スタッフルーム|東京・名古屋・大阪・福岡から全国(出張)対応。無料査定・鑑定中。絵画や美術品の売却(査定)お見積り等ご相談下さい。

お知らせ・スタッフルーム

奥田元宋・小由女美術館

広島県は原爆ドーム、宮島などの観光地、牡蠣やお好み焼きなどの特産品が魅力で、来る人を十分に楽しませてくれます。

また、平山郁夫、児玉希望、奥田元宋など多くの有名画家を輩出している地域でもあり、美術館もいたる所に存在しています。

今回はその中で、奥田元宋・小由女美術館をピックアップして書いていこうと思います。

まず始めに奥田元宋・小由女先生の略歴をご紹介致します。奥田元宋先生は1912年(明治45年)に広島県双三郡八幡村(現在の三次市)に生まれ、1930年(昭和5年)に上京。同郷の児玉希望先生の内弟子として本格的な画家生活をスタートさせます。

戦前は風景画ではなく、人物画や花鳥画を中心に創作していたそうです。

しかし、戦況悪化にともない故郷に戻ったのをきっかけに風景画に目覚め、1949年(昭和24年)に日展にて『待月』が特選と白寿賞を受賞し、風景画家としての画業を歩み始めます。

風景画を通して、日本画の新たな表現を模索し続け、1975年(昭和50年)に描いた『秋嶽紅樹』などから元宋先生独自の赤い風景画の世界を切り開きました。

その後、文化勲章を受章し、広島県名誉県民として表彰されますが、2003年(平成15年)に多くの人に惜しまれつつ90歳で逝去されました。

元宋先生を支えた奥田小由女先生は、創造的な人形作品に影響を受け高校卒業後、広島県(生まれは大阪府堺市)から上京し、人形の勉強に没頭します。初期作品では主に白を基調とした抽象的な造形表現を試みていましたが、結婚後は色彩豊かな女性像の作品が中心となっていきました。

1998年(平成10年)には人形作家として初めて日本芸術院会員に任命され、2008年(平成20年)には文化功労者となりました。

日展、日本現代工芸美術展などに出品を重ね、2014年(平成26年)には日展理事長に就任。同年11月には三次市初の名誉市民として顕彰され、現在も日本を代表する人形作家の1人として活躍をされています。

2人は長年の夢として『ふたりの美術館』をつくることを心に抱き、作品が散逸しないように大切に保管されていたそうです。奥田元宋・小由女美術館はそれらの作品が故郷である三次市に一括して寄贈され実現した美術館なのだそうです。

日本でも例を見ない夫婦の名前を冠したこの美術館は、日本画の『平面』と人形の『立体』が織りなす、故郷に刻む奥深い芸術の殿堂とされています。

現在、美術館では元宋先生の名作の数々が展示されています。中でも特に目を引くのが『紅嶺(1987年作・213cm×582cm)』と『白嶂(1987年・213cm×587cm)』です。かなり大きなサイズの作品という事もあり、すごく迫力も感じますが、それ以上に自分自身面白く感じたのは、見方によってまったく作品の雰囲気が変わるという点でした。

近くで見れば、巨大な作品を作った細かなタッチの数々が見受けられます。逆に少し距離を取り、離れた場所から見れば写実的に見え、作品に吸い込まれそうな感じを受けました。いかに元宋先生の作品に奥深さと繊細さがあるかをわかったような気がしました。

入り口より長く続く元宋先生の作品のエリアを抜けると、小由女先生の作品エリアに辿り着きます。元宋先生と打って変わり、人形作品が至る所に展示されています。

中でも『花のみち(1985年作)』は見るものに華やかな気分にし、癒しも与えてくれます。また、数多くある作品の中には、お二人の合作である『春陽清韻(2000年作)』も見る事ができます。

この作品は元宋先生が山や桜などを描いた小さな屏風の前に小由女先生が製作した母子を思わせる人形が立っているというものです。作品を見れば春の穏やかさはもちろんの事、人形の表情、雰囲気を見ていると幸せな気分にもなります。

春という意味ではこれからの季節にピッタリの作品なのかもしれません。

この美術館では、『満月の夜』と題して、満月の日には21時まで開館延長をしており、月光浴を楽しむことができる日本で一番月が美しく見える美術館としても有名です。

満月の日程に関しては美術館のホームページで確認する事ができます。

奥田元宋・小由女美術館は中国自動車道三次ICより3分、JR三次駅から路線バスで15分とアクセスの良い場所にあります。ぜひ"ふたりの美術館"にご夫婦、カップル、家族で訪れてみてはいかがでしょうか。

広島支社 梶原

最近の配信記事
取扱美術品一覧
買取の流れ
スムーズなお取り引きのために
◆下記のポイントをあらかじめお調べの上、控えておいてください。
【絵画の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※額の裏や箱に記載されている場合があります【例】作家名:上村松園作品名:鼓の音。
2:絵画の技法は分かりますか?(日本画、油彩、版画、水彩など)【例】技法:日本画
3:額を除いた、絵だけのサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
【骨董品の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※共箱の中に略歴が入っている場合がございます。【例】作家名:井上萬二作品名:白磁春秋彫文耳付花瓶
2:共箱(作家名や作品名の書かれた桐の箱)はありますか?【例】共箱:有
3:陶磁器の場合 箱を除いた、作品自体のサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
買取までの流れ(一般のお客様)
1:上記ポイントをご確認の上、無料査定フォーム、またはフリーコール(0120-081-560)もしくはメール(info@artkaitori.com)にて、お気軽にお問い合わせください。
2:専門のスタッフが相場に応じて、しっかりと査定致します。
3:お電話もしくはメールで、おおよその査定金額をご提示致します。
●出張買取の場合
・日程を調整して、ご自宅に訪問させて頂きます。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。4日程をご調整頂き、弊社へご持参ください。
●弊社お持込の場合
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。
●宅配買取の場合
・必要書類・梱包材を、お客様のご自宅(会社)に発送致します。
・必要書類にご記入頂き、作品を梱包して下さい。
・作品は、着払いで当社へご発送ください。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・お振込にて、お支払いさせて頂きます。
査定ご希望の方はこちらから無料買取査定フォーム 初めての美術品売却

取扱美術品一覧

広告・CMギャラリー 法人・弁護士の方へ 時価評価について 遺品整理での美術品売却 アート買取協会の買取事例 作家検索はこちら LINE査定 正社員アルバイト求人情報

買取実績

営業拠点

名古屋本社
愛知県名古屋市中区
新栄1-12-26AKKビル10F
愛知県公安委員会
第541020001600号
名古屋支社
東京支社
東京都中央区銀座8-18-4
東銀座ビル7F
東京都公安委員会
第301060305502号
東京支社
神奈川支社
神奈川県横浜市中区
上野町1-24-2
神奈川県公安委員会
第451360014687号
神奈川支社
大阪支社
大阪市阿倍野区帝塚山
1-9-6 TZY196ビル1F
大阪府公安委員会
第621221302910号
大阪支社
九州支社
福岡市博多区博多駅南2-1-5
博多サンシティビル507
福岡県公安委員会
第909990041404号
九州支社
仙台支社
宮城県仙台市青葉区本町
2-1-8 第一広瀬ビル4F
宮城県公安委員会
第221000001130号
広島支社
広島支社
広島県広島市中区本川町
2-1-13和光パレス2A
広島県公安委員会
第731021400007号

お知らせ・スタッフルーム

出張買取地域

■北海道
[北海道・札幌]
■東北
[青森岩手宮城秋田山形福島]
■北関東
[茨城栃木群馬山梨]
■南関東
[東京・銀座神奈川・横浜埼玉千葉]
■信越
[新潟長野]
■北陸
[富山石川福井]
■東海
[愛知・名古屋岐阜静岡三重]
■近畿
[大阪兵庫・神戸京都滋賀奈良和歌山]
■中国
[鳥取島根岡山広島山口]
■四国
[徳島香川愛媛高知]
■九州
[福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島]
■沖縄
[沖縄]
info@artkaitori.com
絵画買取 骨董品買取 西洋アンティーク買取 作家検索はこちら 広告CMギャラリー 法人・弁護士の方へ 時価評価について 遺品整理での美術品売却 絵画売却のポイント 骨董売却のポイント アート買取協会の買取事例

作家検索

アート買取協会ではフォーム・電話による買取査定以外にも、メール・LINEでも簡易査定を実施しております。

最新の買取事例