MENU

買取・作品一覧

舟越保武 フナコシ ヤスタケ

舟越保武の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、舟越保武の作品を高く評価し、買取しております。
もし舟越保武の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。舟越保武の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

舟越保武

1912年、岩手県二戸郡一戸町小鳥谷生まれ。父親が熱心なカトリック信者だった。県立盛岡中学校(現岩手県立盛岡第一高等学校)在学中(同期に松本俊介)に高村光太郎訳の「ロダンの言葉」に感銘を受け、彫刻家を志す。1939年 東京美術学校(後の東京藝術大学)彫刻科を卒業。このとき出会った佐藤忠良とは終生の友情を培うことになり、二人は戦後の日本彫刻界を牽引していく。

卒業後、独学で石彫をはじめ、数々の作品を発表して注目される。1950年、長男が生まれて間もなく急死したのを機に、自らも洗礼を受けてカトリックに帰依、キリスト教信仰やキリシタンの受難を題材とした制作が増える。1967年から1980年の間、東京芸術大学教授を勤める。その後、多摩美術大学教授を勤めた。1986年、東京芸術大学名誉教授に。1987年、脳梗塞で倒れ、右半身が不自由になったが、すぐにリハビリを開始。死の直前まで左手で創作を続けた。2002年2月5日、多機能不全で死去。89歳だった。

1912 岩手県に生まれる
1939 東京芸術学校彫刻科卒業。新制作派協会彫刻部の創設に参加
1962 高村光太郎賞受賞
1967 東京芸術大学教授に就任
1978 芸術選奨文部大臣賞
1986 東京芸術大学名誉教授に就任
1987 脳梗塞で倒れ、右半身が不自由になったが、すぐにリハビリを開始。死の直前まで左手で創作を続けた
2002 逝去

概要・その

舟越保武の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!