こちらのページはスマートフォン専用です。

※ご使用の端末でこちらが表示された場合は、PC専用サイトをご覧ください。

http://www.artkaitori.com/
守屋多々志(モリヤ タダシ) 査定|日本画の相場・売却の相談ならば日本画 買取専門のアート買取協会にて高価査定を実施しております。
絵画取扱作家一覧(日本画)

守屋多々志(モリヤ タダシ)

弊社では守屋多々志(モリヤタダシ)の作品を探しております。
守屋多々志(モリヤタダシ)の作品も無料で買取査定しております。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

  • 紅白梅守屋多々志
    紅白梅

※画像をクリックすると拡大します。

守屋多々志(モリヤ タダシ)1912~2003 日本画

1912 岐阜県大垣市に生まれる
1930 上京し、前田青邨に師事した
1936 東京美術学校を卒業
1941 院展に初入選
1996 文化功労者となる
2001 文化勲章受章
2003 逝去

概要・その他

昭和から平成にかけて日本美術院において活躍し、太平洋戦争従軍時やイタリア留学時を除いて、ほぼ毎年出品していた。守屋の描いた作品は、歴史と古典への深い教養に根ざし、歴史人物を堅牢な絵画空間の中に描出した「歴史画」が中心である。また、その知識と姿勢が評価され、歴史考証が必要な小説挿絵や舞台美術、衣装デザインなどでも活躍した。

イタリア留学以前は、日本古来の大和絵を意識した構成・筆遣いで描いているが、留学後しばらくは、明らかに洋画を意識した重厚なマチエールで描いており、以後も絵具を厚塗りした作品を多く描いている。昭和40年以降は武者絵を中心に、背景に金泥を使うなど豪壮な作品も見受けられたが、1982年(昭和57年)頃から黒を多用した暗めの作品が多く、直線で画面を区切ったり、独特の遠近感を持たせたりする作品を多く描いている。

主なる作品

・第28回院展(1941年)『継信忠信』
・第29回院展(1942年)『殲滅』
・第30回院展(1943年)『陸奥の宿』
・第32回院展(1947年)『室の泊』
・第33回院展(1948年)『生田敦盛』
・第34回院展(1949年)『ふるさとの家(朝餉・午睡・残照・宵宮)』大垣市守屋多々志美術館
・第35回院展(1950年)『劇場(廊・出・袖)』
・第36回院展(1951年)『鎌倉』
・第38回院展(1953年)『胡姫』
・第43回院展(1958年)『アンジェリコの窓』大垣市守屋多々志美術館
・第44回院展(1959年)『慕情』
・第45回院展(1960年)『鏡』
・第46回院展(1961年)『沈黙』
・第47回院展(1962年)『何日再帰楼蘭』
・第48回院展(1963年)『ギリシャの壷売』
・第49回院展(1964年)『聖母寺』
・第50回院展(1965年)『阿蘭陀正月』
・第51回院展(1966年)『泊』
・第53回院展(1968年)『星と武者』大垣市守屋多々志美術館
・第54回院展(1969年)『楊四娘』大垣市守屋多々志美術館
・第55回院展(1970年)『砂に還る(楼蘭に想う)』岐阜県美術館
・第56回院展(1971年)『牡丹燈記』大垣市守屋多々志美術館
・第57回院展(1972年)『花性の淫』
・第58回院展(1973年)『水エン』大垣市守屋多々志美術館(「エン」はさんずいに艶)
・第59回院展(1974年)『月の宴』大垣市守屋多々志美術館
・第60回院展(1975年)『衣香』滋賀県立近代美術館
・第61回院展(1976年)『初陣』山種美術館
・第62回院展(1977年)『駒競べ』山種美術館
・第63回院展(1978年)『平家厳島納経』山種美術館
・第64回院展(1979年)『キヨストロの少年使節』国立国際美術館
・第65回院展(1980年)『聴花(式子内親王)』
・第66回院展(1981年)『慶長使節支倉常長』山種美術館
・第67回院展(1982年)『二河白道』大垣市守屋多々志美術館
・第68回院展(1983年)『乱世に生きる(信長・日吉・竹千代)』岐阜県ソフトピアジャパン
・第69回院展(1984年)『無明』大垣市守屋多々志美術館
・第70回院展(1985年)『愛縛清浄』横浜美術館
・第71回院展(1986年)『信長夢幻』高崎市タワー美術館
・第72回院展(1987年)『悔過(持統天皇)』大垣市守屋多々志美術館
・第73回院展(1988年)『ある日の武蔵』大垣市守屋多々志美術館
・第74回院展(1989年)『遊行柳(芭蕉)』高崎市タワー美術館
・第75回院展(1990年)『アメリカ留学(津田梅子)』津田塾大学
・第76回院展(1991年)『ポトマック河畔の福沢諭吉』大垣市守屋多々志美術館
・第77回院展(1992年)『ウィーンに六段の調(ブラームスと戸田伯爵極子夫人)』
・第78回院展(1993年)『萩の宿(奥の細道より)』大垣市守屋多々志美術館
・第79回院展(1994年)『繭の傳説』大垣市守屋多々志美術館
・第80回院展(1995年)『巴里の若き岡倉天心』大垣市守屋多々志美術館
・第81回院展(1996年)『赤穂の日(浅野内匠頭の妻)』大垣市守屋多々志美術館
・第82回院展(1997年)『更科』大垣市守屋多々志美術館
・第83回院展(1998年)『願わくば(西行法師)』大垣市守屋多々志美術館
・第84回院展(1999年)『歌姫越え(近江遷都)』
・第85回院展(2000年)『誕生(聖徳太子)』大垣市守屋多々志美術館
・第86回院展(2001年)『みだれ髪(与謝野晶子)』大垣市守屋多々志美術館
・第2回小品展(1947年)『いこひ』
・第3回小品展(1948年)『かすみをとこ』
・第4回小品展(1949年)『思ひ草』
・第5回小品展(1950年)『子供たち』
・第6回小品展(1951年)『円覚寺門前』
・第8回小品展(1953年)『法起寺辺り』
・第13回小品展(1958年)『屋根』
・第15回春季展(1960年)『聖水』
・第16回春季展(1961年)『壷と女』
・第20回春季展(1965年)『万戸の砧声』
・第21回春季展(1966年)『飛鳥』
・第24回春季展(1969年)『樹下双研』
・第25回春の院展(1970年)『町角の聖母』
・第26回春の院展(1971年)『狼の妻になった女』
・第27回春の院展(1972年)『信太の森』
・第28回春の院展(1973年)『花精』
・第30回春の院展(1975年)『伝説の道』
・第31回春の院展(1976年)『春炎』
・第32回春の院展(1977年)『昔話 桃太郎』山種美術館
・第33回春の院展(1978年)『竹千代出陣』
・第34回春の院展(1979年)『金太郎』高崎市タワー美術館
・第35回春の院展(1980年)『聴聞(北条政子)』愛知県美術館
・第36回春の院展(1981年)『女優 須磨子』佐久市立近代美術館
・第37回春の院展(1982年)『大原寂光』愛知県美術館
・第38回春の院展(1983年)『葛の葉』
・第39回春の院展(1984年)『行人』
・第40回春の院展(1985年)『橋』
・第41回春の院展(1986年)『孤帆遠影(鑑真のふるさと)』横浜美術館
・第42回春の院展(1987年)『年々歳々(鎌倉山)』
・第43回春の院展(1988年)『歌人(与謝野晶子)』高崎市タワー美術館
・第44回春の院展(1989年)『深淵(和泉式部)』高崎市タワー美術館
・第45回春の院展(1990年)『白晨(利休の娘)』
・第46回春の院展(1991年)『湖畔の灯(小泉八雲の妻)』高崎市タワー美術館
・第47回春の院展(1992年)『人魚の愛』大垣市守屋多々志美術館
・第48回春の院展(1993年)『智恵子と光太郎』大垣市守屋多々志美術館
・第49回春の院展(1994年)『思い出の五色酒』
・第50回春の院展(1995年)『加賀の千代女』
・第51回春の院展(1996年)『鎌倉右大臣実朝』鶴岡八幡宮
・第52回春の院展(1997年)『晩歌』
『白雨』1936年、東京藝術大学
『噴水』1936年、岐阜県美術館
『ジェロニモ天草四郎』1981年、バチカン博物館
『平成御大礼絵巻』1992年、神社本庁

(参考出展:wikipedia)
買取の流れ
スムーズなお取り引きのために
◆下記のポイントをあらかじめお調べの上、控えておいてください。
【絵画の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※額の裏や箱に記載されている場合があります【例】作家名:上村松園作品名:鼓の音。
2:絵画の技法は分かりますか?(日本画、油彩、版画、水彩など)【例】技法:日本画
3:額を除いた、絵だけのサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
【骨董品の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※共箱の中に略歴が入っている場合がございます。【例】作家名:井上萬二作品名:白磁春秋彫文耳付花瓶
2:共箱(作家名や作品名の書かれた桐の箱)はありますか?【例】共箱:有
3:陶磁器の場合 箱を除いた、作品自体のサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
買取までの流れ(一般のお客様)
1:上記ポイントをご確認の上、無料査定フォーム、またはフリーコール(0120-081-560)もしくはメール(info@artkaitori.com)にて、お気軽にお問い合わせください。
2:専門のスタッフが相場に応じて、しっかりと査定致します。
3:お電話もしくはメールで、おおよその査定金額をご提示致します。
●出張買取の場合
・日程を調整して、ご自宅に訪問させて頂きます。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。4日程をご調整頂き、弊社へご持参ください。
●弊社お持込の場合
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。
●宅配買取の場合
・必要書類・梱包材を、お客様のご自宅(会社)に発送致します。
・必要書類にご記入頂き、作品を梱包して下さい。
・作品は、着払いで当社へご発送ください。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・お振込にて、お支払いさせて頂きます。
査定ご希望の方はこちらから無料買取査定フォーム
初めての美術品売却
取り扱い美術品 絵画 買取 日本画 洋画(日本人) 洋画(外国人) 現代アート 具体美術 中国美術 インテリアアート・その他 骨董品 買取 陶磁器 茶道具 掛軸 彫刻・ブロンズ 象牙 骨董品 その他 西洋アンティーク 買取 ガラス工芸 西洋アンティーク 陶磁器 西洋アンティーク 彫刻ブロンズ 西洋アンティーク 19世紀絵画
買取 動画
作家検索
正社員アルバイト求人情報
営業拠点
名古屋本社
愛知県名古屋市中区
新栄1-12-26AKKビル10F
愛知県公安委員会
第541020001600号
東京支社
東京都中央区銀座8-18-4
東銀座ビル7F
東京都公安委員会
第301060305502号
神奈川支社
神奈川県横浜市中区
上野町1-24-2
神奈川県公安委員会
第451360014687号
大阪支社
大阪市住吉区帝塚山東
1-3-34PLOT帝塚山ビル1F
大阪府公安委員会
第621221302910号
九州支社
福岡市博多区博多駅南2-1-5
博多サンシティビル507
福岡県公安委員会
第909990041404号
仙台支社
宮城県仙台市青葉区本町
2-1-8 第一広瀬ビル4F
宮城県公安委員会
第221000001130号
広島支社
広島県広島市中区本川町
2-1-13和光パレス2A
広島県公安委員会
第731021400007号
インフォーメーション
出張買取(無料) ■北海道
[北海道・札幌]
■東北
[青森岩手宮城秋田山形福島]
■北関東
[茨城栃木群馬山梨]
■南関東
[東京・銀座神奈川・横浜埼玉千葉]
■信越
[新潟長野]
■北陸
[富山石川福井]
■東海
[愛知・名古屋岐阜静岡三重]
■近畿
[大阪兵庫・神戸京都滋賀奈良和歌山]
■中国
[鳥取島根岡山広島山口]
■四国
[徳島香川愛媛高知]
■九州
[福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島]
■沖縄
[沖縄]
info@artkaitori.com