MENU

買取・作品一覧

平山郁夫 ヒラヤマ イクオ

平山郁夫の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、平山郁夫の作品を高く評価し、買取しております。
もし平山郁夫の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。平山郁夫の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

強化買取中 平山郁夫

平山郁夫
⽇本画家として制作活動のかたわら、教育者としても活動した平⼭郁夫は、現代⽇本画家の中でも最⾼峰の画家とされている。⾃⾝の被爆体験が⼈⽣観や作⾵にも影響を与えており、社会的影響を⼤いに与えた「⽂化財⾚⼗字構想」(滅びつつある世界の⽂化遺産の保護、救済を⽬的)を提唱している。 ⽇本美術院展覧会(院展)に出品した三蔵法師をテーマにした作品「仏教伝来」以降、仏教をモチーフとした作品が多い。 また、東⻄⽂化を結んだシルクロードへの憧憬も強く、度々中国やシルクロード遺跡を訪れている。

1930年 広島県に⽣まれる
1945年 学徒勤労動員先にて被爆
1947年 東京美術学校(現在の東京藝術⼤学)⽇本画科へ⼊学
1952年 ⽇本画科を卒業後、前⽥⻘邨(まえだせいそん)に師事する
1953年 第38 回院展に出品した「家路」が⼊選
1962年 第47 回院展出品作品「受胎霊夢」が⽇本美術院賞(⼤観賞)を受賞。ヨーロッパへ留学する
1964年 第49 回院展出品作品「仏説⻑阿含経巻五」が⽂部⼤⾂賞受賞
1974年 バチカン宮殿内現代宗教美術コレクションに「古代東⽅伝教者」を寄贈
1974年 ローマ法王より、聖グレゴリオ騎士銀褒章を受章
1976年 全国6 都市でシルクロード展を開催
1978年 第63 回院展出品作品「画禅院⻘邨先⽣還浄図」が内閣総理⼤⾂賞受賞
1988年 東京藝術⼤学学⻑に就任
1997年 「平⼭郁夫美術館」開館
1998年 ⽂化勲章を受章
2009年 逝去

平山郁夫のニーズと作品価値

平⼭郁夫は昭和と平成を代表する⽇本画家で、⾃⾝の被爆経験がその後の⼈⽣観や作⾵に影響を与えたといわれています。三蔵法師をテーマにした「仏教伝来」など、シルクロードを描いた作品が代表的で、仏塔やラクダを描いた作品が⾼く評価されています。

中でもラクダに乗り砂漠を旅して歩く構図の「流砂の道」や「⽉光の砂漠」「⼣陽の砂漠」といった作品は版画でも需要が⾼く、アート買取協会では⾼価買取対象として取り扱っています。

平山郁夫の代表作

※買取価格は当社のこれまでの買取実績、および、相場価格を加味したご参考額です。実際の査定価格は作品の状態、相場等により変動いたします。

平山郁夫の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!