MENU

買取・作品一覧

中川自然坊 ナカガワジネンボウの美術品買取情報

中川自然坊の買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、中川自然坊の作品を探しています。
もし中川自然坊の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。中川自然坊の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

中川自然坊

佐賀県東松浦郡玄海町、唐津の駅からは車で30分ほど離れているところで自然坊は産まれた。 幼少のころ父をなくし、母親に育てられ、高校を卒業すると薬品会社に就職した。 数年後、直属の上司から、「人に使われるより、自分の道を勧んだらよか。唐津には焼き物があるけん、陶芸家になったらええ」といわれたことで、陶芸家を夢見て退職したという。 片道20㎞ある唐津焼の窯元へ往復マラソンをして通い、その工場主任・馬場氏の元で三年修業した。 独立するため農家から野菜を仕入れてから、持ち前の体力を活かして福岡まで行商に行き、資金を稼いだ。 昭和57年、自宅に割竹式連房窯を築窯して独立した。 朝鮮唐津や斑唐津、刷毛目と粉引、絵唐津など、とことん焼きぬいた作品が中心で58歳で亡くなるまで、 作陶に対する情熱は衰えなかった。 現在、自然坊窯は息子である中川恭平氏がその情熱を遺産として引き継ぎ、時間と手間を惜しむことなく注ぎ込むことで唐津焼や中川自然坊窯の伝統を受け紡いでいる。

1953年 佐賀県東松浦郡玄海町に生まれる。本名:中川憲一(昭和28年)
1977年 唐津焼窯元「鏡山窯」で3年間修業。
1982年 佐賀県松浦郡玄海町に割竹式連房登窯を築窯し、自然坊窯とする。(昭和57年)
1985年 「デビュー展」しぶや黒田陶苑にて「中川自然坊展」開催 東京小田急百貨店にて個展
1989年 大阪梅田阪急にて個展
1990年 古唐津の古窯址「藤の川内」の粘土を使う朝鮮唐津作品の焼成に成功する
2000年 奥高麗茶碗「松下」(桃山時代)を参考にした枇杷色の奥高麗茶碗復元に成功する
2002年 「茶陶、歴史と現代作家101人」(NHK出版)に搭載される
2003年 井戸茶碗「細川」(李朝時代)に倣った枇杷色の井戸茶碗を焼成する
2011年 10月 しぶや黒田陶苑にて「作陶30周年記念展」開催
    12月 多臓器不全にて逝去(享年:58歳)
2012年 12月 しぶや黒田陶苑にて没後一年 「中川自然坊遺作展」を開催

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!