MENU

買取・作品一覧

石ノ森章太郎 イシノモリ ショウタロウ

石ノ森章太郎の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、石ノ森章太郎の作品を高く評価し、買取しております。
もし石ノ森章太郎の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。石ノ森章太郎の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

石ノ森章太郎

日本の漫画家、特撮作品原作者。1984年までは石森 章太郎の表記を用いた。本名、小野寺章太郎(おのでら しょうたろう)。血液型はAB型。代表作は『サイボーグ009』、『佐武と市捕物控』、『マンガ日本経済入門』、『HOTEL』など。仮面ライダーシリーズを始め特撮作品の原作者としても活躍。SF漫画から学習漫画まで幅広い分野で作品を量産し「漫画の王様」、「漫画の帝王」と評された。 1989年、漫画には「面白い、おかしい」だけではない多数の表現が可能になったとして、漫画の新しい呼び名「萬画」を提唱し「萬画宣言」を発表。以降は自らの職業を「漫画家」ではなく「萬画家」と称した。没後の2007年末には、500巻770作品におよぶ個人全集『石ノ森章太郎萬画大全集』(角川書店)が、一人の著者による最も多い漫画の出版の記録としてギネス・ワールド・レコーズに認定されている。 なお、テレビ原作者(アニメ、実写)としてくのクレジットは放映期間のべ六十数年分に及び、野村胡堂、長谷川町子らを凌駕して国内最高である。手塚治虫の衣鉢を継ぐSFマンガの第一人者であったが、熱心なSFの読者としても知られ、海外SF小説から作品のヒントを得ていたことも指摘されている。息子に俳優の小野寺丈(長男)と石森プロ社長の小野寺章(次男)がいる。小説家の今野敏は親戚である。

1938 宮城県登米郡中田町石森(いしのもり)に生まれる。本名・小野寺章太郎
1954 「漫画少年」での「二級天使」でデビュー
1968 石森章太郎プロダクションを設立。より第13回小学館漫画賞を受賞
1985 デビュー30周年を機に「石ノ森章太郎」に改名
1988 第17回日本漫画家協会賞大賞、第33回小学館漫画賞を受賞
1988 全作品に対し、第27回日本漫画家協会賞・文部大臣賞受賞
1998 逝去。

石ノ森章太郎の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!