下町にある間口2間、奥行き8間の長屋で育つ。 大阪府立城東工業高等学校卒業後に、前衛的な美術を志向する具体美術協会に興味を持ち、関わったこともあるが、大学での専門的な建築教育は受けておらず、関西の建築家・都市計画家の水谷頴介などの建築設計事務所でのアルバイト経験と独学で建築士試験に合格したという。

木工家具の製作で得た資金を手に、24歳の時から4年間アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、アジアへ放浪の旅に出る。ヨーロッパからの帰路、マルセイユで数週間待たされた後、帰国の船に乗り、象牙海岸、ケープタウン、マダガスカルに立ち寄り、インド・ムンバイ(当時のボンベイ)で下船する。安藤は"何かに導かれるように"汽車に乗り、ベナレスに向かった。ガンジス川で牛が泳ぎ、死者が荼毘に付される傍らで多くの人々が沐浴するさまや、強烈な太陽の下、異様な臭気に包まれた果てしなく続く大地、生と死が渾然一体となり人間の生がむき出しにされた混沌世界に強烈な印象を受け、逃げ出したい気持ちを必死にこらえながらガンジス川の岸辺に座り込み、「生きることはどういうことか」を自問し続けた。

「人生というものは所詮どちらに転んでも大した違いはない。ならば闘って、自分の目指すこと、信じることを貫き通せばいいのだ。闘いであるからには、いつか必ず敗れるときが来る。その時は、自然に淘汰されるに任せよう」と考え、ゲリラとしての生き方を決心する。1965年、24歳のときである。この放浪中に安藤が撮影した写真は、ルイス・I・カーンの作品集などで使われている。また、過去にはプロボクサーでもあった。ファイティング原田の練習風景を見て、その才能に圧倒され、ボクサーとしてやっていくのを諦めた(男子ボクサー一覧)。

1977年のローズガーデン(神戸市生田区)等初期の作品のいくつかは、弟の孝雄の所属していた、セツ・モードセミナー出身の浜野安宏が代表を務める浜野商品研究所(1992年、浜野総合研究所と改名)と共に実現した。 1970年代には個人住宅などの小規模建築、1980年代には商業施設、寺院・教会などの中小規模の建築の設計が多かった。1990年代以降は、公共建築、美術館建築、また全国や海外の仕事も増えている。

主なる著書

『建築を語る』 東京大学出版会、1999年
『連戦連敗』 東京大学出版会、2001年
『建築に夢をみた』 日本放送出版協会(NHKライブラリー149)、2002年
『ル・コルビュジエの勇気ある住宅』 新潮社、2004年
『安藤忠雄 建築手法』 二川幸夫企画・編集・インタヴュー エーディーエー・エディタ・トーキョー、2005年
『悪戦苦闘 2006年の現場 - 21_21 DESIGN SIGHT』安藤忠雄建築展実行委員会、2007年
『建築家 安藤忠雄』 新潮社、2008年
『安藤忠雄 住宅』 二川幸夫企画・編集・インタヴューエーディーエー・エディタ・トーキョー、2011年
『安藤忠雄 都市と建築』 二川幸夫企画・編集・インタヴューエーディーエー・エディタ・トーキョー2011年
『安藤忠雄 仕事をつくる―私の履歴書』 日本経済新聞出版社、2012年
『日本経済新聞の『私の履歴書』に自伝が掲載。2011年3月1日-3月31日。
『現代の建築家 安藤忠雄』 SD編集部編、鹿島出版会、1982年
『安藤忠雄のディテール―原図集 六甲の集合住宅・住吉の長屋』 彰国社、1983年
『交感スルデザイン』 六耀社、1985年
『安藤忠雄―挑発する箱』 丸善、1986年
『GA ARCHITECT 8 TADAO ANDO』 エーディーエー・エディタ・トーキョー、1987年
『旅―インド・トルコ・沖縄』 住まいの図書館出版局(住まい学大系20)、1989年
『Tadao Ando ; The Yale Studio & Current Works』 Rizzoli International Publications, Inc.、1989年
『安藤忠雄2.1981‐1989』 SD編集部編、鹿島出版会、1990年
『ARCHITECTURAL Monographs 14 -TADAO ANDO』
『安藤忠雄 ディテール集 1-4』二川幸夫企画編集 エーディーエー・エディタ・トーキョ- 1991年-2007年
『安藤忠雄の都市彷徨』 マガジンハウス、1992年
『安藤忠雄3.アンビルト・プロジェクト (1975-1991) 』 SD編集部編、鹿島出版会、1993年
『GA ARCHITECT 12 TADAO ANDO Vol.2』』 エーディーエー・エディタ・トーキョー1993年
『壁の探究―安藤忠雄論』古山正雄著、鹿島出版会、1994年
『Documenti di architettura -Tadao Ando』 Electa、1994年
『TADAO ANDO COMPLETE WORKS』 PHAIDON PRESS LIMITED、1995年
『サントリーミュージアム天保山』 三宅理一共著、鹿島出版会、1995年
『安藤忠雄の夢構想―震災復興と大阪湾ベイエリアプロジェクト』 朝日新聞社、1995年
『家』 住まいの図書館出版局(住まい学大系76)、1996年
『アンドウ―安藤忠雄・建築家の発想と仕事』松葉一清著、講談社、1996年
『直島コンテンポラリーアートミュージアム』 三宅理一共著、鹿島出版会、1996年
『Church on the Water, Church of the Light』PHAIDON PRESS LIMITED、1996年
『The Colours of Light』PHAIDON PRESS LIMITED、1996年
『TADAO ANDO』 Taschen GmbH、1997年
『建築家たちの20代』東京大学工学部建築学科安藤忠雄研究室編 TOTO出版、1999年
『淡路夢舞台―千年庭園の記録』 新建築社、2000年
『GA ARCHITECT 16 TADAO ANDO Vol.3』エーディーエー・エディタ・トーキョー、2000年
『光の教会―安藤忠雄の現場』平松剛 著、 建築資料研究社、2000年
『EL croquis 44+58 tadao ando 1983-2000』 El Croquis Editorial、2000年
『Tadao Ando, Architektur der Stille』 Birkhäuser-Publishers for the Architecture、2001年
『安藤忠雄の美術館・博物館』 美術出版社、2001年
『a+u / Architecture and Urbanism no.378』A+U Publishing Co., Ltd.、2002年
『Tadao Ando : LIGHT AND WATER』 Monacelli Press. 2003年
『格闘わが建築 安藤忠雄 : Tadao Ando(DVD)』
『Archipockets/Tadao Ando』teNeues, Loft Publications、2003年
『TADAO ANDO LIGHT AND WATER』The Monacelli Press Inc.、2003年
『ANDO Complete Works』Taschen GmbH、2004年
『Tadao Ando at Naoshima』Rizzoli International Publications, Inc.、2006年
『TADAO ANDO The Geometry of Human Space』古山正雄著 Taschen GmbH
『TADAO ANDO The Modern Art Museum of Fort Worth』
『安藤忠雄の建築 1/ 2/ 3/ 0』 TOTO出版、2007年/2008年/2008年/2010年
『歩きながら考えよう 建築も、人生も』PHP研究所 2010年
『Tadao Ando Museums [Musei]』Skira editore S.p.A.、2009年
『Tadao Ando / Venice』Skira Rizzoli International Publications Inc.、2010年
『Documenti di architettura 183 Francesco Dal Co / Tadao Ando Volume 2 1995-2010』
『Tadao Ando 1995-2010』Prestel Verlag、2010年

(参考出展:wikipedia)
買取の流れ
スムーズなお取り引きのために
◆下記のポイントをあらかじめお調べの上、控えておいてください。
【絵画の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※額の裏や箱に記載されている場合があります【例】作家名:上村松園作品名:鼓の音。
2:絵画の技法は分かりますか?(日本画、油彩、版画、水彩など)【例】技法:日本画
3:額を除いた、絵だけのサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
【骨董品の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※共箱の中に略歴が入っている場合がございます。【例】作家名:井上萬二作品名:白磁春秋彫文耳付花瓶
2:共箱(作家名や作品名の書かれた桐の箱)はありますか?【例】共箱:有
3:陶磁器の場合 箱を除いた、作品自体のサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
買取までの流れ(一般のお客様)
1:上記ポイントをご確認の上、無料査定フォーム、またはフリーコール(0120-081-560)もしくはメール(info@artkaitori.com)にて、お気軽にお問い合わせください。
2:専門のスタッフが相場に応じて、しっかりと査定致します。
3:お電話もしくはメールで、おおよその査定金額をご提示致します。
●出張買取の場合
・日程を調整して、ご自宅に訪問させて頂きます。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。4日程をご調整頂き、弊社へご持参ください。
●弊社お持込の場合
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。
●宅配買取の場合
・必要書類・梱包材を、お客様のご自宅(会社)に発送致します。
・必要書類にご記入頂き、作品を梱包して下さい。
・作品は、着払いで当社へご発送ください。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・お振込にて、お支払いさせて頂きます。
査定ご希望の方はこちらから無料買取査定フォーム
初めての美術品売却
取り扱い美術品 絵画 買取 日本画 洋画(日本人) 洋画(外国人) 現代アート 具体美術 中国美術 インテリアアート・その他 骨董品 買取 陶磁器 茶道具 掛軸 彫刻・ブロンズ 象牙 骨董品 その他 西洋アンティーク 買取 ガラス工芸 西洋アンティーク 陶磁器 西洋アンティーク 彫刻ブロンズ 西洋アンティーク 19世紀絵画
買取 動画
正社員アルバイト求人情報
営業拠点
名古屋本社
愛知県名古屋市中区
新栄1-12-26AKKビル10F
愛知県公安委員会
第541020001600号
東京支社
東京都中央区銀座8-18-4
東銀座ビル7F
東京都公安委員会
第301060305502号
神奈川支社
神奈川県横浜市中区
上野町1-24-2
神奈川県公安委員会
第451360014687号
大阪支社
大阪市住吉区帝塚山東
1-3-34PLOT帝塚山ビル1F
大阪府公安委員会
第621221302910号
九州支社
福岡市博多区博多駅南2-1-5
博多サンシティビル507
福岡県公安委員会
第909990041404号
仙台支社
宮城県仙台市青葉区本町
2-1-8 第一広瀬ビル4F
宮城県公安委員会
第221000001130号
広島支社
広島県広島市中区本川町
2-1-13和光パレス2A
広島県公安委員会
第731021400007号
インフォーメーション
出張買取(無料) ■北海道
[北海道・札幌]
■東北
[青森岩手宮城秋田山形福島]
■北関東
[茨城栃木群馬山梨]
■南関東
[東京・銀座神奈川・横浜埼玉千葉]
■信越
[新潟長野]
■北陸
[富山石川福井]
■東海
[愛知・名古屋岐阜静岡三重]
■近畿
[大阪兵庫・神戸京都滋賀奈良和歌山]
■中国
[鳥取島根岡山広島山口]
■四国
[徳島香川愛媛高知]
■九州
[福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島]
■沖縄
[沖縄]
info@artkaitori.com