バーナード・リーチ(Bernard Howell Leach) 査定|陶磁器の相場・売却の相談ならば骨董 買取専門のアート買取協会にて高価査定を実施しております。
骨董品取扱作家一覧(陶磁器)

バーナード・リーチ(Bernard Howell Leach)

弊社ではバーナード・リーチ(Bernard Howell Leach)の作品を探しております。
バーナード・リーチ(Bernard Howell Leach)の作品も無料で買取査定しております。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

  • 小鹿田窯兎文鉢バーナード・リーチ
    小鹿田窯兎文鉢
  • 小鹿田窯刷毛目鉢バーナード・リーチ
    小鹿田窯刷毛目鉢
  • 小鹿田窯草文花瓶バーナード・リーチ
    小鹿田窯草文花瓶
  • 小鹿田窯魚文鉢バーナード・リーチ
    小鹿田窯魚文鉢

※画像をクリックすると拡大します。

バーナード・リーチ(Bernard Howell Leach)1887~1979 骨董品|陶磁器

1890年 植民地官僚だった父の再婚と転勤に伴い香港に転居。
1903年 ロンドンのスレード美術学校に入学。
1904年 香港上海銀行に入社。
1905年 香港上海銀行を退社。ロンドン美術学校に入学。
1907年 ロンドン美術学校でエッチングの技法を学ぶ。高村光太郎と知り合う。
1909年 日本に帰国。東京・上野桜木町に転居。
1909年  同人誌「白樺」の仲間に上野の自宅でエッチングを教える。柳宗悦と出会う。
1910年 富本憲吉と知り合う。
1912年 お茶の席で用いた楽焼に強く惹かれ、6代尾形乾山に入門。後に7代乾山の名を免許。
1914年 東京で初の個展を開催。
1917年 師の乾山の窯を譲り受けて、千葉県我孫子市の柳宗悦の邸内に移築。
1920年 陶芸家の濱田庄司とともにイギリス南西部の港町のセント・アイヴスに転居。
1922年 「リーチ・ポタリー(リーチ・ポッタリー)」(Leach Pottery)という名の製陶所を設立。
1934年 イギリスでの陶芸全般の評価に失望し再び来日。
1940年 イギリスで「A Potter's Book」(陶工の書)を出版。
1952年 デボンシャーのダーティントン・ホールで開催の 国際陶芸家会議を主宰
1963年 大英帝国勲章(Order of CBE)を受章。
1974年 国際交流基金賞を受賞。視力低下のため作陶をやめる。
1979年 5月6日 没

概要・その他

バーナード・リーチといえば、柳宗悦、濱田庄司等とともに民芸運動に参加した工芸作家として知られています。幼いころ京都で育ち、日本に愛着をもっていました。1909年、22歳の時いらい13回来日しています。初めて倉敷へ来たのは1934(昭和9)年、4回目の来日のときでした。大原孫三郎、總一郎親子は民芸運動を支援していた(注1)こともあり、濱田や河井とはすでに親しく交友していました。 その後も戦前・戦後、たびたび倉敷を訪れて、大原美術館で講演や展覧会を開催したり、酒津焼の窯や、羽島焼の窯で若手を指導するなど、倉敷や大原との関わりを深めていったのです。

1961(昭和36)年、大原美術館に工芸館が完成した日、濱田、河井、富本とともに開館のセレモニーに出席しました。4人とも「生きているうちに4人で一緒に陳列してもらえるなんて、こんなにうれしいことはない。」 と感激したといいます

バーナードは実用より美学的関心を優先させた純粋芸術としての陶芸に対し、実用的な日用陶器を作ることを擁護した。彼は陶磁器に重要なのは絵画的な絵柄でも彫刻的な装飾でもなく、日用品としての用を満たす器の形状や触覚だと考えた。このため、彼の制作スタイルは1950年代から1960年代のミッドセンチュリーのアメリカ合衆国でカウンターカルチャーやモダニズム・デザインに大きな影響を及ぼした。バーナードは近代的で協同組合的なワークショップを運営して、一般大衆向けの手作り陶磁器のラインナップを制作することを切望していた。

世界中からリーチ・ポタリーに陶芸家が弟子にやってきて、リーチの様式と信念を世界に広げていった。例えば、カナダから来た見習い陶芸家達は1970年代にかけてバンクーバーを中心としたカナダ西海岸に活発な陶芸シーンを形成した。アメリカ人の弟子たちの中にはウォレン・マッケンジー(Warren MacKenzie、彼もミネソタ大学で多くの後進の陶芸家に影響を与えた)やバイロン・テンプル(Byron Temple)、クラリー・イリアン(Clary Illian)、ジェフ・ウェストリッチ(Jeff Oestrich)といった陶芸家がいる。ニュージーランドの陶芸の第一人者レン・キャッスル(Len Castle)も1950年代半ばにイギリスへ旅しバーナードと働いて大きな影響を受けた。

また長年バーナードの助手だったマイケル・カーデューやオーストリアで陶芸を修めた後にナチスから逃れてイギリスに渡りリーチの影響を受けたルーシー・リーらは、リーチと協力しあるいは競いながらイギリス陶芸の地位向上に努めた。またたびたび来日し各地で作陶したほか、『Unknown Craftsman』(知られざる職人)などの書を通して民芸運動やその関連作家をイギリスに紹介、展覧会も開きその理論を解説した。

(参考出展:wikipedia)
買取の流れ
スムーズなお取り引きのために
◆下記のポイントをあらかじめお調べの上、控えておいてください。
【絵画の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※額の裏や箱に記載されている場合があります【例】作家名:上村松園作品名:鼓の音。
2:絵画の技法は分かりますか?(日本画、油彩、版画、水彩など)【例】技法:日本画
3:額を除いた、絵だけのサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
【骨董品の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※共箱の中に略歴が入っている場合がございます。【例】作家名:井上萬二作品名:白磁春秋彫文耳付花瓶
2:共箱(作家名や作品名の書かれた桐の箱)はありますか?【例】共箱:有
3:陶磁器の場合 箱を除いた、作品自体のサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
買取までの流れ(一般のお客様)
1:上記ポイントをご確認の上、無料査定フォーム、またはフリーコール(0120-081-560)もしくはメール(info@artkaitori.com)にて、お気軽にお問い合わせください。
2:専門のスタッフが相場に応じて、しっかりと査定致します。
3:お電話もしくはメールで、おおよその査定金額をご提示致します。
●出張買取の場合
・日程を調整して、ご自宅に訪問させて頂きます。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。4日程をご調整頂き、弊社へご持参ください。
●弊社お持込の場合
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。
●宅配買取の場合
・必要書類・梱包材を、お客様のご自宅(会社)に発送致します。
・必要書類にご記入頂き、作品を梱包して下さい。
・作品は、着払いで当社へご発送ください。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・お振込にて、お支払いさせて頂きます。
査定ご希望の方はこちらから無料買取査定フォーム
初めての美術品売却
取り扱い美術品 絵画 買取 日本画 洋画(日本人) 洋画(外国人) 現代アート 具体美術 中国美術 インテリアアート・その他 骨董品 買取 陶磁器 茶道具 掛軸 彫刻・ブロンズ 象牙 骨董品 その他 西洋アンティーク 買取 ガラス工芸 西洋アンティーク 陶磁器 西洋アンティーク 彫刻ブロンズ 西洋アンティーク 19世紀絵画
買取 動画
正社員アルバイト求人情報
営業拠点
名古屋本社
愛知県名古屋市中区
新栄1-12-26AKKビル10F
愛知県公安委員会
第541020001600号
東京支社
東京都中央区銀座8-18-4
東銀座ビル7F
東京都公安委員会
第301060305502号
神奈川支社
神奈川県横浜市中区
上野町1-24-2
神奈川県公安委員会
第451360014687号
大阪支社
大阪市住吉区帝塚山東
1-3-34PLOT帝塚山ビル1F
大阪府公安委員会
第621221302910号
九州支社
福岡市博多区博多駅南2-1-5
博多サンシティビル507
福岡県公安委員会
第909990041404号
仙台支社
宮城県仙台市青葉区本町
2-1-8 第一広瀬ビル4F
宮城県公安委員会
第221000001130号
広島支社
広島県広島市中区本川町
2-1-13和光パレス2A
広島県公安委員会
第731021400007号
インフォーメーション
出張買取(無料) ■北海道
[北海道・札幌]
■東北
[青森岩手宮城秋田山形福島]
■北関東
[茨城栃木群馬山梨]
■南関東
[東京・銀座神奈川・横浜埼玉千葉]
■信越
[新潟長野]
■北陸
[富山石川福井]
■東海
[愛知・名古屋岐阜静岡三重]
■近畿
[大阪兵庫・神戸京都滋賀奈良和歌山]
■中国
[鳥取島根岡山広島山口]
■四国
[徳島香川愛媛高知]
■九州
[福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島]
■沖縄
[沖縄]
info@artkaitori.com