MENU

買取・作品一覧

愛新覚羅啓功 アイシンカクラ ケイコウの美術品買取情報

愛新覚羅啓功の買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、愛新覚羅啓功の作品を探しています。
もし愛新覚羅啓功の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。愛新覚羅啓功の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

愛新覚羅啓功

現代中国を代表する書家のひとり。1912年北京生まれ。 かつて清王朝を支配した愛新覚羅一族の血を引く貴顕の人だが、その生まれをひけらかすことなく、自然に身についた清廉潔白な人柄と確かな書の実力とをもって世を渡り、優れた書家として活躍。 また教育者、学者、著述家としての顔も持っており、死の前年に出版された口述自伝『啓功口述歴史』はベストセラーとなっている。権威主義とは無縁で、街の料理店の看板なども依頼があれば気さくに引き受けていた。現在でも、中国では街中で啓功の書に出会うことが少なくない。

幼い頃に父を亡くし生活は苦しかったが、勉強熱心で成績は良く、特に文学や絵画の才能を発揮した。
1920~1930年代にかけて高名な画家や学者に師事して学び、1935年からは輔仁大学で助教、講師として働き始める。
1938年には故宮博物院に勤め、古今の文物の鑑定を手がけた後、中央文史研究館の館長などを務め、学者人生を歩んでいった。

書家として名が知られるようになったのは、1960年代後半に文化大革命が始まった頃。 当時の国家主席・毛沢東による強権的な文化運動において、啓功は書に堪能なことを見込まれて「大字報」の制作を命じらる。大字報は文革の正当性を喧伝する壁新聞であり、啓功は古今のさまざまな書を研究しつつ、ひたすら書く日々を送った。 そのさなかに、彼独自の書風を手に入れたといわれている。

1970年代後半、文革の嵐が過ぎ去ると、教育者・学者としての生活に戻る。1981年に中国書法家協会(中国の書道組合)の副主席に就任。3年後には主席となり、現代中国の書道の発展に尽くした。

愛新覚羅啓功の買取作品例

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!