こちらのページはスマートフォン専用です。

※ご使用の端末でこちらが表示された場合は、PC専用サイトをご覧ください。

http://www.artkaitori.com/
エミール・ガレ(Emile Galle) 査定|西洋アンティーク ガラスの相場・売却の相談ならばアート買取協会にて高価査定を実施しております。
西洋アンティーク取扱作家一覧(ガラス工芸)

エミール・ガレ(Emile Galle)

弊社ではエミールガレ(EmileGalle)の作品を探しております。
エミールガレ(EmileGalle)の作品も無料で買取査定しております。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

過去の買取実績|エミール・ガレの西洋アンティークをご検討のお客様へ

  • リンボク文花瓶ガレ
    リンボク文花瓶
  • フリージア文花瓶ガレ
    フリージア文花瓶
  • ジャスミン紋様花瓶ガレ
    ジャスミン紋様花瓶
  • 葉文花瓶ガレ
    葉文花瓶
  • 花文花瓶ガレ
    花文花瓶
  • 花文花器ガレ
    花文花器
  • アイリス文花瓶ガレ
    アイリス文花瓶
  • 桜草文アトマイザーガレ
    桜草文アトマイザー
  • 蟋蟀蓋物(セラミック)ガレ
    蟋蟀蓋物(セラミック)
  • 桜草文鶴首瓶エミール ガレ
    桜草文鶴首瓶
  • 花文花瓶エミール ガレ
    花文花瓶
  • オンベル文花入ガレ
    オンベル文花入
  • マグノリア文花器エミール ガレ
    マグノリア文花器
  • バラ文花瓶エミール ガレ
    バラ文花瓶
  • 花文花瓶エミール ガレ
    花文花瓶
  • 花門花瓶エミール ガレ
    花門花瓶
  • 教会のある風景文花瓶エミール ガレ
    教会のある風景文花瓶
  • 湖水風景文花瓶エミール ガレ
    湖水風景文花瓶
  • 山水風景文花瓶エミール ガレ
    山水風景文花瓶
  • ニワウルシ文花瓶エミール ガレ
    ニワウルシ文花瓶
  • アネモネ文花瓶エミール ガレ
    アネモネ文花瓶
  • ヤツデ文花瓶エミール ガレ
    ヤツデ文花瓶
  • 華蔓草文花瓶エミール ガレ
    華蔓草文花瓶
  • 花文 ヴェイユーズエミール ガレ
    花文 ヴェイユーズ
  • 藤文花瓶エミール ガレ
    藤文花瓶
  • 花文花瓶エミール ガレ
    花文花瓶
  • マグノリア文花瓶エミール ガレ
    マグノリア文花瓶
  • 花文水差し(エナメル彩)エミール ガレ
    花文水差し(エナメル彩)
  • 木の実文耳付花瓶エミール ガレ
    木の実文耳付花瓶
  • チューリップ型花瓶エミール ガレ
    チューリップ型花瓶
  • 菊文花瓶エミール ガレ
    菊文花瓶
  • 湖水風景文花瓶エミール ガレ
    湖水風景文花瓶
  • 薔薇文天吊灯エミール ガレ
    薔薇文天吊灯
  • 蜻蛉文スタンドエミール ガレ
    蜻蛉文スタンド
  • エナメル花文円筒花瓶エミール ガレ
    エナメル花文円筒花瓶
  • 木の実文花瓶エミール ガレ
    木の実文花瓶
  • 木蓮文扁壷エミール ガレ
    木蓮文扁壷
  • バラ文花瓶エミール ガレ
    バラ文花瓶
  • 薊とロレーヌ十字文花器エミール ガレ
    薊とロレーヌ十字文花器
  • 芙蓉文花瓶エミール ガレ
    芙蓉文花瓶
  • アイリス文花瓶エミール ガレ
    アイリス文花瓶
  • アネモネ文花瓶エミール ガレ
    アネモネ文花瓶
  • 羊歯文花瓶エミール ガレ
    羊歯文花瓶
  • 木の実文花瓶エミール ガレ
    木の実文花瓶

※画像をクリックすると拡大します。

エミール・ガレを強化買取しております。他社よりも高い査定額に自信があります!

美術品は非常に奥が深く、査定する人の知識や情報量が査定額に大きく影響する部分でもあります。故に、当社では作品情報・買取実績や相場などを詳しく記載したエミール・ガレの買取に特化したホームページをご準備させて頂き、他社よりも高い査定額をご提示出来るように努めさせて頂いております。

エミール・ガレの売却をご検討のお客様は過去の買取実績など照らし合わせて御参照頂けますと幸いです。

エミール・ガレの買取実績や相場はこちらから

エミール ガレ(Emile Galle)1846~1904 西洋アンティーク|ガラス工芸

1846 フランスロレーヌ地方ナンシーで生まれる
1858 ナンシー帝立高等中学校(リセ)に入学
1865~1867 ドイツのヴァイマルに留学し、ドイツ語の研修とデザインを修めた
1877 父に代わって工場管理責任者となった
1878 パリ万国博覧会に独自に開発した'月光色'ガラスや陶器を出品し、銅賞を受賞。
1889 パリ万博に作品を出品、ガラス部門でグランプリ、陶器部門で金メダル、家具部門で銀賞
1898 「マルケトリ技法」、「パチネ素材」で特許を取得
1900 パリ万博にガラス器、家具を出品。再びグランプリを獲得
1901 「エコール・ド・ナンシー」(ナンシー派)の会長に就任した
1904 白血病により死去

概要・その他

1846年5月4日、フランスロレーヌ地方ナンシーで誕生。1858年にナンシー帝立高等中学校(リセ)に入学。修辞学、文学、哲学、植物学、に優れた成績を修めた。1865年の秋から67年までドイツのヴァイマルに留学し、ドイツ語の研修とデザインを修めた。1866年から67年にかけて、マイゼンタールのブルグン・シュヴェーラー社 (Burgun, Schwerer & Cie.) のガラス工場でガラス製造の技術を習得した。

1870年、プロシアとフランスの間に普仏戦争が始まり、ガレは義勇軍に志願した。1871年にプロシア軍はフランス軍を圧倒しパリに入城。敗戦国となったフランスはフランクフルト条約によりガレの故郷ロレーヌ地方の一部とアルザス全域を割譲した。退役後、父についてイギリスを訪問し、サウス・ケンジントン美術館を見学した。1877年に父に代わって工場管理責任者となった。

1878年、パリ万国博覧会に独自に開発した'月光色'ガラス(酸化コバルトによって淡青色に発色させた素地)や陶器を出品し、銅賞を受賞。また庭園装飾のための陶器で銀賞を受賞。1884年、装飾美術中央連盟主催の「石木土そしてガラス」展に出品し、金賞を受賞。1885年より、ナンシー水利森林学校に留学中の農商務省官僚で美術に造詣の深い高島得三と交流を持ち、日本の文物や植物などの知識を得たといわれる。水墨画を得意とする高島はナンシーで400点ほどの作品を描いた。ガレも高島から2点の絵画を譲られたという。このような交流が契機となって、ガレは水墨画的なぼかし表現を伴う黒褐色のガラス(のちに作者により「悲しみの花瓶」と命名された)を生み出すに至る。1887年頃のことである。

1886年、ナンシーの自宅近辺に建設した家具工房で製造を開始。1889年のパリ万博に大量の作品を出品、また自社製パヴィリオンを用意して展示作品の演出も試みた。その結果、ガラス部門でグランプリ、陶器部門で金メダル、家具部門で銀賞を受賞し、装飾工芸家として国際的な評価を得る。特に黒褐色のガラス素地を使用した一連の作品は評判がよかった。代表作に「オルフェウスとエウリディケ」がある。1894年に家具工場が建つ敷地を買い増しして、ガラス製造のための工場を完成させる。1898年には「マルケトリ技法」、「パチネ素材」で特許を取得した。1900年のパリ万博に大量のガラス器、家具を出品。再びグランプリを獲得し、ますます評価を高めた。 1901年、「エコール・ド・ナンシー」(ナンシー派)の会長に就任した。

1903年、パリのルーブル宮マルサン館で開催されたナンシー派展に出品。1904年9月23日、白血病により死去、58歳。その後工房は、画家のヴィクトール・プルーヴェと夫人のアンリエットによって経営を続けた。製造品目はエッチングによるカメオ彫り製品が大半を占めた。1914年~18年の第一次世界大戦中に一時製造を中止。1918年には娘婿のポール・ペルドリーゼによって製造を再開したが、1931年に会社は解散。工場の敷地は売却された。

主なる作品

・マルケトリ(marqueterie):ガラスパーツをガラスへ象嵌する技法。
・パチネ(patine):「古色をつけた」の意味。ガラスの表面を錆色にくもらせたり、濁らせる技法。
「もの言うガラス」:表面に詩の一節や警句などを記すデザインのガラス器についた名前。

(参考出展:wikipedia)
買取の流れ
スムーズなお取り引きのために
◆下記のポイントをあらかじめお調べの上、控えておいてください。
【絵画の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※額の裏や箱に記載されている場合があります【例】作家名:上村松園作品名:鼓の音。
2:絵画の技法は分かりますか?(日本画、油彩、版画、水彩など)【例】技法:日本画
3:額を除いた、絵だけのサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
【骨董品の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※共箱の中に略歴が入っている場合がございます。【例】作家名:井上萬二作品名:白磁春秋彫文耳付花瓶
2:共箱(作家名や作品名の書かれた桐の箱)はありますか?【例】共箱:有
3:陶磁器の場合 箱を除いた、作品自体のサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
買取までの流れ(一般のお客様)
1:上記ポイントをご確認の上、無料査定フォーム、またはフリーコール(0120-081-560)もしくはメール(info@artkaitori.com)にて、お気軽にお問い合わせください。
2:専門のスタッフが相場に応じて、しっかりと査定致します。
3:お電話もしくはメールで、おおよその査定金額をご提示致します。
●出張買取の場合
・日程を調整して、ご自宅に訪問させて頂きます。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。4日程をご調整頂き、弊社へご持参ください。
●弊社お持込の場合
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。
●宅配買取の場合
・必要書類・梱包材を、お客様のご自宅(会社)に発送致します。
・必要書類にご記入頂き、作品を梱包して下さい。
・作品は、着払いで当社へご発送ください。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・お振込にて、お支払いさせて頂きます。
査定ご希望の方はこちらから無料買取査定フォーム
初めての美術品売却
取り扱い美術品 絵画 買取 日本画 洋画(日本人) 洋画(外国人) 現代アート 具体美術 中国美術 インテリアアート・その他 骨董品 買取 陶磁器 茶道具 掛軸 彫刻・ブロンズ 象牙 骨董品 その他 西洋アンティーク 買取 ガラス工芸 西洋アンティーク 陶磁器 西洋アンティーク 彫刻ブロンズ 西洋アンティーク 19世紀絵画
買取 動画
作家検索
正社員アルバイト求人情報
営業拠点
名古屋本社
愛知県名古屋市中区
新栄1-12-26AKKビル10F
愛知県公安委員会
第541020001600号
東京支社
東京都中央区銀座8-18-4
東銀座ビル7F
東京都公安委員会
第301060305502号
神奈川支社
神奈川県横浜市中区
上野町1-24-2
神奈川県公安委員会
第451360014687号
大阪支社
大阪市阿倍野区帝塚山
1-9-6 TZY196ビル1F
大阪府公安委員会
第621221302910号
九州支社
福岡市博多区博多駅南2-1-5
博多サンシティビル507
福岡県公安委員会
第909990041404号
仙台支社
宮城県仙台市青葉区本町
2-1-8 第一広瀬ビル4F
宮城県公安委員会
第221000001130号
広島支社
広島県広島市中区本川町
2-1-13和光パレス2A
広島県公安委員会
第731021400007号
インフォーメーション
出張買取(無料) ■北海道
[北海道・札幌]
■東北
[青森岩手宮城秋田山形福島]
■北関東
[茨城栃木群馬山梨]
■南関東
[東京・銀座神奈川・横浜埼玉千葉]
■信越
[新潟長野]
■北陸
[富山石川福井]
■東海
[愛知・名古屋岐阜静岡三重]
■近畿
[大阪兵庫・神戸京都滋賀奈良和歌山]
■中国
[鳥取島根岡山広島山口]
■四国
[徳島香川愛媛高知]
■九州
[福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島]
■沖縄
[沖縄]
LINE査定
info@artkaitori.com