MENU

遺品整理のポイント

遺品の絵画・骨董品はリサイクル業者で
引取・処分する前に美術品専門業者へ

遺品整理では、故人が残した遺品を、形見分けする物、売却する物、処分する物等に分けていく必要があります。しかし、その中に価値の判断が難しい絵画や骨董品などの美術品が含まれているときはどうしたらよいでしょうか?

遺品整理は難しい、だからこそ専門業者へ依頼しよう

遺品整理は難しい、だからこそ専門業者へ依頼しよう

「遺品整理」と聞くと、悲しいイメージ・面倒なイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
ご両親や長年連れ添ったパートナーなど、非常に近い方が亡くなった場合に整理しなければならないことが多いため、「故人が大切にしていた品だから、手放すにしのびない」「燃やしてしまいたくない」など精神的にも辛く、厄介なことだと感じる方も多いようです。
また、人生において、遺品整理をする機会は、そう多くないと思います。そのため、遺品整理に慣れている方は少なく、みなさん手探りの状態で遺品整理が行われています。

しかしながら、美術品は余程ご存じの方でない限り、価値の見極めが難しいモノです。また、その価値も時代に合わせて大きく変化し続けているため、常に最新の情報を収集している専門業者でないと正しい査定は難しいでしょう。
もし他ジャンルの物をまとめて処理してくれる業者に依頼をしたら、価値のあるモノも安く引き取られてしまう可能性もあります。もしくは、その業者経由で専門業者へ査定依頼が行く仕組みで、実際の価値から仲介料分を引かれてしまうケースもあるでしょう。

「餅は餅屋」ではありませんが、大きな価値を持つ可能性がある絵画や骨董品などの美術品は、専門業者へ査定依頼することをおススメします。今回は、「遺品を専門業者に売却する」という整理の方法についてご紹介します。

専門業者に売却するメリット

  • 遺品には、隠れた価値がある物も多い
    遺品には、隠れた価値がある物も多い
    遺品を整理するには、いくつか方法があります。故人が愛用していた衣類や鞄など、故人を愛する人にとっては大切でも、世間一般にはそれほど価値がないという物は、形見分けをするか、リサイクルショップなどに売却するというのもひとつの方法です。特に遺品があまりに大量なときは、整理業者に頼んで一気に処分してもらうと楽でしょう。では、なぜ「専門知識が必要な物は専門知識があるところに売る」ことが大切なのでしょうか。
    遺品の中には、遺族にとってはただの古い物に見えても、実は市場価値が高い物が含まれていることがあります。絵画や掛け軸、骨董品など、素人目にはどの程度の価値があるのかわかりません。
    特にバブル期あたりには、「マイホームを購入したら、家に飾る絵を買う」という家庭がたくさんありました。遺品整理に含まれる美術品にも、この時期に購入された物が多く含まれています。生活に直結しない、趣味や余暇にお金をかける余裕があった時代ですから、価値ある物が埋もれていることも多々あります。思い込みや見た目で判断して処分してしまうと、後悔することになりかねません。売却できる骨董品があるかどうかわからなくても、まずは専門業者に相談してみましょう。
    なお、骨董品は、共箱や桐箱とセットになって初めて価値が出る物もあります。「器は価値がありそうだから残しておいたけど、箱は汚れていたから捨ててしまった」という事態を防ぐためにも、「遺品の整理をしよう」と思い立った段階で専門業者を呼び、遺品全体を確認してもらうべきなのです。
  • 価値を理解し、愛してくれる人に作品を受け継ぐと考えて
    価値を理解し、愛してくれる人に作品を受け継ぐと考えて
    業者を呼んで査定してもらっても、愛する故人が大切にしていた物を売却するとなると、少なからず葛藤があるものです。しかし、持っていても自分の趣味に合わなくてしまい込んでしまうくらいなら、本当にその作品を愛している人に受け継いでもらったほうが、故人も喜ぶという考え方もあります。
    遺品の分配を巡る遺族間での話し合いも、素人判断で価値を判断して品物を取り合うのではなく、遺品を売却して金銭に換えてから分配すればスムーズです。無用な揉め事を避けるためにも、遺品を売るか売らないかにかかわらず、一度、金銭的な評価を調べてみることをおすすめします。
  • 生前に価値を周知しておくことが大切
    生前に価値を周知しておくことが大切
    遺品整理で悩ましいのは、「故人しか価値がわからない」品物も含まれていることです。共箱や桐箱だけでなく、作品を購入した展覧会のパンフレットなど、来歴を示す物も査定の際には重要です。このようなパンフレットなどは、故人以外には無価値に見えることが多々あり、処分してしまうことが少なくありません。
    そこで、可能であれば生前に所有物の価値を周知してはいかがでしょうか。自分が大切にしている物は家族や親族に「何という作家の作品で、なぜ価値があるのか」「どういった由来があるのか」「いつ、どこで購入したのか」をしっかり周知しておいたほうが、受け継ぐ人のためになります。親族が集まる機会があれば、所有している美術品に関して情報を共有しておくといいでしょう。
    なお、最近は「終活」をする人が増えてきましたが、本来は作品の価値を知っている所有者が自分自身で売却するのがベストです。自身で所有物の行き先を決められる終活は、非常に良いことだといえます。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

美術品全般を売るなら
アート買取協会へ

遺品の整理などをしていて、絵画や骨董品などの「美術品」を売ろうと思ったとき、どうしますか?故人の思い出を遺族で分けるという方法もありますが、分配で揉めないためにも売却という手段が適切な場合もあります。しかし、美術品を売却したことがない方は、どうしたらいいのかわからないと思います。そのようなときに役立つのが、アート買取協会のような美術品専門の買取店です。

美術品専門の買取店がおすすめ

美術品専門の買取店がおすすめ

なぜ、専門知識が必要な商品は、美術品専門での買取店がおすすめかというと、豊富な経験があるため適切な査定の価格が出せること、美術品の各ジャンルに特化した取引先があるので、高値で買い取ることができることが挙げられます。アート買取協会は、年間30,000点以上の買取実績があり、法人や企業、官公庁をはじめ、同業他社からも信頼されるレベルの査定を行っています。

個人のお客様にとっては、あらゆる地域に無料で出張買取できることや、買取りする美術品のジャンルが絵画や骨董品だけでなく、西洋アンティークなど幅広いことがメリットとして挙げられます。ですから、遺品整理などであれば「何に価値があり、何に価値がないのか」を一括して査定することができます。

また、お取引きの際に鑑定書が必要な場合、アート買取協会が鑑定料を負担するサービスも行っており、お客様に喜んでいただいています。弊社内で事前鑑定を行い、このサービスが利用可能と判断した場合は、万が一鑑定の結果偽物であっても、お客様に費用をご負担いただくことは一切ありません。

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる


高価買取実績

確かな美術品知識と長年の取引に基づく相場・需要データにより、他社に負けない高額買取を実現いたします。
絵画や掛軸、陶磁器など、年間3万点に及ぶ買取実績の一部をご紹介いたします。

※買取価格は当社のこれまでの買取実績のご参考額です。実際の査定価格は作品の状態、相場等により変動いたします。

もっとみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!