こちらのページはスマートフォン専用です。

※ご使用の端末でこちらが表示された場合は、PC専用サイトをご覧ください。

http://www.artkaitori.com/

骨董品買取

骨董品・強化買取作家

特に強化買取中の作家です。左右の矢印をタップすると、次の作家が表示されます。

概要
江戸時代、肥前国(佐賀県)有田の陶芸家、および代々その子孫(後継者)が襲名する名当代称。17世紀後半に赤絵磁器の焼成に成功し、柿右衛門を名乗り、乳白色(濁手)の地肌に赤色系の上絵を焼き付ける柿右衛門様を確立。
代表作
濁手蘭文香炉
濁手椿文大皿

この作家ページへ
酒井田柿右衛門
close

酒井田柿右衛門(さかいだかきえもん、初代:1596年11月15日(慶長元年9月25日) - 1666年7月20日(寛文6年6月19日))は、江戸時代、肥前国(佐賀県)有田の陶芸家、および代々その子孫(後継者)が襲名する名称。2006年12月現在、第十四代酒井田柿右衛門(1934年8月26日-、1982年に襲名)が当代である。なお、当代は重要無形文化財保持者(人間国宝、2001年7月12日認定。色絵磁器)、佐賀県陶芸協会会長、日本工芸会副理事長、および九州産業大学大学院芸術研究科専任教授 ※肩書きは2006年12月現在
(参考出展:wikipedia)

概要
備前有田の窯家。赤絵屋十六軒の一つで江戸期は鍋島藩の御用赤絵師。明治維新の窯業の自由化を機会に、かつて作風を取り戻そうと作陶を始めたのが十代今右衛門。当代は十四代。
代表作
色絵薄墨草花文花瓶
錦地紋菊形高台皿

この作家ページへ
今泉今右衛門
close

1967 十二代今右衛門、紫綬褒章受章
1971 重要無形文化財総合指定に認定
1972 十二代今右衛門、勲四等旭日小綬章受賞
1986 十三代今右衛門、紫綬褒章受賞
1999 勲4等旭日中綬章受賞
2002 十四代今泉今右衛門襲名

概要
日本の彫刻家で現在東京芸術大学大学院教授。仏像などの古美術の古典技法とその修復技術を研究し、1987年に彫刻家として活動を開始。作品には横浜ビジネスパークの「犬も歩けば」(1990年)など、パブリック・アートも多い。
代表作
美鈴
月のわらべ

この作家ページへ
籔内佐斗司
close

1953年、大阪府大阪市にて生まれる。1980年東京芸術大学大学院美術研究科澄川喜一研究室で彫刻を専攻し、1982年~1987年まで東京芸術大学大学院美術研究科保存修復技術研究室の非常勤講師を勤め、仏像などの古美術の古典技法とその修復技術を研究。新薬師寺地蔵菩薩立像(奈良市)、平林寺十六羅漢像(新座市)などで東京芸術大学が中心となって行った保存修復に参加する。1987年彫刻家として活動を開始する。2004年東京芸術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻保存修復彫刻研究室教授に就任。
(参考出展:wikipedia)

概要
東京都生まれのガラス工芸家。東京美術学校で彫金を学ぶが後にガラス工芸に転向する。その後イタリアで学んだ色ガラスと金箔を混ぜた飾筥(かざりばこ)で独自のガラス工芸分野を確立した。 代表作
虹彩
菖蒲

この作家ページへ
藤田喬平
close

1921 東京都新宿区に生まれる
1944 東京美術学校工芸科彫金部卒業
1964 流動ガラスの代表作「虹彩」発表
1973 飾筥の代表作「菖蒲」発表
1989 日本芸術院会員就任
1996 藤田喬平ガラス美術館開館
1997 文化功労者顕彰、紺綬褒章受章
2002 文化勲章受賞

骨董品 主要取扱作家

骨董品 作家一覧

陶磁器
茶道具
一代(三千家共通)
二代(三千家共通)
三代(三千家共通)
四代(三千家/裏・表・武者小路)
五代(三千家/裏・表・武者小路)
六代(三千家/裏・表・武者小路)
七代(三千家/裏・表・武者小路)
八代(三千家/裏・表・武者小路)
九代(三千家/裏・表・武者小路)
十代(三千家/裏・表・武者小路)
十一代(三千家/裏・表・武者小路)
十二代(三千家/裏・表・武者小路)
十三代(三千家/裏・表・武者小路)
十四代(三千家/裏・表・武者小路)
十五代(三千家/裏・表・武者小路)
十六代(三千家/裏・表・武者小路)
千家十職
その他
掛軸
彫刻・ブロンズ・象牙・他
あ(彫刻・ブロンズ)
か(彫刻・ブロンズ)
さ(彫刻・ブロンズ)
た(彫刻・ブロンズ)
な(彫刻・ブロンズ)
は(彫刻・ブロンズ)
や(彫刻・ブロンズ)
象牙
あ(その他)
か(その他)
た(その他)
は(その他)

作家検索

アート買取協会ではフォーム・電話による買取査定以外にも、メール・LINEでも簡易査定を実施しております。