高島野十郎(タカシマ ヤジュウロウ) 査定|洋画(日本人作家)の相場・売却の相談ならば洋画 買取専門のアート買取協会にて高価査定を実施。
絵画取扱作家一覧(洋画・日本人)

高島野十郎(タカシマ ヤジュウロウ)

弊社では高島野十郎(タカシマ ヤジュウロウ)の作品を探しております。
高島野十郎(タカシマ ヤジュウロウ)の作品も無料で買取査定しております。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

  • 壷とりんご高島野十郎
    壷とりんご

※画像をクリックすると拡大します。

高島 野十郎(タカシマ ヤジュウロウ)1890~1975 洋画|日本人

福岡県御井郡合川村足穂(現・久留米市合川町)の醸造家高島善蔵・カツの六男二女の五男として生まれた。足穂尋常小学校、御井高等小学校を経て県立明善中学に進む。(27期生)。長兄で詩人の宇朗は15期生、その無二の親友で画家青木繁は19期生。中学卒業後、東京美術学校進学を希望するも家業を継がず詩作と禅修行に没頭した「宇朗」に懲りて父親に許されず、野十郎は地元第五高等学校(熊本市)を敬遠、前年開校したばかりの第八高等学校(名古屋市)に進学する。初代校長はのちに文部省視学官、東京音楽学校長、女子学院院長等を歴任する大島義脩(当時38歳)であった。野十郎は第二乙類を選択、同校には動植物担当教授で"ハス博士"の大賀一郎がいた。1年のとき父善蔵病死。

卒業後は東京帝大農学部水産学科(4期生)進学が決まっていた。「傷を負った自画像」は同大時代の作品とみられる。1916年(大正5年)7月同大を首席で卒業するも、恩賜の銀時計授与を辞退、恩師からの金時計は受けたという。卒論は「魚の感覚」。2、3年大学に残り助手を務めた。翌1917年(大正6年)母カツも病死。1921年(大正10年)9月野十郎初の個展を開き、「椿」「けし」等を展示。1924年(大正13年)二度目の個展。

1929年(昭和4年)兄弟らの援助で北米経由欧州独・仏・伊へ旅立つ。ルネサンス期の独アルブレヒト・デューラーや伊レオナルド・ダ・ヴィンチ、仏ミレーなどに感銘を受けたとみられるが、本人によって語られた体験談の類は一切ない。1933年(昭和8年)帰国後久留米の実家に戻り、酒蔵をアトリエとし「椿柑竹工房」と名付け、1935年(昭和10年)に博多・中洲の生田菓子舗で滞欧作品展を開催、67点を展示。翌年上京し北青山に住む。1937年(昭和12年)、1941年(昭和16年)と個展開催。敗戦直前の1945年(昭和20年)5月、空襲により青山を焼け出され、福岡県八女郡豊岡村(現・八女市)の姉スエノを頼り、裏山の作業小屋をアトリエとする。

戦後1948年(昭和23年)再び上京、青山南町に知人の世話で住み着く。しかし昭和30年代に入り東京オリンピックに伴う道路拡張計画に巻き込まれ都内のアパートを転々とし、1960年(昭和35年)千葉県柏市増尾にアトリエを設ける。古希老人の独り暮らしであった。これと前後してささやかな個展を開く一方、東北、秩父、小豆島、京都、奈良など各地を放浪、増尾のアトリエも立ち退きを余儀なくされるが、1971年(昭和46年)1月同地の知人伊藤家屋敷内のアトリエに落ち着く。傘寿を過ぎていた。

1975年(昭和50年)に入り体調を崩して病床につき、6月柏市の田中農協病院に入院。翌月退院後野田市の特別養護老人ホーム鶴寿園に入所するも、病魔に勝てず9月心不全で黄泉の国へと旅立った。享年86。野田市海福寺で葬儀。市川市立霊園に五輪塔が建立され、「不娶 寡欲 画道専一」と刻印されている。また、1988年(昭和63年)東京・目黒区美術館の野十郎展開催に合わせ、久留米市山本町耳納の曹洞宗観興寺に野十郎碑が建てられた。

野十郎は日頃ボロ着でも、町へ出るときは洗練された紳士の服装であったという。これは盃一杯の米も無駄にせず、着物は絹物は一生身につけずに木綿で通したが、最上の黄染めの反物を村一番の織り手に織らせて晴れ着とする凝った趣味の持ち主であった父善蔵の衣装哲学を受け継いだものといえよう。

仏心厚く、臨済宗から真言宗に親しみ、空海の「秘密曼陀羅十住心論」を座右の銘とした。枕元にあった遺稿「ノート」によると、「生まれたときから散々に染め込まれた思想や習慣を洗ひ落とせば落とす程写実は深くなる。写実の遂及とは何もかも洗ひ落として生まれる前の裸になる事、その事である」と深い精神性を湛えた独特の写実観を示している。「花も散り世はこともなくひたすらにたゞあかあかと陽は照りてあり」と「ノート」最終頁に綴られていたという。

主なる作品

・すいれんの池
・蝋燭
・からすうり
・絡子をかけたる自画像
・満月
・菜の花
・雨 法隆寺塔
・壷とりんご
・古池など

(参考出展:wikipedia)
買取の流れ
スムーズなお取り引きのために
◆下記のポイントをあらかじめお調べの上、控えておいてください。
【絵画の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※額の裏や箱に記載されている場合があります【例】作家名:上村松園作品名:鼓の音。
2:絵画の技法は分かりますか?(日本画、油彩、版画、水彩など)【例】技法:日本画
3:額を除いた、絵だけのサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
【骨董品の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※共箱の中に略歴が入っている場合がございます。【例】作家名:井上萬二作品名:白磁春秋彫文耳付花瓶
2:共箱(作家名や作品名の書かれた桐の箱)はありますか?【例】共箱:有
3:陶磁器の場合 箱を除いた、作品自体のサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
買取までの流れ(一般のお客様)
1:上記ポイントをご確認の上、無料査定フォーム、またはフリーコール(0120-081-560)もしくはメール(info@artkaitori.com)にて、お気軽にお問い合わせください。
2:専門のスタッフが相場に応じて、しっかりと査定致します。
3:お電話もしくはメールで、おおよその査定金額をご提示致します。
●出張買取の場合
・日程を調整して、ご自宅に訪問させて頂きます。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。4日程をご調整頂き、弊社へご持参ください。
●弊社お持込の場合
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。
●宅配買取の場合
・必要書類・梱包材を、お客様のご自宅(会社)に発送致します。
・必要書類にご記入頂き、作品を梱包して下さい。
・作品は、着払いで当社へご発送ください。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・お振込にて、お支払いさせて頂きます。
査定ご希望の方はこちらから無料買取査定フォーム
初めての美術品売却
取り扱い美術品 絵画 買取 日本画 洋画(日本人) 洋画(外国人) 現代アート 具体美術 中国美術 インテリアアート・その他 骨董品 買取 陶磁器 茶道具 掛軸 彫刻・ブロンズ 象牙 骨董品 その他 西洋アンティーク 買取 ガラス工芸 西洋アンティーク 陶磁器 西洋アンティーク 彫刻ブロンズ 西洋アンティーク 19世紀絵画
買取 動画
正社員アルバイト求人情報
営業拠点
名古屋本社
愛知県名古屋市中区
新栄1-12-26AKKビル10F
愛知県公安委員会
第541020001600号
東京支社
東京都中央区銀座8-18-4
東銀座ビル7F
東京都公安委員会
第301060305502号
神奈川支社
神奈川県横浜市中区
上野町1-24-2
神奈川県公安委員会
第451360014687号
大阪支社
大阪市住吉区帝塚山東
1-3-34PLOT帝塚山ビル1F
大阪府公安委員会
第621221302910号
九州支社
福岡市博多区博多駅南2-1-5
博多サンシティビル507
福岡県公安委員会
第909990041404号
仙台支社
宮城県仙台市青葉区本町
2-1-8 第一広瀬ビル4F
宮城県公安委員会
第221000001130号
広島支社
広島県広島市中区本川町
2-1-13和光パレス2A
広島県公安委員会
第731021400007号
インフォーメーション
出張買取(無料) ■北海道
[北海道・札幌]
■東北
[青森岩手宮城秋田山形福島]
■北関東
[茨城栃木群馬山梨]
■南関東
[東京・銀座神奈川・横浜埼玉千葉]
■信越
[新潟長野]
■北陸
[富山石川福井]
■東海
[愛知・名古屋岐阜静岡三重]
■近畿
[大阪兵庫・神戸京都滋賀奈良和歌山]
■中国
[鳥取島根岡山広島山口]
■四国
[徳島香川愛媛高知]
■九州
[福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島]
■沖縄
[沖縄]
info@artkaitori.com