MENU

買取・作品一覧

矢口永寿 ヤグチエイジュの美術品買取情報

矢口永寿の買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、矢口永寿の作品を探しています。
もし矢口永寿の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。矢口永寿の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

矢口永寿

永寿窯は、明治37年(1904)、初代 矢口永寿(岩吉)によって山中に築かれた。当初は永楽和全の高弟 滝口加全を招聘して京風の陶磁器を制作。翌々年、清水六兵衛の門人・戸山寒山も招き、その他にも能美、金沢から多数の工人を集め、染付工であった戸崎勘三郎は京都で修業し、大変秀れた腕を持っていた。
製品は、中国や日本の古典ものの写しを得意とし、祥瑞、交趾、仁清写、乾山写などの茶陶が多く、本歌を凌ぐものもあり、近代的な意匠を加えた独自の工芸品もあった。

初代 矢口永寿は、山中で代々湯宿を営む家に生まれた。
永寿は、生来の器用人で書画骨董に通じ、料理も巧みだったが、青年時代に湯宿をやめ、関西へ出る。帰郷後、黒谷焼という楽焼を始め、明治37年(1904)初代 滝口加全を迎え、京風の陶磁器を作る窯を築く。
永寿自身は陶土に触れず、筆をとらなかったといわれ、自らの好みを示して作品の質を向上させ、ついに九谷焼の名工と称せられるに至った。

初代 矢口永寿 1870(明治3)年~1952(昭和27)年
初代矢口永寿は湯宿の子として石川県に生まれる。本名岩吉、号は清々軒。
初代永寿は京より永楽和全の門下生(滝口加全ら数名)を招き自邸にて磁窯を築いて、染付もの、倣古作品と精良な作品を作らせた。
1904(明治37)年、山中町東町に「永寿窯」を築窯。
1939(昭和14)年、石川県美術協会評議員に就任。
東京や名古屋の数奇者に作品を販売し、名工と称せられ、陶芸のほか書画、料理にも秀で北大路魯山人らとも親交を深めた。

2代 矢口永寿 1900(明治33)年~没年不詳
「昧渓(まいけい)」と号する

3代 矢口永寿 1941(昭和16)年生
3代矢口永寿は名古屋生まれ。
1965(昭和40)年、伯父・2代矢口永寿に師事。
1987(昭和62)年、3代矢口永寿を襲名。
仁清、乾山、染付、祥瑞を中心に制作。

4代 矢口永寿
現在は4代が窯を継いで、作陶を続けている。

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

アート買取協会で
買取できる美術品

日本画、洋画、現代アートなどの絵画買取から掛軸、陶磁器などの骨董・古美術の買取まで幅広い美術品ジャンルを取り扱っております。
一覧にない美術品も取扱いがございますので、まずはお気軽にご相談ください。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!