外国人作家 買取|アート買取協会では洋画(外国人)の無料査定・高額買取を実施しております。出張による(全国対応)買取査定にも対応しております。

絵画 取扱作家(洋画外国人)

マルク・シャガール(Marc Chagall)

弊社ではマルクシャガール(MarcChagall)の作品を探しております。
マルクシャガール(MarcChagall)の作品も無料で買取査定しております。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

過去の買取実績|マルク・シャガールの絵画売却をご検討のお客様へ

  • ユダ族:エルサレムの窓よりマルク・シャガール
    ユダ族:エルサレムの窓より
  • ネプリタ族:エルサレムの窓よりマルク・シャガール
    ネプリタ族:エルサレムの窓より
  • 誕生マルク・シャガール
    誕生
  • 果物かごと恋人たちマルク・シャガール
    果物かごと恋人たち
  • 花束マルク・シャガール
    花束
  • ノートルダムの怪物マルク・シャガール
    ノートルダムの怪物
  • サーカスNo.493マルク・シャガール
    サーカスNo.493
  • 木の前のカップルマルク・シャガール
    木の前のカップル
  • 捧げ物マルク・シャガール
    捧げ物
  • 「アラビアンナイト」よりPL.8マルク・シャガール
    「アラビアンナイト」よりPL.8
  • 緑色の軽業師マルク・シャガール
    緑色の軽業師
  • 緑色のエッフェル塔マルク・シャガール
    緑色のエッフェル塔
  • 梯子マルク・シャガール
    梯子
  • 果樹園(ソルリエ版)マルク・シャガール
    果樹園(ソルリエ版)
  • ヨセフ族(エルサレムウィンドウ)マルク・シャガール
    ヨセフ族(エルサレムウィンドウ)
  • パリのヴィジョン「ヴェルブ誌 第27~28号」よりマルク・シャガール
    パリのヴィジョン
  • テクリトス「神々の大地で」よりマルク・シャガール
    テクリトス
  • The Rainbowマルク・シャガール
    The Rainbow
  • 聖ジャネの花(エスタンプ)マルク・シャガール
    聖ジャネの花(エスタンプ)
  • 魔笛マルク・シャガール
    魔笛
  • ベンジャミン族マルク・シャガール
    ベンジャミン族
  • アシェール族マルク・シャガール
    アシェール族
  • 「牧歌」マルク・シャガール
    「牧歌」
  • 画家とその二重像マルク・シャガール
    画家とその二重像
  • ダビデとバテシバ「聖書」よりマルク・シャガール
    ダビデとバテシバ「聖書」より
  • プロテウス「オデッセイ」よりマルク・シャガール
    プロテウス「オデッセイ」より
  • 口絵「オデッセイ」よりマルク・シャガール
    口絵「オデッセイ」より
  • ニンフたちの洞穴マルク・シャガール
    ニンフたちの洞穴
  • エオレの島「オデッセイ」よりマルク・シャガール
    エオレの島「オデッセイ」より
  • 「聖書」より Pl.101マルク・シャガール
    「聖書」より Pl.101
  • エッフェル塔のある自画像マルク・シャガール
    エッフェル塔のある自画像
  • プロフィールと赤色の子供「シャガール・リトグラフ第1巻(原書)よりマルク・シャガール
    プロフィールと赤色の子供
  • 愛の告白(デッサン)マルク・シャガール
    愛の告白(デッサン)
  • 青い横顔マルク・シャガール
    青い横顔
  • ベルシィ波止場:「D.L.M.誌」マルク・シャガール
    ベルシィ波止場:「D.L.M.誌」
  • パレードマルク・シャガール
    パレード
  • 魚と恋人たち「ニースとコートダジ」マルク・シャガール
    魚と恋人たち「ニースとコートダジ」
  • 赤い服の母と子マルク・シャガール
    赤い服の母と子
  • ノートルダムの眺めマルク・シャガール
    ノートルダムの眺め
  • ミモザマルク・シャガール
    ミモザ
  • アトリエの太陽マルク・シャガール
    アトリエの太陽
  • 冬の太陽マルク・シャガール
    冬の太陽
  • 天使に捧げる花束マルク・シャガール
    天使に捧げる花束
  • バラとミモザマルク・シャガール
    バラとミモザ
  • 緑の枝マルク・シャガール
    緑の枝
  • 花咲く波止場マルク・シャガール
    花咲く波止場
  • 青いアトリエマルク・シャガール
    青いアトリエ

※画像をクリックすると拡大します。

シャガールを強化買取しております。他社よりも高い査定額に自信があります!

美術品は非常に奥が深く、査定する人の知識や情報量が査定額に大きく影響する部分でもあります。故に、当社では作品情報・買取実績や相場などを詳しく記載したマルク・シャガールの買取に特化したホームページをご準備させて頂き、他社よりも高い査定額をご提示出来るように努めさせて頂いております。

シャガールの売却をご検討のお客様は過去の買取実績など照らし合わせて御参照頂けますと幸いです。

マルク・シャガールの買取実績や相場はこちらから

マルク・シャガール(Marc Chagall)1887~1985 洋画|外国人

1887 ヴィテブスク(現・ベラルーシ)に生まれる。両親はユダヤ人
1907 ぺテルスブルグの美術学校で学ぶ
1910 パリに出て、アカデミー・ジュリアンに通う。
1914 ベルリンで初個展。初期作品は印象派風だったが、ピカソを知り立体派に感化される
1941 第二次大戦の勃発を受け、ナチスの迫害を避けてアメリカへ亡命
1950 南仏に永住することを決意し、フランス国籍を取得
1960 エラスムス賞受賞。オペラ座の天井画を依頼され、1964年に完成
1985 死去

概要・その他

故郷ヴィテブスクは人口の大部分をユダヤ人が占めているシュテットルで、シャガール自身もユダヤ系(東欧系ユダヤ人)である。生涯、妻ベラ(ベラ・ローゼンフェルト)を一途に敬愛していたこと、ベラへの愛や結婚をテーマとした作品を多く製作していることから別名「愛の画家」と呼ばれる。1900年、4年制の公立学校に入学した。なお、この頃の同級生は彫刻家、画家のオシップ・ザッキンで、共に芸術家を目指した。

1907年、当時の首都サンクトペテルブルクのニコライ・リョーリフが学長を務める美術学校に入るが、同校のアカデミックな教育に満足しなかったシャガールはやがて1909年にレオン・バクストのズヴァンツェヴァ美術学校で学ぶことになる。バクストは当時のロシア・バレエ団の衣装デザインなどを担当していた人物である。シャガールは1910年パリに赴き、5年間の滞在の後、故郷へ戻る。この最初のパリ時代の作品にはキュビスムの影響が見られる。1915年に母が病死。同年にベラと結婚。10月革命(1917年)後のロシアでしばらく生活するが、1922年、故郷に見切りをつけ、ベルリンを経由して1923年にはふたたびパリへ戻る。

ロシア時代のシャガールはロシア・アバンギャルドに参加して構成主義の影響の濃い作品、デザイン的作品を制作したが、出国後の作品は「愛」の方への傾斜が認められる。 1941年、第二次世界大戦の勃発を受け、ナチスの迫害を避けてアメリカへ亡命した。なお、同郷人で最初の妻ベラ・ローゼンフェルトは1944年にアメリカで病死した。1947年にパリへ戻ったシャガールは、1950年から南フランスに永住することを決意し、フランス国籍を取得している。1952年、当時60歳台のシャガールはユダヤ人女性ヴァランティーヌ・ブロツキーと再婚した。1960年、エラスムス賞受賞。同年、当時のフランス共和国文化大臣でシャガールとも親交のあったアンドレ・マルローはオペラ座の天井画をシャガールに依頼。

これは1964年に完成している。1966年、シャガールは17点の連作『聖書のメッセージ』をフランス国家に寄贈した。マルローはこの連作を含むシャガールの作品を展示するための国立美術館の建設を推進し、ニース市が土地を提供する形で、1973年画家の86歳の誕生日に、ニース市に「マルク・シャガール聖書のメッセージ国立美術館」(現国立マルク・シャガール美術館)が開館した。1966年から20年近く暮らした、ニースに近いサン=ポール=ド=ヴァンスの墓地に眠る。「マーグ財団美術館」に大作がある。毒舌家としても知られ、同時代の画家や芸術運動にはシニカルな態度を示していた。特にピカソに対しては極めて辛辣な評価を下している。しかし、だからといってピカソと仲が悪かったわけではなく、むしろ、ピカソにしては珍しく、けんかをしないほど仲がよかったともいわれる[要出典]。

主なる作品

・I and the Village(1911年) ニューヨーク近代美術館
・七本指の自画像(1912年 - 1913年) アムステルダム市立美術館
・誕生日(1915年) ニューヨーク近代美術館
・Green Violinist(1923年) グッゲンハイム美術館
・青いサーカス(1950年) ポンピドゥー・センター
・イカルスの墜落(1974年) ポンピドゥー・センター
・America Windows(1977年) シカゴ美術館
・バレエ『アレコ』(1942年) 舞台背景画 第1、2、4幕 青森県立美術館
・バレエ『アレコ』(1942年) 舞台背景画 第3幕 フィラデルフィア美術館
・イスラエル十二部族(1962年) ステンドグラス エルサレムの病院の(礼拝堂)を飾る

(参考出展:wikipedia)
買取の流れ
スムーズなお取り引きのために
◆下記のポイントをあらかじめお調べの上、控えておいてください。
【絵画の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※額の裏や箱に記載されている場合があります【例】作家名:上村松園作品名:鼓の音。
2:絵画の技法は分かりますか?(日本画、油彩、版画、水彩など)【例】技法:日本画
3:額を除いた、絵だけのサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
【骨董品の場合】
1:作家名・作品名は分かりますか?※共箱の中に略歴が入っている場合がございます。【例】作家名:井上萬二作品名:白磁春秋彫文耳付花瓶
2:共箱(作家名や作品名の書かれた桐の箱)はありますか?【例】共箱:有
3:陶磁器の場合 箱を除いた、作品自体のサイズは分かりますか?【例】縦○○cm×横○○cm
※ご不明な箇所は、スタッフが直接ご確認させて頂きますので、ご安心下さい。
買取までの流れ(一般のお客様)
1:上記ポイントをご確認の上、無料査定フォーム、またはフリーコール(0120-081-560)もしくはメール(info@artkaitori.com)にて、お気軽にお問い合わせください。
2:専門のスタッフが相場に応じて、しっかりと査定致します。
3:お電話もしくはメールで、おおよその査定金額をご提示致します。
●出張買取の場合
・日程を調整して、ご自宅に訪問させて頂きます。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。4日程をご調整頂き、弊社へご持参ください。
●弊社お持込の場合
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・現金にてお支払いさせて頂きます。
●宅配買取の場合
・必要書類・梱包材を、お客様のご自宅(会社)に発送致します。
・必要書類にご記入頂き、作品を梱包して下さい。
・作品は、着払いで当社へご発送ください。
・実際の作品の状態を確認後、最終査定額を提示致します。
・お振込にて、お支払いさせて頂きます。
査定ご希望の方はこちらから無料買取査定フォーム 初めての美術品売却 選ばれる理由を動画でみる

取扱美術品一覧

広告・CMギャラリー 法人・弁護士の方へ 時価評価について アート買取協会の買取事例 作家検索はこちら 正社員アルバイト求人情報

買取実績

営業拠点

名古屋本社
愛知県名古屋市中区
新栄1-12-26AKKビル10F
愛知県公安委員会
第541020001600号
名古屋支社
東京支社
東京都中央区銀座8-18-4
東銀座ビル7F
東京都公安委員会
第301060305502号
東京支社
神奈川支社
神奈川県横浜市中区
上野町1-24-2
神奈川県公安委員会
第451360014687号
神奈川支社
大阪支社
大阪市阿倍野区帝塚山
1-9-6 TZY196ビル1F
大阪府公安委員会
第621221302910号
大阪支社
九州支社
福岡市博多区博多駅南2-1-5
博多サンシティビル507
福岡県公安委員会
第909990041404号
九州支社
仙台支社
宮城県仙台市青葉区本町
2-1-8 第一広瀬ビル4F
宮城県公安委員会
第221000001130号
広島支社
広島支社
広島県広島市中区本川町
2-1-13和光パレス2A
広島県公安委員会
第731021400007号

お知らせ・スタッフルーム

出張買取地域

■北海道
[北海道・札幌]
■東北
[青森岩手宮城秋田山形福島]
■北関東
[茨城栃木群馬山梨]
■南関東
[東京・銀座神奈川・横浜埼玉千葉]
■信越
[新潟長野]
■北陸
[富山石川福井]
■東海
[愛知・名古屋岐阜静岡三重]
■近畿
[大阪兵庫・神戸京都滋賀奈良和歌山]
■中国
[鳥取島根岡山広島山口]
■四国
[徳島香川愛媛高知]
■九州
[福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島]
■沖縄
[沖縄]
LINE査定
info@artkaitori.com
骨董品買取 西洋アンティーク買取 作家検索はこちら 広告CMギャラリー 法人・弁護士の方へ 時価評価について アート買取協会の買取事例

作家検索

アート買取協会ではフォーム・電話による買取査定以外にも、メール・LINEでも簡易査定を実施しております。

最新の買取事例