MENU

買取・作品一覧

金子国義 カネコ クニヨシ

金子国義の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、金子国義の作品を高く評価し、買取しております。
もし金子国義の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。金子国義の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

金子国義

聖学院高等学校を経て、1959年、日本大学藝術学部卒業。グラフィックデザイン会社勤務を経てフリーとなる。1966年、『O嬢の物語』の翻訳を行っていた澁澤龍彦の依頼で同作の挿絵を手がける。翌1967年、澁澤の紹介により銀座の青木画廊で個展「花咲く乙女たち」を開き画壇デビューする。世紀末的・デカダンスな雰囲気を漂わせる妖艶な女性の絵を得意とする。活動・表現領域は幅広いが、一般には「富士見ロマン文庫」(富士見書房)、『ユリイカ』をはじめとする多くの書籍・雑誌の装幀画・挿絵を手がけたことで知られる。またL'Arc〜en〜Cielのhydeとも親交が深く、彼の好きなコウモリをモチーフにした浴衣をデザインしたりHYDEのアルバム「FAITH」のジャケットのデザインを担当したりしている。

1936年 埼玉県に生まれる
1959年 日本大学芸術学部卒業。澁澤龍彦と出会い「O嬢の物語」の挿絵を担当する。
1967年 青き画廊の個展「花咲く乙女たち」で画壇にデビュー
1971年 第3回個展「Les Pluvire」ミラノ・ナビリオ画廊(イタリア)
1974年 絵本「不思議の国のアリス」イタリア・オリベッティ刊。

金子国義の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!