MENU

買取・作品一覧

エミール・ガレ Emile Galle

エミール・ガレの買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、エミール・ガレの作品を高く評価し、買取しております。
もしエミール・ガレの作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。エミール・ガレの作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

強化買取中 エミール・ガレ

エミール・ガレ

⾼級ガラス製品と陶磁器の卸売業を営む商⼈の家庭に⽣まれたエミール・ガレ。1867 年に⽗の会社である「ガレ商会」へ⼊社し、本格的にガラス⼯芸作品の制作を⾏った。ガレ商会は、最盛期には数百名の従業員を抱えるほどの規模にまで成⻑した。芸術家としてだけではなく、企業家としての才覚も持ち合わせていたことがうかがえる。

1878 年には、独⾃に開発した「⽉光⾊ガラス」をパリ万国博覧会に出品し、注⽬を浴びる。1880 年代後半に、美術の造詣が深い⾼島得三(のちの⽇本画家・⾼島北海)と出会い、ヨーロッパで流⾏していた「ジャポニズム」にふれる。

⽔墨画的な「ぼかし表現」を伴う⿊褐⾊のガラス製品など、⽇本美術に影響を受けた作品を制作した。1889 年のパリ万国博覧会でグランプリを受賞し、晩年まで精⼒的な作品づくりが続く。なお、ガレの⽣まれ故郷であるナンシーを拠点に活動をする芸術家たちは、「ナンシー派」と呼ばれた。

1846年 フランスに⽣まれる
1865年 デザインを学ぶため、ドイツ・ヴァイマールへ
1866年 フランスに帰国
1867年 「ガレ商会」のアート・ディレクターとなり、ガラス⼯芸家としてのキャリアをスタート
1877年 「ガレ商会」の経営を⽗から継承
1889年 パリ万国博覧会に多数の作品を出品。ガラス部⾨でグランプリを受賞
1894年 ⾃分のガラス⼯場を建てる
1900年 パリ万国博覧会のガラス部⾨、家具部⾨でグランプリを受賞
1904年 逝去

エミール・ガレのニーズと作品価値

エミール・ガレは、アール・ヌーヴォー(19 世紀末から20 世紀初頭の「新しい芸術」を意味する美術運動)を代表する、フランスのガラス⼯芸家です。美術だけでなく、⽂学、哲学、植物学、鉱物学に精通し、その知⾒を作品に盛り込みました。

⾼島得三(のちの⽇本画家・⾼島北海)との出会いにより、⽇本美術への⾼い関⼼を抱き、⽇本的・東洋的な作品も数多く制作しています。ランプのほか、モチーフにトンボやキノコの⽂様が使われている作品は希少価値が⾼く、⾼額買取の対象となっています。

エミール・ガレの代表作

※買取相場価格は当社のこれまでの買取実績、および、市場相場を加味したご参考額です。実際の査定価格は作品の状態、相場等により変動いたします。

エミール・ガレの買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!