こちらのページはスマートフォン専用です。

※ご使用の端末でこちらが表示された場合は、PC専用サイトをご覧ください。

http://www.artkaitori.com/
酒井田柿右衛門(サカイダ カキエモン) 査定|陶磁器の相場・売却の相談ならば骨董品 買取専門のアート買取協会にて高価査定を実施しております。
骨董品取扱作家一覧(陶磁器)

酒井田柿右衛門(サカイダ カキエモン)

弊社では酒井田柿右衛門(サカイダカキエモン)の作品を探しております。
酒井田柿右衛門(サカイダカキエモン)の作品も無料で買取査定しております。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

過去の買取実績|酒井田柿右衛門の陶磁器の売却をご検討のお客様へ

  • 濁手菖蒲文皿十四代酒井田柿右衛門
    濁手菖蒲文皿
  • 濁手葡萄文額皿十四代酒井田柿右衛門
    濁手葡萄文額皿
  • 濁手蔦文菓子鉢十四代酒井田柿右衛門
    濁手蔦文菓子鉢
  • 濁手草花文瓶十四代酒井田柿右衛門
    濁手草花文瓶
  • 濁手草花文花瓶十四代酒井田柿右衛門
    濁手草花文花瓶
  • 濁手山吹文皿十四代酒井田柿右衛門
    濁手山吹文皿
  • 濁手紅葉文皿十四代酒井田柿右衛門
    濁手紅葉文皿
  • 濁手柿文皿十四代酒井田柿右衛門
    濁手柿文皿
  • 濁手花散らし文蓋物十四代酒井田柿右衛門
    濁手花散らし文蓋物
  • 濁手やぶでまり文花瓶十四代酒井田柿右衛門
    濁手やぶでまり文花瓶
  • 濁手梅鳥文壷十三代酒井田柿右衛門
    濁手梅鳥文壷
  • 濁手赤濃地文ぐい呑十三代酒井田柿右衛門
    濁手赤濃地文ぐい呑
  • 濁手岩牡丹文額皿十三代酒井田柿右衛門
    濁手岩牡丹文額皿
  • 花鳥文花瓶酒井田柿右衛門
    花鳥文花瓶
  • 紅白梅文皿酒井田柿右衛門
    紅白梅文皿
  • 濁手朝顔文花瓶十四代 酒井田柿右衛門
    濁手朝顔文花瓶
  • 濁手野茶花文皿十四代 酒井田柿右衛門
    濁手野茶花文皿
  • 濁手草花文花瓶十四代 酒井田柿右衛門
    濁手草花文花瓶
  • 濁手桜文花瓶十四代 酒井田柿右衛門
    濁手桜文花瓶
  • 濁手葡萄文花瓶十四代 酒井田柿右衛門
    濁手葡萄文花瓶
  • 染錦瓢文睦揃十四代 酒井田柿右衛門
    染錦瓢文睦揃
  • 錦牡丹文酒器十四代 酒井田柿右衛門
    錦牡丹文酒器
  • 濁手唐草文赤濃蓋物十三代 酒井田柿右衛門
    濁手唐草文赤濃蓋物
  • 錦桐鳳凰文鉢酒井田柿右衛門
    錦桐鳳凰文鉢
  • 錦牡丹花鳥文六角花瓶酒井田柿右衛門
    錦牡丹花鳥文六角花瓶
  • 花鳥文酒器酒井田柿右衛門
    花鳥文酒器
  • 錦牡丹鳥文陶額十三代 酒井田柿右衛門
    錦牡丹鳥文陶額
  • 濁手秋桜文皿十四代 酒井田柿右衛門
    濁手秋桜文皿
  • 錦草花文花瓶十三代 酒井田柿右衛門
    錦草花文花瓶
  • 濁手 石楠花十四代 酒井田柿右衛門
    濁手 石楠花
  • 染錦鮎紋花瓶十二代 酒井田柿右衛門
    染錦鮎紋花瓶
  • 錦菊文ぐい呑十三代 酒井田柿右衛門
    錦菊文ぐい呑
  • 濁手花柘榴文瓶十四代 酒井田柿右衛門
    濁手花柘榴文瓶
  • 濁手茶碗山つつじ文十四代 酒井田柿右衛門
    濁手茶碗山つつじ文
  • 濁手藤文花瓶十四代 酒井田柿右衛門
    濁手藤文花瓶
  • 濁手撫子文花瓶十四代 酒井田柿右衛門
    濁手撫子文花瓶
  • 濁手蘭文香炉酒井田柿右衛門
    濁手蘭文香炉
  • 染錦地紋山水画煎茶器酒井田柿右衛門
    染錦地紋山水画煎茶器
  • 濁手梅花地文壺酒井田柿右衛門
    濁手梅花地文壺
  • 濁手椿文大皿酒井田柿右衛門
    濁手椿文大皿
  • 濁手三方割花文花瓶酒井田柿右衛門
    濁手三方割花文花瓶
  • 濁手藤花文花瓶酒井田柿右衛門
    濁手藤花文花瓶
  • 錦菊鳥文湯呑(窯物)酒井田柿右衛門
    錦菊鳥文湯呑(窯物)
  • 濁手三方割花瓶酒井田柿右衛門
    濁手三方割花瓶
  • 濁手輪花型澤皿陽刻薮手毬文酒井田柿右衛門
    濁手輪花型澤皿陽刻薮手毬文
  • 濁手柿文花瓶酒井田柿右衛門
    濁手柿文花瓶
  • 濁手三方割花文香炉酒井田柿右衛門
    濁手三方割花文香炉
  • 濁手山ふじ文花瓶酒井田柿右衛門
    濁手山ふじ文花瓶
  • 濁手桜文皿酒井田柿右衛門
    濁手桜文皿
  • 濁手山つつじ文水注酒井田柿右衛門
    濁手山つつじ文水注
  • 濁手菱形香炉酒井田柿右衛門
    濁手菱形香炉
  • 錦花鳥文額皿酒井田柿右衛門
    錦花鳥文額皿
  • 錦花鳥文壷酒井田柿右衛門
    錦花鳥文壷
  • 錦 葡萄文一輪生酒井田柿右衛門
    錦 葡萄文一輪生
  • 濁手枝垂桜文皿十四代・酒井田柿右衛門
    濁手枝垂桜文皿
  • 濁手蓼文花瓶十四代・酒井田柿右衛門
    濁手蓼文花瓶
  • 濁手柘榴文花瓶十四代・酒井田柿右衛門
    濁手柘榴文花瓶
  • 錦松竹梅鳥文額皿十四代・酒井田柿右衛門
    錦松竹梅鳥文額皿
  • 濁手牡丹文花瓶十四代・酒井田柿右衛門
    濁手牡丹文花瓶
  • 濁手鬼灯文鉢十四代・酒井田柿右衛門
    濁手鬼灯文鉢
  • 錦山つつじ皿十四代・酒井田柿右衛門
    錦山つつじ皿
  • 濁手山葡萄文花瓶十四代・酒井田柿右衛門
    濁手山葡萄文花瓶
  • 苺花文ぐい呑十四代・酒井田柿右衛門
    苺花文ぐい呑
  • 濁手撫子文皿十四代・酒井田柿右衛門
    濁手撫子文皿
  • 錦花鳥文花瓶十三代・酒井田柿右衛門
    錦花鳥文花瓶
  • 錦梅鳥文花瓶 十四代・酒井田柿右衛門
    錦梅鳥文花瓶
  • 染錦柿文皿十四代・酒井田柿右衛門
    染錦柿文皿
  • 染錦柿文茶器十四代・酒井田柿右衛門
    染錦柿文茶器
  • 濁手山葡萄門陶筥十四代・酒井田柿右衛門
    濁手山葡萄門陶筥
  • 濁手松文六角花器十四代・酒井田柿右衛門
    濁手松文六角花器
  • 置物 象酒井田柿右衛門
    置物 象
  • 錦鹿追人物文陶額十三代・酒井田柿右衛門
    錦鹿追人物文陶額
  • 錦椿文額皿十三代・酒井田柿右衛門
    錦椿文額皿
  • 染錦絵花鳥文皿十三代・酒井田柿右衛門
    染錦絵花鳥文皿
  • 錦花鳥文花瓶十四代・酒井田柿右衛門
    錦花鳥文花瓶
  • 濁手紅葉文瓶十四代・酒井田柿右衛門
    濁手紅葉文瓶
  • 錦黄樝地文鉢酒井田柿右衛門
    錦黄樝地文鉢

※画像をクリックすると拡大します。

酒井田柿右衛門を強化買取しております。他社よりも高い査定額に自信があります!

美術品は非常に奥が深く、査定する人の知識や情報量が査定額に大きく影響する部分でもあります。故に、当社では作品情報・買取実績や相場などを詳しく記載した酒井田柿右衛門の買取に特化したホームページをご準備させて頂き、他社よりも高い査定額をご提示出来るように努めさせて頂いております。

酒井田柿右衛門の売却をご検討のお客様は過去の買取実績など照らし合わせて御参照頂けますと幸いです。

酒井田柿右衛門の買取実績や相場はこちらから

酒井田柿右衛門(サカイダ カキエモン) 骨董品|陶磁器

江戸時代、肥前国(佐賀県)有田の陶芸家、および代々その子孫(後継者)が襲名
1971年 重要無形文化財認定 ※当代は十五代。

歴史

良質の陶土が発見されたため現在の佐賀県西松浦郡有田町に移住した酒井田円西は、息子である喜三右衛門とともに陶器や白磁、染付などの磁器を製作していたが、やがて17世紀前半に喜三右衛門は赤絵磁器の焼成に成功し、柿右衛門を名乗った。

初代は乳白色(濁手)の地肌に赤色系の上絵を焼き付けるという柿右衛門様式(後述)と呼ばれる磁器の作風を確立し、その作品はヨーロッパなどにも輸出されマイセン窯などでは模倣品も作られた。また、磁器の発祥地である中国の景徳鎮窯にも影響を与え(景徳鎮伊万里)、同様の作品が作られやはりヨーロッパに輸出された。

1666年に没した初代、その息子である二代(1620年-1661年)、二代の弟の三代(1622年-1672年)は製作期が重なっており、作風にも大きな差は見られない。また、三者とも極めて技量が高かったと言われる。これに加えて四代(三代の息子、1640年-1679年)までの間が初期柿右衛門とされる。

続く17世紀後半から18世紀前半にかけての約90年間、五代(1660年-1691年)から七代までが中期柿右衛門とされる。五代は技量が芳しくなかったために、1685年を以って鍋島藩からの恒常的な発注が差し止められた。六代(1690年-1735年)は意匠・細工に優れた叔父の渋右衛門にも助けられ、食器類のほか花器、香炉など様々な磁器製品を高い水準で量産することに成功したため、中興の祖とされる。

また1724年には嘆願書を藩に提出し、臨時の発注の一部が酒井田家に用命されることとなった。この一方で、高い技術が要されることなどから七代(1711年-1764年)以降に濁手の作品は中絶してしまう。

18世紀前半から19世紀にかけての八代(1734年-1781年)、九代(1776年-1836年)と十代(1805年-1860年)の期間は後期柿右衛門とされ、主に染付の磁器を製作した。七代から八代にかけては四角の中に福の字が入った「角福」と呼ぶマークを施したものが多い。これは明清の陶磁器に元々あったものである。

近代以降では、十一代(1839年-1916年、1860年に襲名)は「角福」のマークの商標登録の可否などを争う訴訟を起こして経済的に困窮したが、海外にも積極的な出品を行なった。1919年には出資する事業家と共同で十二代が柿右衛門合資会社を設立し、赤絵技術と「角福」銘を供与した。しかし美術品の制作を志向する十二代(1878年-1963年)は会社と経営方針が合わず、1928年に関係を解消した。以降それぞれが「柿右衛門」作品を制作したが、1969年に和解し、その後合資会社は名義を使用していない。

十二代と十三代(1906年-1982年)は1947年頃から濁手の復活を目標とし、1953年に初めて濁手の作品を発表した。濁手の製作技術は1955年に国の選択無形文化財に選択され、1971年には重要無形文化財に指定されている(保持団体として柿右衛門製陶技術保存会を認定)。

柿右衛門様式

柿右衛門様式は、主に大和絵的な花鳥図などを題材として暖色系の色彩で描かれ、非対称で乳白色の余白が豊かな構図が特徴である。上絵の色には赤・黄・緑、そして青・紫・金などが用いられる。

また、器の口縁に「口銹」と言われる銹釉が施されている例も多い。同じ有田焼でも、緻密な作風の鍋島様式や寒色系で余白の少ない古九谷様式と異なり、柔らかく暖かな雰囲気を感じさせる。

濁手と呼ばれる独特の乳白色の地色は、赤色の釉薬との組み合わせによって非常に映えると言われる。しかし、原料となる土の耐火性が強いなど調合が困難である。さらに焼成時・乾燥時の体積変化が非常に大きいため、作製が困難であり歩留まりが良くない。

図柄には「岩梅に鳥」「もみじに鹿」「竹に虎」「粟に鶉」など典型的なパターンがいくつかある。絵柄は時代とともに変化しており、初期は明赤絵の影響があったが、やがて狩野派、土佐派、四条派、琳派などの影響が入っていった。近年は写生を基にした現代的な画風が多い。

(参考出展:wikipedia)
買取の流れ
スムーズなお取り引きのために
◆下記のポイントをあらかじめお調べの上、控えておいてください。
【絵画の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※額の裏や箱に記載されている場合があります【例】作家名:上村松園作品名:鼓の音。
2:絵画の技法は分かりますか?(日本画、油彩、版画、水彩など)【例】技法:日本画
3:額を除いた、絵だけのサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
【骨董品の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※共箱の中に略歴が入っている場合がございます。【例】作家名:井上萬二作品名:白磁春秋彫文耳付花瓶
2:共箱(作家名や作品名の書かれた桐の箱)はありますか?【例】共箱:有
3:陶磁器の場合 箱を除いた、作品自体のサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
買取までの流れ(一般のお客様)
1:上記ポイントをご確認の上、無料査定フォーム、またはフリーコール(0120-081-560)もしくはメール(info@artkaitori.com)にて、お気軽にお問い合わせください。
2:専門のスタッフが相場に応じて、しっかりと査定致します。
3:お電話もしくはメールで、おおよその査定金額をご提示致します。
●出張買取の場合
・日程を調整して、ご自宅に訪問させて頂きます。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。4日程をご調整頂き、弊社へご持参ください。
●弊社お持込の場合
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。
●宅配買取の場合
・必要書類・梱包材を、お客様のご自宅(会社)に発送致します。
・必要書類にご記入頂き、作品を梱包して下さい。
・作品は、着払いで当社へご発送ください。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・お振込にて、お支払いさせて頂きます。
査定ご希望の方はこちらから無料買取査定フォーム
初めての美術品売却
取り扱い美術品 絵画 買取 日本画 洋画(日本人) 洋画(外国人) 現代アート 具体美術 中国美術 インテリアアート・その他 骨董品 買取 陶磁器 茶道具 掛軸 彫刻・ブロンズ 象牙 骨董品 その他 西洋アンティーク 買取 ガラス工芸 西洋アンティーク 陶磁器 西洋アンティーク 彫刻ブロンズ 西洋アンティーク 19世紀絵画
買取 動画
作家検索
正社員アルバイト求人情報
営業拠点
名古屋本社
愛知県名古屋市中区
新栄1-12-26AKKビル10F
愛知県公安委員会
第541020001600号
東京支社
東京都中央区銀座8-18-4
東銀座ビル7F
東京都公安委員会
第301060305502号
神奈川支社
神奈川県横浜市中区
上野町1-24-2
神奈川県公安委員会
第451360014687号
大阪支社
大阪市阿倍野区帝塚山
1-9-6 TZY196ビル1F
大阪府公安委員会
第621221302910号
九州支社
福岡市博多区博多駅南2-1-5
博多サンシティビル507
福岡県公安委員会
第909990041404号
仙台支社
宮城県仙台市青葉区本町
2-1-8 第一広瀬ビル4F
宮城県公安委員会
第221000001130号
広島支社
広島県広島市中区本川町
2-1-13和光パレス2A
広島県公安委員会
第731021400007号
インフォーメーション
出張買取(無料) ■北海道
[北海道・札幌]
■東北
[青森岩手宮城秋田山形福島]
■北関東
[茨城栃木群馬山梨]
■南関東
[東京・銀座神奈川・横浜埼玉千葉]
■信越
[新潟長野]
■北陸
[富山石川福井]
■東海
[愛知・名古屋岐阜静岡三重]
■近畿
[大阪兵庫・神戸京都滋賀奈良和歌山]
■中国
[鳥取島根岡山広島山口]
■四国
[徳島香川愛媛高知]
■九州
[福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島]
■沖縄
[沖縄]
LINE査定
info@artkaitori.com