MENU

買取・作品一覧

林武 ハヤシ タケシ

林武の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、林武の作品を高く評価し、買取しております。
もし林武の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。林武の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

強化買取中 林武

東京都出身。本名は武臣(たけおみ)。大正末期から画家として活動を始め戦後には原色を多用し絵具を盛り上げた手法で女性や花、風景などを描き人気を得た。晩年には国語問題審議会の会長も務めている。孫は前衆議院議員の林潤。

『裸婦』(1930年(昭和5年)) 兵庫県立美術館
『鰯と人参』(1930年(昭和5年)) 倉吉博物館
『コワヒューズ』(1935年(昭和10年)) 東京国立近代美術館
『裸婦』(1935年) 東京藝術大学大学美術館 
『梳る女』(1949年(昭和24年)) 大原美術館
『星女嬢』(1950年(昭和25年)) 宮城県美術館
『十和田湖』(1953年(昭和28年)) 国立公園協会
『ノートルダム』(1960年(昭和45年)) 愛知県美術館
『赤富士』(1967年(昭和42年)) 箱根彫刻の森美術館
『薔薇』(1971年(昭和46年)) セキ美術館

1896 東京都に生まれる
1920 日本美術学校に入学、翌年退学
1921 二科展に「婦人像」 初入選
1922 二科展二科賞受賞約8年後、二科会を去り同士と共に独立美術館協会を成立
1934 渡欧
1952 東京芸術大学美術学部教授に迎えられる
1959 芸術院賞受賞
1967 文化勲章受章
1975 79歳で死去

林武のニーズと作品価値

林武の作品価値は上昇しております。これは買い手市場が活発な事がその背景にあります。故に林武の作品は買取側にとっても高い価値(高価査定)を付けやすい作品が多いです。 そのような事を踏まえまして当社は林武の買取専門サイトをご準備させて頂き、他社よりも強化買取を実施しております。 林武の作品をお持ちで売却をお考えのお客様は、是非とも「林武 専門買取」のアート買取協会までお気軽に御相談ください。

林武の代表作

※買取相場価格は当社のこれまでの買取実績、および、市場相場を加味したご参考額です。実際の査定価格は作品の状態、相場等により変動いたします。

林武の鑑定機関・鑑定人

東美鑑定評価機構、武の会

林武の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!