こちらのページはスマートフォン専用です。

※ご使用の端末でこちらが表示された場合は、PC専用サイトをご覧ください。

http://www.artkaitori.com/
呉昌碩(ゴ ショウセキ) 査定|中国美術の相場・売却の相談ならば中国美術 買取専門のアート買取協会にて高価査定を実施しております。
絵画取扱作家一覧(インテリアアート・その他)

呉昌碩(ゴ ショウセキ)

弊社では呉昌碩(ゴショウセキ)の作品を探しております。
呉昌碩(ゴショウセキ)の作品も無料で買取査定しております。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

  • 呉缶翁竹石呉昌碩
    呉缶翁竹石

※画像をクリックすると拡大します。

呉昌碩(ゴ ショウセキ)1844~1927年 中国美術

曽祖父、祖父、伯父、父のみなが郷試に及第して挙人となるエリート家系だった。父の呉辛甲は私塾教師であった。幼少の頃、父に篆刻を学んだが家計が苦しいために印材を調達できず、レンガに釘で文字を彫るなどした。このころからその才能の片鱗を示していたという。

生まれる4年前にはアヘン戦争が勃発し、清朝が斜陽を迎えつつあった時代であったが16歳までは安定した生活を送り、塾に通い古文や篆刻を学ぶ。17歳のとき、太平天国の乱が起き、戦火を逃れるため避難生活を余儀なくされ、湖北省や安徽省などを5年間彷徨った。

この間に弟と妹が相次いで餓死。また昌碩の母の面倒を看るために故郷に残っていた許嫁の章夫人をも失うという悲劇を体験。 しばらく学問に励み、22歳で清朝官僚を経験するが、25歳になると幕客(高級官僚の私設秘書)となり各地に仕え放浪する。兪曲園に就いて訓詁学や修辞学を学ぶ。

29歳のとき、杭州や蘇州、上海などに遊学。蘇州では師友の楊峴に就いて書の研鑽に励んだ。その他に呉痩緑(山)に篆隷篆刻の法を学び、施浴升(旭臣)に詩法を受け、施補華(均甫)・譚献(仲修)らに詩作の啓発を受けている。また収蔵家として有名な呉雲・呉大澂・潘祖蔭・沈汝瑾との交流により鑑賞眼を高めている。

施氏と結婚後、上海にて棲み、書や篆刻を売って生計を立てたが生活は苦しかった。1894年に日清戦争が始まるとわずかな期間江蘇省安東県の知県(知事)を務めるもわずか一ヶ月で致仕する。

その後、50歳を過ぎて著名な芸術家の任伯年から本格的に画を学ぶ。この頃、上海の富裕層が呉昌碩の文人画を好んで買うようになり画名が高まった。やがて書や篆刻も高値で取引されるようになる。

晩年には張熊・蒲華・胡遠(公寿)・康有為などとも交わった。1903年、葉銘、丁仁・王禔・呉隠らと西湖湖畔に西泠印社を設立し初代社長となる。以降、上海を中心に活躍。1927年、中風が悪化し病没。享年84。

作風と業績

呉昌碩は特に篆刻の評価が高く、はじめ浙派に学び、ついで鄧派の影響を受け、さらに石鼓文などの研究を通して独自の刻風を生み出した。辛亥革命以降人気が急激にあがり日本でも日下部鳴鶴、犬養毅などが自用印を注文している。篆刻家の河井荃廬は彼を敬慕してついに西泠印社に入社した。

画は明の徐渭や清初の八大山人・石濤らから多くを吸収し、気品の有る個性的な画風を確立。揚州八怪や趙之謙らも参考としている。梅、藤、菊、牡丹などの花卉画を得意とした。書は周代の石鼓文に基づき篆書に新様式を確立した。画上の書、跋文、硯銘などには行草書も多い。

詩・書・画・篆刻ともに精通し、「四絶」と称賛され、中国近代でもっとも優れた芸術家となった。斉白石は彼の芸術に心服している。また西泠印社では金石学を研究する一方、文物の収集や保存、出版事業など中国の文化芸術の称揚に大きく貢献した。

(参考出展:wikipedia)
買取の流れ
スムーズなお取り引きのために
◆下記のポイントをあらかじめお調べの上、控えておいてください。
【絵画の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※額の裏や箱に記載されている場合があります【例】作家名:上村松園作品名:鼓の音。
2:絵画の技法は分かりますか?(日本画、油彩、版画、水彩など)【例】技法:日本画
3:額を除いた、絵だけのサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
【骨董品の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※共箱の中に略歴が入っている場合がございます。【例】作家名:井上萬二作品名:白磁春秋彫文耳付花瓶
2:共箱(作家名や作品名の書かれた桐の箱)はありますか?【例】共箱:有
3:陶磁器の場合 箱を除いた、作品自体のサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
買取までの流れ(一般のお客様)
1:上記ポイントをご確認の上、無料査定フォーム、またはフリーコール(0120-081-560)もしくはメール(info@artkaitori.com)にて、お気軽にお問い合わせください。
2:専門のスタッフが相場に応じて、しっかりと査定致します。
3:お電話もしくはメールで、おおよその査定金額をご提示致します。
●出張買取の場合
・日程を調整して、ご自宅に訪問させて頂きます。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。4日程をご調整頂き、弊社へご持参ください。
●弊社お持込の場合
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。
●宅配買取の場合
・必要書類・梱包材を、お客様のご自宅(会社)に発送致します。
・必要書類にご記入頂き、作品を梱包して下さい。
・作品は、着払いで当社へご発送ください。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・お振込にて、お支払いさせて頂きます。
査定ご希望の方はこちらから無料買取査定フォーム
初めての美術品売却
取り扱い美術品 絵画 買取 日本画 洋画(日本人) 洋画(外国人) 現代アート 具体美術 中国美術 インテリアアート・その他 骨董品 買取 陶磁器 茶道具 掛軸 彫刻・ブロンズ 象牙 骨董品 その他 西洋アンティーク 買取 ガラス工芸 西洋アンティーク 陶磁器 西洋アンティーク 彫刻ブロンズ 西洋アンティーク 19世紀絵画
買取 動画
作家検索
正社員アルバイト求人情報
営業拠点
名古屋本社
愛知県名古屋市中区
新栄1-12-26AKKビル10F
愛知県公安委員会
第541020001600号
東京支社
東京都中央区銀座8-18-4
東銀座ビル7F
東京都公安委員会
第301060305502号
神奈川支社
神奈川県横浜市中区
上野町1-24-2
神奈川県公安委員会
第451360014687号
大阪支社
大阪市阿倍野区帝塚山
1-9-6 TZY196ビル1F
大阪府公安委員会
第621221302910号
九州支社
福岡市博多区博多駅南2-1-5
博多サンシティビル507
福岡県公安委員会
第909990041404号
仙台支社
宮城県仙台市青葉区本町
2-1-8 第一広瀬ビル4F
宮城県公安委員会
第221000001130号
広島支社
広島県広島市中区本川町
2-1-13和光パレス2A
広島県公安委員会
第731021400007号
インフォーメーション
出張買取(無料) ■北海道
[北海道・札幌]
■東北
[青森岩手宮城秋田山形福島]
■北関東
[茨城栃木群馬山梨]
■南関東
[東京・銀座神奈川・横浜埼玉千葉]
■信越
[新潟長野]
■北陸
[富山石川福井]
■東海
[愛知・名古屋岐阜静岡三重]
■近畿
[大阪兵庫・神戸京都滋賀奈良和歌山]
■中国
[鳥取島根岡山広島山口]
■四国
[徳島香川愛媛高知]
■九州
[福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島]
■沖縄
[沖縄]
info@artkaitori.com