こちらのページはスマートフォン専用です。

※ご使用の端末でこちらが表示された場合は、PC専用サイトをご覧ください。

http://www.artkaitori.com/
ヤノベケンジ(ヤノベ ケンジ) 査定|現代美術の相場・売却の相談ならば現代アート 買取専門のアート買取協会にて高価査定を実施しております。
絵画取扱作家一覧(現代アート)

ヤノベケンジ(ヤノベ ケンジ)

弊社ではヤノベケンジ(ヤノベケンジ)の作品を探しております。
ヤノベケンジ(ヤノベケンジ)の作品も無料で買取査定しております。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

ヤノベ ケンジ(ヤノベ ケンジ)1965~ 現代美術|日本人

1965 大阪に生まれる
1989 京都市立芸術大学美術学部彫刻専攻卒業
1990 第1回キリンコンテンポラリー・アワード最優秀賞受賞
1991 京都市立芸術大学大学院美術研究科修了
1994 渡欧しドイツを拠点に精力的な活動を続ける
1997 「アトム・スーツ・プロジェクト」を開始
2003 大阪万博跡地・国立国際美術館にて集大成的展覧会「メガロマニア」開催
2004 金沢21世紀美術館にて半年間にわたる滞在制作「子供都市計画」に取り組む

概要・その他

「子供時代の記憶や関心」に基づいて、「現代社会と終末の未来を生き抜くためのサバイバル・マシーンである機械彫刻群」を、「妄想の力」によって制作してきたヤノベの根底にある体験は、自宅近くの大阪万博会場跡地で遊んだことという。6歳で茨木市に引っ越してきたときにはすでに万博は終了し、跡地は再利用の計画も曖昧なまま更地工事が続いていた。

近未来的なパビリオンの残骸や、巨大ロボット・デメが放置されたお祭り広場で遊んだとき「未来の廃墟」のイメージを見たが、不思議と悲しくはなく、むしろ何もなくなったこの場所から何でも作り出せる、と胸の高鳴りを覚えたという。少年時代から特撮(特に、怪獣の造形)に夢中で、怪獣のイラストをかいたり造型をしてはSF雑誌『宇宙船』などに投稿していたという。

デビュー〜1990年代前半 1990年、京都のアートスペース虹で、生理的食塩水を入れたタンクの中へ鑑賞者が浸かり瞑想する、体験型作品『タンキング・マシーン』(現・金沢21世紀美術館所蔵)を発表。同作で第一回キリンプラザ大阪コンテンポラリーアワード最優秀作品賞を受賞。その後、1992年水戸芸術館での個展「妄想砦のヤノベケンジ」では美術館へ住み込み、ユーモラスな形でありつつ後の放射能汚染された環境でも生き抜く機能のあるスーツ、サバイバル用の機械一式、それらを収納して移動する車両などを発表。以後「サバイバル」をテーマに終末的な環境下で使用するための機械彫刻シリーズを続け、1994年以降はベルリンへ移住し欧米でも精力的に制作・発表、主に日本のサブカルチャーとの関連でも取り上げられ、注目を浴びた。

1990年代後半〜現在 阪神・淡路大震災とオウム事件は、妄想であったものが現実となったことでヤノベに転機を与えた。1990年代後半からは史上最後の遊園地計画、「ルナ・プロジェクト」を構想、その一環として「アトムスーツプロジェクト」を開始した。鉄腕アトムにどことなく似た形のガイガーカウンター付き放射能感知服を着用し、チェルノブイリ原発や周辺の放棄された都市の廃墟、大阪万博跡の万博記念公園、砂漠や海岸などを歩き、子供のころに感じた「未来の廃墟」へもう一度戻るための「時間旅行」を試みた。 開催後三十年を経て朽ちてゆく途中の大阪万博の残存物との出会い、チェルノブイリの激しい放射線量、遊園地・保育園・軍用車などの残骸の「現実の廃墟」のすさまじさ、そこでも生きている人々たちとの遭遇などの体験から帰って、以後テーマを「廃墟からの再生(リバイバル)」に転換してゆく。

チェルノブイリの保育園で見た人形と万博後の廃墟で見たロボットをモチーフにした大型ロボット、子供の命令だけで歌い踊り火を吐く巨大な腹話術人形型ロボットなどが制作されている。 2003年、大阪万博の美術館だった国立国際美術館で、集大成的展覧会「メガロマニア」を開催。解体されたエキスポタワーから下ろされた朽ちた展望台の一部を使用し、展望台内で生えていた苔を育てるなどの作品を制作した。

2005年、豊田市美術館で個展「KINDERGARTEN」を開催。ヤノベの5歳の息子の声が登録され子供の命令しか聞かないという、高さ約7.2mのロボット人形「ジャイアント・トらやん」や、ヤノベ自身が乗っていた車と産業廃棄物で作った約3.7mのマンモスロボット、映画を見たりお菓子を食べたりして生き延びる子供用核シェルターという設定の作品「森の映画館」等を公開した。「この展覧会が、子供たちにとって何かのきっかけ作りになればうれしい」と、中日新聞の取材で訪れた子供記者達に語った。

主なる作品

KENJI YANOBE 1969-2005(Seigensha Art Publishing、2005年)

(参考出展:wikipedia)
買取の流れ
スムーズなお取り引きのために
◆下記のポイントをあらかじめお調べの上、控えておいてください。
【絵画の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※額の裏や箱に記載されている場合があります【例】作家名:上村松園作品名:鼓の音。
2:絵画の技法は分かりますか?(日本画、油彩、版画、水彩など)【例】技法:日本画
3:額を除いた、絵だけのサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
【骨董品の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※共箱の中に略歴が入っている場合がございます。【例】作家名:井上萬二作品名:白磁春秋彫文耳付花瓶
2:共箱(作家名や作品名の書かれた桐の箱)はありますか?【例】共箱:有
3:陶磁器の場合 箱を除いた、作品自体のサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
買取までの流れ(一般のお客様)
1:上記ポイントをご確認の上、無料査定フォーム、またはフリーコール(0120-081-560)もしくはメール(info@artkaitori.com)にて、お気軽にお問い合わせください。
2:専門のスタッフが相場に応じて、しっかりと査定致します。
3:お電話もしくはメールで、おおよその査定金額をご提示致します。
●出張買取の場合
・日程を調整して、ご自宅に訪問させて頂きます。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。4日程をご調整頂き、弊社へご持参ください。
●弊社お持込の場合
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。
●宅配買取の場合
・必要書類・梱包材を、お客様のご自宅(会社)に発送致します。
・必要書類にご記入頂き、作品を梱包して下さい。
・作品は、着払いで当社へご発送ください。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・お振込にて、お支払いさせて頂きます。
査定ご希望の方はこちらから無料買取査定フォーム
初めての美術品売却
取り扱い美術品 絵画 買取 日本画 洋画(日本人) 洋画(外国人) 現代アート 具体美術 中国美術 インテリアアート・その他 骨董品 買取 陶磁器 茶道具 掛軸 彫刻・ブロンズ 象牙 骨董品 その他 西洋アンティーク 買取 ガラス工芸 西洋アンティーク 陶磁器 西洋アンティーク 彫刻ブロンズ 西洋アンティーク 19世紀絵画
買取 動画
作家検索
正社員アルバイト求人情報
営業拠点
名古屋本社
愛知県名古屋市中区
新栄1-12-26AKKビル10F
愛知県公安委員会
第541020001600号
東京支社
東京都中央区銀座8-18-4
東銀座ビル7F
東京都公安委員会
第301060305502号
神奈川支社
神奈川県横浜市中区
上野町1-24-2
神奈川県公安委員会
第451360014687号
大阪支社
大阪市住吉区帝塚山東
1-3-34PLOT帝塚山ビル1F
大阪府公安委員会
第621221302910号
九州支社
福岡市博多区博多駅南2-1-5
博多サンシティビル507
福岡県公安委員会
第909990041404号
仙台支社
宮城県仙台市青葉区本町
2-1-8 第一広瀬ビル4F
宮城県公安委員会
第221000001130号
広島支社
広島県広島市中区本川町
2-1-13和光パレス2A
広島県公安委員会
第731021400007号
インフォーメーション
出張買取(無料) ■北海道
[北海道・札幌]
■東北
[青森岩手宮城秋田山形福島]
■北関東
[茨城栃木群馬山梨]
■南関東
[東京・銀座神奈川・横浜埼玉千葉]
■信越
[新潟長野]
■北陸
[富山石川福井]
■東海
[愛知・名古屋岐阜静岡三重]
■近畿
[大阪兵庫・神戸京都滋賀奈良和歌山]
■中国
[鳥取島根岡山広島山口]
■四国
[徳島香川愛媛高知]
■九州
[福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島]
■沖縄
[沖縄]
info@artkaitori.com