茶道具 買取|アート買取協会では専門店ならではの査定力で茶道具・骨董品の高価買取を実施しております。

骨董 取扱作家(茶道具)

奥村吉兵衛(おくむら きちべえ)|千家十職

弊社では奥村吉兵衛(おくむらきちべえ)の作品を探しております。
奥村吉兵衛(おくむらきちべえ)の作品も無料で買取査定しております。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

  • 風炉先屏風奥村吉兵衛
    風炉先屏風

※画像をクリックすると拡大します。

奥村 吉兵衛(おくむら きちべえ) 骨董品|茶道具(表具師:掛軸、風炉先屏風など)

●初代:奥村吉右衛門|号:宗勢(1700~1618)諱は清定。
正保3年(1646)、上洛し、武士から商人に転業。承応3年に表具屋業を開業、「近江屋吉兵衛」を名乗る。妻は売茶翁の友人で能書家として知られた亀田窮楽の伯母。現在も奥村家の玄関にかかる「表具師」ののれんの揮毫はこの窮楽の筆による物とされる。

●二代:奥村吉兵衛|号:休意(1633~1719)初代の長男。
元禄11年(1698)、表千家六代覚々斎の取りなしで紀州徳川家御用達、また表千家御用達となる。

●三代:奥村吉兵衛|号:休誠(1666~1743)二代の婿養子。
近江国浅井郡馬渡村の松山家の出身。狂歌の作者、能書家として知られる。

●四代:奥村吉五郎|号:道順(1737~1781)
三代の婿養子。近江国伊香郡高月村の田辺家出身。

●五代:奥村吉兵衛|号:了誠(1755~1825)
三代の婿養子。近江国伊香郡高月村の松井家出身。天明8年(1788)、天明の大火に遭遇、家伝などの一切を消失。三千家合作の三幅対として有名な土佐光孚筆の絵のうち、 表千家了々斎(宝珠)、裏千家認得斎(小槌)の2作の賛を得て、表装を行う。

●六代:奥村吉兵衛|号:休栄(1780~1848)
四代の婿養子。近江国伊香郡高月村の宮部家の出身。「奥村家系図」、「千家御好表具并諸色寸法控」乾巻、坤巻を著し、茶道具の様式や、茶会のルールなど、貴重な資料を後世に伝える功績を残す。

●七代:奥村吉次郎|号:休音(1795~1837)
六代の婿養子。 義父に先立って逝去。

●八代:奥村吉兵衛|号:蒿庵(1804~1867)
歴代中最も「表具の達人」であったと言われる。当人は学問の方に興味があり、後に彦根藩家老となった岡本黄石を師として儒学を学び、その紹介により梁川星巌、紅蘭夫妻と親交を結ぶ。

●九代:奥村吉兵衛|号:義道(1840~1908)
八代の長男。小川町上立売(現・京都市上京区)から、現在奥村家のある釜座通夷川(現・京都市中京区)へ転居。明治15年、「三千家合作の三幅対」のうち未完であった「天秤計り」に武者小路千家 一指斎の賛を頂戴し、発起より60年後に完成させる。

●十代:奥村吉次郎(1869~1944)九代の長男。
●十一代:奥村吉兵衛(1901~)十代の長男。
●十二代:奥村吉兵衛 十一代子息。当代。

概要・その他

三千家御用達の表具師として、家元らの揮毫の軸装(掛け軸に仕立てること)や風呂先屏風、釜の敷物の一種である「紙釜敷」の製作などを行う。奥村家は佐々木氏の末裔を称し、近江国北部の「谷の庄」なるところの郷士であったとされる。奥村三郎定道の代、姉川の戦いの後、主家浅井氏が滅亡して浪人となる。定道の息子・奥村源六郎定次は長男・源子郎を前田利家に仕官させ、長男は後に「奥村摂津守定光」を名乗り加賀藩士となる。次男・吉右衛門清定は仕官せず、母方の家業を継いで商人となり京にて表具屋となる。この清定が初代とされる。

2代・吉兵衛は表千家6代・覚々斎の取りなしにより紀州徳川家御用達となり、家運興隆の基礎を作る。その後数代に渡り男子が夭折し跡取りに恵まれず、代々婿養子を郷里の北近江より迎える事態となる。その中の1人、6代・吉兵衛は奥村家の功績をまとめるために調査を重ね、家系図はもちろん、歴代の表具作成の記録などを文書化する。 8代・吉兵衛は歴代の中でも最も名手といわれる一方、国学、儒学に通じ、尊皇攘夷派の学者や志士と深く交わりを持った人物である。しかし、皮肉にも明治維新後の文明開化により茶道が衰退、奥村家は大ダメージを受ける。9代・吉兵衛はこの困難な時代に名跡を継ぎ、奥村家の建て直しに成功、現在に至る。

(参考出展:wikipedia)
買取の流れ
スムーズなお取り引きのために
◆下記のポイントをあらかじめお調べの上、控えておいてください。
【絵画の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※額の裏や箱に記載されている場合があります【例】作家名:上村松園作品名:鼓の音。
2:絵画の技法は分かりますか?(日本画、油彩、版画、水彩など)【例】技法:日本画
3:額を除いた、絵だけのサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
【骨董品の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※共箱の中に略歴が入っている場合がございます。【例】作家名:井上萬二作品名:白磁春秋彫文耳付花瓶
2:共箱(作家名や作品名の書かれた桐の箱)はありますか?【例】共箱:有
3:陶磁器の場合 箱を除いた、作品自体のサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
買取までの流れ(一般のお客様)
1:上記ポイントをご確認の上、無料査定フォーム、またはフリーコール(0120-081-560)もしくはメール(info@artkaitori.com)にて、お気軽にお問い合わせください。
2:専門のスタッフが相場に応じて、しっかりと査定致します。
3:お電話もしくはメールで、おおよその査定金額をご提示致します。
●出張買取の場合
・日程を調整して、ご自宅に訪問させて頂きます。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。4日程をご調整頂き、弊社へご持参ください。
●弊社お持込の場合
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。
●宅配買取の場合
・必要書類・梱包材を、お客様のご自宅(会社)に発送致します。
・必要書類にご記入頂き、作品を梱包して下さい。
・作品は、着払いで当社へご発送ください。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・お振込にて、お支払いさせて頂きます。
査定ご希望の方はこちらから無料買取査定フォーム 初めての美術品売却 選ばれる理由を動画でみる

取扱美術品一覧

広告・CMギャラリー 法人・弁護士の方へ 時価評価について アート買取協会の買取事例 作家検索はこちら 正社員アルバイト求人情報

買取実績

営業拠点

名古屋本社
愛知県名古屋市中区
新栄1-12-26AKKビル10F
愛知県公安委員会
第541020001600号
名古屋支社
東京支社
東京都中央区銀座8-18-4
東銀座ビル7F
東京都公安委員会
第301060305502号
東京支社
神奈川支社
神奈川県横浜市中区
上野町1-24-2
神奈川県公安委員会
第451360014687号
神奈川支社
大阪支社
大阪市阿倍野区帝塚山
1-9-6 TZY196ビル1F
大阪府公安委員会
第621221302910号
大阪支社
九州支社
福岡市博多区博多駅南2-1-5
博多サンシティビル507
福岡県公安委員会
第909990041404号
九州支社
仙台支社
宮城県仙台市青葉区本町
2-1-8 第一広瀬ビル4F
宮城県公安委員会
第221000001130号
広島支社
広島支社
広島県広島市中区本川町
2-1-13和光パレス2A
広島県公安委員会
第731021400007号

お知らせ・スタッフルーム

出張買取地域

■北海道
[北海道・札幌]
■東北
[青森岩手宮城秋田山形福島]
■北関東
[茨城栃木群馬山梨]
■南関東
[東京・銀座神奈川・横浜埼玉千葉]
■信越
[新潟長野]
■北陸
[富山石川福井]
■東海
[愛知・名古屋岐阜静岡三重]
■近畿
[大阪兵庫・神戸京都滋賀奈良和歌山]
■中国
[鳥取島根岡山広島山口]
■四国
[徳島香川愛媛高知]
■九州
[福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島]
■沖縄
[沖縄]
LINE査定
info@artkaitori.com
骨董品買取 西洋アンティーク買取 作家検索はこちら 広告CMギャラリー 法人・弁護士の方へ 時価評価について アート買取協会の買取事例

作家検索

アート買取協会ではフォーム・電話による買取査定以外にも、メール・LINEでも簡易査定を実施しております。

最新の買取事例