こちらのページはスマートフォン専用です。

※ご使用の端末でこちらが表示された場合は、PC専用サイトをご覧ください。

http://www.artkaitori.com/
小林古径(コバヤシ コケイ) 査定|日本画の相場・売却の相談ならば日本画 買取専門のアート買取協会にて高価査定を実施しております。
絵画取扱作家一覧(日本画)

小林古径(コバヤシ コケイ)

弊社では小林古径(コバヤシコケイ)の作品を探しております。
小林古径(コバヤシコケイ)の作品も無料で買取査定しております。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

  • 鳥と少女小林古径
    鳥と少女
  • 双鶴小林古径
    双鶴

※画像をクリックすると拡大します。

小林古径(コバヤシ コケイ)1883~1957 日本画

1883 新潟県に生まれる
1899 上京し、梶田半古の塾に入門する
1910 安田靫彦、今村紫紅らの紅児会に入会
1914 日本美術院同人に推挙される
1921 日本美術院留学生として渡欧
1935 帝国美術院会員となる
1944 東京美術学校教授就任。帝室技芸員となる
1949 東京藝術大学教授となる
1950 文化勲章受章
1951 文化功労者となる。東京藝術大学教授辞任
1957 東京にて逝去。従三位勲二等旭日重光章受章

鑑定機関・鑑定人

東京美術倶楽部鑑定委員会

概要・その他

小林 古径(こばやし こけい、1883年(明治16年)2月11日 - 1957年(昭和32年)4月3日)は、大正~昭和期の日本画家。 本名は茂(しげる)。1883年(明治16年)、新潟県高田(現上越市)に生まれる。1899年(明治32年)、上京して梶田半古に日本画を学び、39歳の1922年(大正11年)より前田青邨と共に渡欧留学。翌1923年(大正12年)、大英博物館で中国・東晋の名画「女史箴図巻」(じょししんずかん)を模写している。

「蚕の吐く糸のような」と評される線描が特色のこの中国古典を研究することによって、古径は東洋絵画の命である線描の技術を高めた。代表作「髪」は、このような古径の線描の特色をいかんなく発揮した名作である。簡潔に力強く描かれた線と単純な色彩で、髪の毛一本一本や美しく縁取られた顔の輪郭、半裸の女性の体温や皮膚の柔らかい感触まで、繊細に描き出している。

「髪」は、裸体画として、日本で初めて切手のデザインとなった。1935年(昭和10年)、帝国美術院会員。1944年(昭和19年)、東京美術学校教授に就任。1950年(昭和25年)、文化勲章受章。 古径の住居として東京都大田区南馬込に建築された小林古径邸は新潟県上越市の高田公園内に移築・復原され、国の登録有形文化財に登録されている。古径は、「私が好きになるような家を建ててください。」と言っただけで一切注文を出さなかった、古径邸ができあがってもすぐには移り住まずに通ってきては眺めて楽しんだというエピソードが残っている。 また、古径は絵画における写生の重要性を認識しており、庭の植物や庭で飼育した鳥などを写生したという。

主なる作品

「闘草」(1907) 山種美術館蔵
「加賀鳶」(1909) 東京国立近代美術館蔵
「極楽井」(1912) 東京国立近代美術館蔵
「極楽之井」(1912) 宮城県美術館蔵
「異端」(1914) 東京国立博物館蔵
「阿弥陀堂」(1915) 東京国立博物館蔵
「河風」(1915) 山種美術館蔵
「竹取物語」(1917) 京都国立近代美術館蔵
「いでゆ」(1918) 東京国立博物館蔵
「伊都岐島」(1920) 山種美術館蔵
「上宮太子」(1920) ニューオータニ美術館蔵
「罌粟」(1921) 東京国立博物館蔵
「機織」(1926) 東京国立近代美術館蔵
「琴」(1927) 京都国立近代美術館蔵
「木菟図」(1929) 大倉集古館蔵
「清姫(その6)日高川」(1930) 山種美術館蔵
「飛鴨」(1930) 新潟県立近代美術館蔵
「髪」(1931) 永青文庫蔵、重要文化財
「蓮」(1932) 山種美術館蔵
「秋采」(1934) 山種美術館蔵
「孔雀」(1934) 永青文庫蔵
「双鳩」(1937) 東京国立近代美術館蔵
「唐蜀黍」(1939) 東京国立近代美術館蔵
「牡丹」(1939) メナード美術館蔵
「不動」(1940) 東京藝術大学大学美術館蔵
「馬郎婦」(1943) 東京国立近代美術館蔵
「紅梅」(1943) 東京国立近代美術館蔵
「牛」(1943) 山種美術館蔵
「富士」(1944) 東京国立近代美術館蔵
「楊貴妃」(1951) 足立美術館蔵
「菖蒲」(1952) 山種美術館蔵

(参考出展:wikipedia)
買取の流れ
スムーズなお取り引きのために
◆下記のポイントをあらかじめお調べの上、控えておいてください。
【絵画の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※額の裏や箱に記載されている場合があります【例】作家名:上村松園作品名:鼓の音。
2:絵画の技法は分かりますか?(日本画、油彩、版画、水彩など)【例】技法:日本画
3:額を除いた、絵だけのサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
【骨董品の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※共箱の中に略歴が入っている場合がございます。【例】作家名:井上萬二作品名:白磁春秋彫文耳付花瓶
2:共箱(作家名や作品名の書かれた桐の箱)はありますか?【例】共箱:有
3:陶磁器の場合 箱を除いた、作品自体のサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
買取までの流れ(一般のお客様)
1:上記ポイントをご確認の上、無料査定フォーム、またはフリーコール(0120-081-560)もしくはメール(info@artkaitori.com)にて、お気軽にお問い合わせください。
2:専門のスタッフが相場に応じて、しっかりと査定致します。
3:お電話もしくはメールで、おおよその査定金額をご提示致します。
●出張買取の場合
・日程を調整して、ご自宅に訪問させて頂きます。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。4日程をご調整頂き、弊社へご持参ください。
●弊社お持込の場合
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。
●宅配買取の場合
・必要書類・梱包材を、お客様のご自宅(会社)に発送致します。
・必要書類にご記入頂き、作品を梱包して下さい。
・作品は、着払いで当社へご発送ください。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・お振込にて、お支払いさせて頂きます。
査定ご希望の方はこちらから無料買取査定フォーム
初めての美術品売却
取り扱い美術品 絵画 買取 日本画 洋画(日本人) 洋画(外国人) 現代アート 具体美術 中国美術 インテリアアート・その他 骨董品 買取 陶磁器 茶道具 掛軸 彫刻・ブロンズ 象牙 骨董品 その他 西洋アンティーク 買取 ガラス工芸 西洋アンティーク 陶磁器 西洋アンティーク 彫刻ブロンズ 西洋アンティーク 19世紀絵画
買取 動画
作家検索
正社員アルバイト求人情報
営業拠点
名古屋本社
愛知県名古屋市中区
新栄1-12-26AKKビル10F
愛知県公安委員会
第541020001600号
東京支社
東京都中央区銀座8-18-4
東銀座ビル7F
東京都公安委員会
第301060305502号
神奈川支社
神奈川県横浜市中区
上野町1-24-2
神奈川県公安委員会
第451360014687号
大阪支社
大阪市住吉区帝塚山東
1-3-34PLOT帝塚山ビル1F
大阪府公安委員会
第621221302910号
九州支社
福岡市博多区博多駅南2-1-5
博多サンシティビル507
福岡県公安委員会
第909990041404号
仙台支社
宮城県仙台市青葉区本町
2-1-8 第一広瀬ビル4F
宮城県公安委員会
第221000001130号
広島支社
広島県広島市中区本川町
2-1-13和光パレス2A
広島県公安委員会
第731021400007号
インフォーメーション
出張買取(無料) ■北海道
[北海道・札幌]
■東北
[青森岩手宮城秋田山形福島]
■北関東
[茨城栃木群馬山梨]
■南関東
[東京・銀座神奈川・横浜埼玉千葉]
■信越
[新潟長野]
■北陸
[富山石川福井]
■東海
[愛知・名古屋岐阜静岡三重]
■近畿
[大阪兵庫・神戸京都滋賀奈良和歌山]
■中国
[鳥取島根岡山広島山口]
■四国
[徳島香川愛媛高知]
■九州
[福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島]
■沖縄
[沖縄]
info@artkaitori.com