MENU

買取・作品一覧

山田和 ヤマダカズの美術品買取情報

山田和の買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、山田和の作品を探しています。
もし山田和の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。山田和の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

山田和

1954年に愛知県常滑市に生まれる。祖父は二代山田常山、父は山田健吉、伯父には人間国宝である三代山田常山を持つ。大阪芸術大学芸術学部工芸学科陶芸コースを卒業し、卒業と同時に越前陶芸村に築窯する。また、日本を代表する陶芸家である加藤唐九郎にも教えを受けた。日本だけに留まらずドイツでの作品制作の経験を持ち、志野を中心に赫釉織部や青織部等を制作している。

山田和のニーズと作品価値

元々はアメリカのポップアートや前衛陶芸集団である「走泥社(八木一夫、鈴木 治ら京都の若手陶芸家5人で結成された前衛陶芸集団)」に多大な影響を受け、現代的な“オブジェ陶”といった前衛的な作品を作っていた。しかし、後に山田和自身が「唐九郎先生は私にとって“神”でした」と語る程に心酔した師匠である加藤唐九郎の薫陶を受けて作風を大きく転換、桃山陶に傾倒していった。伝統を探りつつ新しきを求め生み出された独自の赫釉織部をはじめとして、青織部、黄瀬戸、瀬戸黒などの作品は陶芸を数多く見てきた人々をも唸らせる。

山田和の買取作品例

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!