掛け軸 買取|アート買取協会では掛軸・日本画(水墨画)の高価査定・高額買取を実施しております。出張による買取査定にも対応

骨董 取扱作家(掛軸)

大橋翠石(オオハシ スイセキ)

弊社では大橋翠石(オオハシスイセキ)の作品を探しております。
大橋翠石(オオハシスイセキ)の作品も無料で買取査定しております。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

  • 虎大橋翠石

※画像をクリックすると拡大します。

大橋 翠石(オオハシ スイセキ)1865~1945 骨董品|掛軸

1865 岐阜県に生まれる
1898 日本美術画会、東京美術協会出品
1900 パリ国博覧会で優勝金牌受賞
1901 宮内庁御用品となる
1904 アメリカセントルイス万国博覧会優勝金牌受賞
1910 日英博覧会 金牌
1919 橋本間雪らと神戸絵画協会をおこす
1945 死去

鑑定機関・鑑定人

東京美術倶楽部鑑定委員会

概要・その他

生家は岐阜県安八郡大垣北新58番戸(大垣市新町2丁目)祖父は長左衛門、父は大橋亀三郎といい紺屋を業としていた。母・さとは多芸郡船附村(養老町)吉安の出で、この吉安家は後に東京千住に移籍した。これに2男1女があり長男・鎌三郎は紺屋を継いだが、翠石が画家として有名になってからは自身も画家となって「万峰」(まんぽう)と号して虎画を描いた。次男が卯三郎(翠石)で、宇一郎を自称した。妹ゑ津(えつ)は1898年(明治31年)に名古屋市桑名町杉山竹次郎に嫁した。

翠石は幼少の頃から画を描く事を好み、地元大垣の南画家戸田葆堂、その師である京都の天野方壷らに就いて画の手ほどきを受けた。方壷のもとでしばらく学んだ後、一時大垣に帰郷したが。母に諭されて、東京に出て、渡辺小崋に入門した。その後、母と小崋の急死に伴って大垣に帰郷し、明治24年(1891年)濃尾大震災で父を亡くす。震災後に虎の見せ物小屋で虎を実見したことを契機として虎画の制作を精力的に行うようになった。翠石の虎画では毛描きの緻密さが特徴であり、翠石自身も「この毛描き以上の工夫がなければ、翠石の虎画を模しても翠石以上の者はでないであろう」と家人に語ったという。

その後1912年(大正元年)に、神戸市現在の須磨区に移住した。この移住は、当時結核治療の先進地域であった須磨で自身が患った結核の治療を受けるためのものであったと考えられる。神戸移住後、武藤山治や松方幸次郎ら、阪神間の政財界の人々が後援会を結成して支援している。虎の絵は神戸でも評判となり、当時「阪神間の資産家で翠石作品を持っていないのは恥」とまで言われたという。勇猛な虎の画風とは対照的に、翠石ははにかむような静かな人柄だったと言われ、一時の名声に執着することなく恬淡と好きな虎の絵を描き続けた。

翠石の画業の中では、神戸・須磨での活動期間が最も長く、この地で制作された作品には背景に遠近感や立体感のある山林や雲などを描く特色あるものが多い(須磨様式)。 また、虎以外にも獅子、鶴、金魚、狸、鹿、猫、兎などの動物画も多い。動物画以外にも観音像、山水、蛍などの作品もあり、その画域は広い。

1945年(昭和20年)3月17日の神戸空襲後の4月に大垣に疎開したが、安八郡大垣北新58番戸(大垣市新町2丁目)は街中にあるため郊外の家を借りて臥した。8月15日に終戦を迎えた後、新町の実家に戻り、8月31日、老衰のため午前4時に亡くなった。享年81。 弟子に三尾呉石など。

画暦

1895年(明治28年)
4月 - 31歳の時、京都で開かれた第4回内国勧業博覧会に「虎図」初出品、褒状・銀牌
11月 - 京都青年絵画共進会に「月下虎図」出品(2等賞)
1896年(明治29年)5月 - 大阪私立絵画共進会には「月下の虎図」を出品
1897年(明治30年)5月 - 京都第1回全国絵画共進会に出品 4等、東京美術協会展に出
1898年(明治31年) - 日本美術画会出品、東京美術協会展出品
1899年(明治32年) - 大阪南画展覧会 2等、愛知全国絵画共進会に出品
1900年(明治33年) - パリ万国博覧会で「猛虎図」が優勝金牌を受賞
1901年(明治34年) - 宮内庁御用品となる
1903年(明治36年) - 農商務省主催第5回内国勧業博覧会 2等
1904年(明治37年) - アメリカセントルイス万国博覧会 優勝金牌を受賞
1907年(明治40年) - 東京府勧業博覧会に獅子図を出品する
1910年(明治43年) - 日英博覧会 金牌
1913年(大正2年) - 宮中に虎図を納入し350円下賜
1918年(大正7年) - 大垣新町の菅原軕の見送りに最初の虎画を描く
1924年(大正13年) - 大垣新町の菅原ヤマの見送りに極彩色の虎画を描く
1925年(大正14年) - 名古屋美術倶楽部で大橋翠石新作画展を開催
1926年(大正15年) - 名古屋松坂屋で大橋翠石絵画展覧会を開催
1927年(昭和2年) - 東京上野日本美術協会で翠石百幅展が開催される。
※発起人は東郷平八郎、金子堅太郎、団琢磨ほか

(参考出展:wikipedia)
買取の流れ
スムーズなお取り引きのために
◆下記のポイントをあらかじめお調べの上、控えておいてください。
【絵画の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※額の裏や箱に記載されている場合があります【例】作家名:上村松園作品名:鼓の音。
2:絵画の技法は分かりますか?(日本画、油彩、版画、水彩など)【例】技法:日本画
3:額を除いた、絵だけのサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
【骨董品の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※共箱の中に略歴が入っている場合がございます。【例】作家名:井上萬二作品名:白磁春秋彫文耳付花瓶
2:共箱(作家名や作品名の書かれた桐の箱)はありますか?【例】共箱:有
3:陶磁器の場合 箱を除いた、作品自体のサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
買取までの流れ(一般のお客様)
1:上記ポイントをご確認の上、無料査定フォーム、またはフリーコール(0120-081-560)もしくはメール(info@artkaitori.com)にて、お気軽にお問い合わせください。
2:専門のスタッフが相場に応じて、しっかりと査定致します。
3:お電話もしくはメールで、おおよその査定金額をご提示致します。
●出張買取の場合
・日程を調整して、ご自宅に訪問させて頂きます。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。4日程をご調整頂き、弊社へご持参ください。
●弊社お持込の場合
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。
●宅配買取の場合
・必要書類・梱包材を、お客様のご自宅(会社)に発送致します。
・必要書類にご記入頂き、作品を梱包して下さい。
・作品は、着払いで当社へご発送ください。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・お振込にて、お支払いさせて頂きます。
査定ご希望の方はこちらから無料買取査定フォーム 初めての美術品売却 選ばれる理由を動画でみる

取扱美術品一覧

広告・CMギャラリー 法人・弁護士の方へ 時価評価について アート買取協会の買取事例 作家検索はこちら 正社員アルバイト求人情報

買取実績

営業拠点

名古屋本社
愛知県名古屋市中区
新栄1-12-26AKKビル10F
愛知県公安委員会
第541020001600号
名古屋支社
東京支社
東京都中央区銀座8-18-4
東銀座ビル7F
東京都公安委員会
第301060305502号
東京支社
神奈川支社
神奈川県横浜市中区
上野町1-24-2
神奈川県公安委員会
第451360014687号
神奈川支社
大阪支社
大阪市阿倍野区帝塚山
1-9-6 TZY196ビル1F
大阪府公安委員会
第621221302910号
大阪支社
九州支社
福岡市博多区博多駅南2-1-5
博多サンシティビル507
福岡県公安委員会
第909990041404号
九州支社
仙台支社
宮城県仙台市青葉区本町
2-1-8 第一広瀬ビル4F
宮城県公安委員会
第221000001130号
広島支社
広島支社
広島県広島市中区本川町
2-1-13和光パレス2A
広島県公安委員会
第731021400007号

お知らせ・スタッフルーム

出張買取地域

■北海道
[北海道・札幌]
■東北
[青森岩手宮城秋田山形福島]
■北関東
[茨城栃木群馬山梨]
■南関東
[東京・銀座神奈川・横浜埼玉千葉]
■信越
[新潟長野]
■北陸
[富山石川福井]
■東海
[愛知・名古屋岐阜静岡三重]
■近畿
[大阪兵庫・神戸京都滋賀奈良和歌山]
■中国
[鳥取島根岡山広島山口]
■四国
[徳島香川愛媛高知]
■九州
[福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島]
■沖縄
[沖縄]
LINE査定
info@artkaitori.com
骨董品買取 西洋アンティーク買取 作家検索はこちら 広告CMギャラリー 法人・弁護士の方へ 時価評価について アート買取協会の買取事例

作家検索

アート買取協会ではフォーム・電話による買取査定以外にも、メール・LINEでも簡易査定を実施しております。

最新の買取事例