こちらのページはスマートフォン専用です。

※ご使用の端末でこちらが表示された場合は、PC専用サイトをご覧ください。

http://www.artkaitori.com/
土田友湖 (つちだ ゆうこ)|千家十職 査定|茶道具の相場・売却の相談ならば茶道具 買取専門のアート買取協会にて高価査定を実施しております。
骨董品取扱作家一覧(茶道具)

土田友湖 (つちだ ゆうこ)|千家十職

弊社では土田友湖 (つちだゆうこ)の作品を探しております。
土田友湖 (つちだゆうこ)の作品も無料で買取査定しております。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

土田 友湖(つちだ ゆうこ) 骨董品|茶道具(袋師:帛紗、仕服など)

●初代:土田友湖友湖、不染斎(1687~1757)土田七太夫。
西陣織の仲買人だったが、袋師 亀岡宗理の弟子となってその家業を継いだ。表千家の六代 土田覚々斎の時に千家の袋師となり、後に七代 土田如心斎より友湖の号を贈られた。

●二代:土田半四郎了圓(1736~1757)初代不染斎の子。
初代在世中に没す。

●三代:土田半四郎一得斎友甫(1746~1784)初代の甥。丁字屋嘉兵衛長男。
了圓の養子

●四代:鶴寿院貞松(1719~1801)二代半四郎の姉 くに。
三代半四郎の子供が幼少のため、表千家八代土田?啄斎の命により家業継承。

●五代:土田半四郎伸定、蓮乗(1778~182)5三代一得斎の長男。
この頃、室町一文字屋三右衛門、笹屋勘右衛門など服紗を扱っていた家が断絶したため、表千家九代土田了々斎の計らいにより服紗も扱い始める。

●六代:土田半四郎(1803~1883)五代の子。
天明の大火で焼失した家系図や秘伝書の再編纂を薦めるが、蛤御門の変に遭遇し、再び家屋及び家伝などの一切を消失。

●七代:土田半四郎聴雪(1835~1911)西垣家出身。
養子として土田家に入る。表千家十一代 土田碌々斎の引き立てを受ける。樂慶入と親交が深かった。

●八代:土田半四郎淡雪(1861~1911)
七代の長女阿さの婿養子。名は千之助。養父 聴雪を亡くした一月後に没す。

●九代:土田半四郎(1892~1914)
八代淡雪の次男。名は安治郎。22才の若さで亡くなる。

●十代:浄雪院妙要(1859~1940)
七代聴雪の長女、八代の妻である阿さ。夫、長男、次男の早世及び後継者の三男が幼少のため、家督継承。

●十一代:土田半四郎(1902~1965)八代淡雪の三男、良三。
昭和15年(1940年)十代当主で母の阿さが亡くなったため家督継承するが、太平洋戦争勃発により幾度も応召される。終戦後、ようやく茶道復活の兆しが出始めた昭和29年に病に倒れ、以後は入退院を繰り返し、家業に専念できぬまま世を去る。

●十二代:土田半四郎(1939~)十一代良三の次男 陽三。
当代土田友湖。

概要・その他

土田 友湖(つちだ ゆうこ)は、千家十職の一つ、袋師。二代以降、当主の通称は半四郎であり隠居して剃髪すると友湖を名乗る。五代までは仕服を生業としたが、以降は茶道具の茶入の仕覆(しふく)や、服紗、角帯などを作る。2007年現在、当代は十二代土田友湖(1965年に襲名)。

土田家の祖先は近江国蒲生郡土田村の出身の侍・土田七大夫で、後に初代彦根藩主・井伊直政に仕官、鉄砲組頭を代々務めた家柄と伝えられている。七大夫の4代後の子孫・半平は本来跡取りであったが、実母が早くに亡くなり、後妻に入った継母が男子を生んだ為、その異母弟に家を譲って武士を廃業、「越後屋半兵衛」と名乗って西陣織仲買人となった。その傍ら袋物の仕立ての修行をし、表千家六代・覚々斎に引き立てられて茶入の仕覆などを縫うようになった。

(参考出展:wikipedia)
買取の流れ
スムーズなお取り引きのために
◆下記のポイントをあらかじめお調べの上、控えておいてください。
【絵画の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※額の裏や箱に記載されている場合があります【例】作家名:上村松園作品名:鼓の音。
2:絵画の技法は分かりますか?(日本画、油彩、版画、水彩など)【例】技法:日本画
3:額を除いた、絵だけのサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
【骨董品の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※共箱の中に略歴が入っている場合がございます。【例】作家名:井上萬二作品名:白磁春秋彫文耳付花瓶
2:共箱(作家名や作品名の書かれた桐の箱)はありますか?【例】共箱:有
3:陶磁器の場合 箱を除いた、作品自体のサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
買取までの流れ(一般のお客様)
1:上記ポイントをご確認の上、無料査定フォーム、またはフリーコール(0120-081-560)もしくはメール(info@artkaitori.com)にて、お気軽にお問い合わせください。
2:専門のスタッフが相場に応じて、しっかりと査定致します。
3:お電話もしくはメールで、おおよその査定金額をご提示致します。
●出張買取の場合
・日程を調整して、ご自宅に訪問させて頂きます。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。4日程をご調整頂き、弊社へご持参ください。
●弊社お持込の場合
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。
●宅配買取の場合
・必要書類・梱包材を、お客様のご自宅(会社)に発送致します。
・必要書類にご記入頂き、作品を梱包して下さい。
・作品は、着払いで当社へご発送ください。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・お振込にて、お支払いさせて頂きます。
査定ご希望の方はこちらから無料買取査定フォーム
初めての美術品売却
取り扱い美術品 絵画 買取 日本画 洋画(日本人) 洋画(外国人) 現代アート 具体美術 中国美術 インテリアアート・その他 骨董品 買取 陶磁器 茶道具 掛軸 彫刻・ブロンズ 象牙 骨董品 その他 西洋アンティーク 買取 ガラス工芸 西洋アンティーク 陶磁器 西洋アンティーク 彫刻ブロンズ 西洋アンティーク 19世紀絵画
買取 動画
作家検索
正社員アルバイト求人情報
営業拠点
名古屋本社
愛知県名古屋市中区
新栄1-12-26AKKビル10F
愛知県公安委員会
第541020001600号
東京支社
東京都中央区銀座8-18-4
東銀座ビル7F
東京都公安委員会
第301060305502号
神奈川支社
神奈川県横浜市中区
上野町1-24-2
神奈川県公安委員会
第451360014687号
大阪支社
大阪市住吉区帝塚山東
1-3-34PLOT帝塚山ビル1F
大阪府公安委員会
第621221302910号
九州支社
福岡市博多区博多駅南2-1-5
博多サンシティビル507
福岡県公安委員会
第909990041404号
仙台支社
宮城県仙台市青葉区本町
2-1-8 第一広瀬ビル4F
宮城県公安委員会
第221000001130号
広島支社
広島県広島市中区本川町
2-1-13和光パレス2A
広島県公安委員会
第731021400007号
インフォーメーション
出張買取(無料) ■北海道
[北海道・札幌]
■東北
[青森岩手宮城秋田山形福島]
■北関東
[茨城栃木群馬山梨]
■南関東
[東京・銀座神奈川・横浜埼玉千葉]
■信越
[新潟長野]
■北陸
[富山石川福井]
■東海
[愛知・名古屋岐阜静岡三重]
■近畿
[大阪兵庫・神戸京都滋賀奈良和歌山]
■中国
[鳥取島根岡山広島山口]
■四国
[徳島香川愛媛高知]
■九州
[福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島]
■沖縄
[沖縄]
info@artkaitori.com