MENU

買取・作品一覧

金山平三 カナヤマ ヘイゾウ

金山平三の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、金山平三の作品を高く評価し、買取しております。
もし金山平三の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。金山平三の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

金山平三

兵庫県神戸市生まれ。
黒田清輝らに師事し、東京美術学校(現東京藝術大学)西洋画科を首席で卒業。助手として大学に残り、28歳から31歳までの間はパリを拠点にヨーロッパ各地へ写生旅行に赴く。
帰国後、文展初出品の『夏の内海』特選第二席、翌年の「氷すべり」特選第一席など官設展での受賞を重ね、36歳にして帝展審査員に選ばれる。
1935年の帝展改組を機に中央画壇から去り日本の風景を描くために旅を続けた。
44年帝室技芸員、45年、皇太子および義宮に作品を献上。
1957年 日本芸術院会員、1959年日展顧問。

『コンカルノーの城壁』 (1913年、東京国立近代美術館)
『夏の内海』 (1916年、東京国立近代美術館)
『氷すべり』 (1917年)
『雪の湖』 (1920年、東京国立近代美術館)
『さびれたる寛城子』 (1921年)
『菊』 (1928年、東京国立近代美術館)
『風雨の翌日』 (1933年、東京藝術大学大学美術館)
『大石田の最上川』 (1948年、兵庫県立美術館)
『筒石の海岸』 (東京国立近代美術館)
『下曽我の梅林』 (1934-45年、京都国立近代美術館)
『一番桜』 (1954年、兵庫県立美術館)
『和井内の四月』 (1956年、東京国立近代美術館)
『渓流』 (1956-64年、京都国立近代美術館)
『渓流』 (1959年、兵庫県立美術館)
『冬の諏訪湖』 (東京国立近代美術館)

1883 兵庫県神戸市に生まれる
1905 東京美術学校西洋画科に入学、黒田清輝を始めとする教授陣の指導を受ける
1909 同校を首席で卒業、翌年から4年間ヨーロッパ留学する
1916 第10回文展で初入選
1935 帝展改組を機に中央画壇から離れ、信州・北陸などを始め、各地を写生旅行する
1964 東京で逝去

金山平三の鑑定機関・鑑定人

金山平三の会

金山平三の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!