こちらのページはスマートフォン専用です。

※ご使用の端末でこちらが表示された場合は、PC専用サイトをご覧ください。

http://www.artkaitori.com/

西洋アンティーク買取

西洋アンティーク・強化買取作家

特に強化買取中の作家です。左右の矢印をタップすると、次の作家が表示されます。

概要
アール・ヌーヴォーを代表するフランスのガラス工芸家、陶器・家具のデザイナー、アートディレクター、企業経営者。1866年から67年にかけてマイゼンタールのブルグン・シュヴェーラー社のガラス工場でガラス製造の技術を習得した。
代表作
チューリップ型花瓶
蜻蛉文スタンド

この作家ページへ
エミール・ガレ
close

1846 フランスロレーヌ地方ナンシーで生まれる
1865~1867 ドイツのヴァイマルに留学
1877 父に代わり工場管理責任者となる
1878 パリ万国博覧会で銅・銀賞を受賞
1889 パリ万博で装飾工芸家として国際的な評価を得る
1898 マルケトリ技法、パチネ素材で特許取得
1900 パリ万博にてグランプリを獲得
1901 ナンシー派の会長に就任
(参考出展:wikipedia)

概要
父ジャン・ドームは時計用ガラスと食器の生産にたずさわっていたが、失敗。長男のオーギュストがその事業を引き継ぎ、三男のアントナンも製造部門に参加、ドーム兄弟の会社がスタートする。
代表作
夏景色文花瓶
花文花瓶

この作家ページへ
ドーム
close

兄:オーギュスト・ドーム
(Augusute Daum)
弟:アントナン・ドーム
(Antonin Daum)
1878 ガラス工房を始める
1893 シカゴ万博で注目を集める
1900 パリ万博、ガラス部門で大賞獲得
1920 アールデコ様式の作品を手掛け、またそれ以降もクリスタルガラスのオブジェの制作やサルバドール・ダリのデザインによるパート・ド・ヴェールの作品を発表するなど時代の流行に即した作品を発表し続けた同社は現在も、高級クリスタルガラスの専門メーカーとしてクリスタル・ドームの社名で存続している。
(参考出展:wikipedia)

概要
ベルリン王立磁器製陶所(KPM Berlin)は1763年、プロイセン王国・ベルリンのフリードリヒ大王によって創業された磁器製陶所。数々の名画を平たい磁体(陶板)に絵付けを施しており、その精緻に人気を博しています。
代表作
アンフォラを持つ女
真珠の首飾り

この作家ページへ
KPM Berlin
close

ベルリン王立磁器製陶所(KPM Berlin)は1763年、プロイセン王国・ベルリンのフリードリヒ大王によって創業された磁器製陶所。KPM.ベルリンは王国が消えた現在でも、ベルリン市が出資する会社として、「ベルリン王立磁器製陶所」と伝統ある名称を名乗っています。またドイツ政府の公式晩餐会の食器として使用されている。KPMベルリンの陶板は数々の名画を平たい磁体(陶板)に絵付けを施しており、その精緻に人気を博しています。
(参考出展:wikipedia)

概要
西洋白磁の創始として現在も頂点に君臨するドイツの名窯。1920年~1930年にかけて柿右衛門様式などのシノワズリーを流行させた後、バロック風やロココ調などの豪華な食器を創りだし現在に至る。 代表作
ブルーオニオン
インドの華

この作家ページへ
マイセン
close

ザクセン公国の錬金術師ヨハン・フリードリッヒ・ベトガーは物理学者・数学者・哲学者エーレンフリート・ヴァルター・フォン・チルンハウスらの協力を得て、1709年にフォークラント地方のアウエ鉱山のカオリンを原料とした白磁の製造に成功。西洋磁器の歴史の幕が開けた。翌1710年にドレスデンに「王立ザクセン磁器工場」が設立され、これが現在の「国立マイセン磁器製作所」の始まりである。
(参考出展:wikipedia)

西洋アンティーク 主要取扱作家

西洋アンティーク 作家一覧

ガラス工芸
陶磁器
彫刻・ブロンズ
19世紀絵画 他
ア(19世紀絵画)
カ(19世紀絵画)
サ(19世紀絵画)
タ(19世紀絵画)
サ(その他)
タ(その他)
ハ(その他)

作家検索

アート買取協会ではフォーム・電話による買取査定以外にも、メール・LINEでも簡易査定を実施しております。

※LINE査定は只今準備中です。開通までは、誠にお手数ですがフォーム・メール・お電話からお問い合わせお願い致します。