MENU

買取・作品一覧

KAWS カウズの美術品買取情報

KAWSの買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、KAWSの作品を探しています。
もしKAWSの作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。KAWSの作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

KAWS

1974年ニュージャージー生まれ。1990年代初めにグラフィティアーティストとして頭角を現し、バス停の看板に広告を描いた作品などを通じて知名度を上げる。日本との関わりも深く、1997年に初めて東京を訪れサブカルチャーに触れ、ストリートアートのプロジェクトにも携わる。ビビッドな色使い、誰もが知るアニメアイコンをほうふつとさせる造形、そして両目が「×」で表されたキャラクターが作品の特徴で、ユニクロをはじめとする著名ブランドとも数多くコラボレーションしている。

KAWSのニーズと作品価値

目の箇所に×印を施したキャラクターを使用した色彩豊かな作品の数々はKAWSの代名詞となっている。グラフィティ、絵画、グラフィックデザイン、産業デザインはもちろん、ユニクロやアベイシングエイプなどの著名ファッションブランドやディオールをはじめとした有名ブランドデザイナーとのプロダクトコラボレーションを通じて若い世代を中心に幅広い人気を誇っている。世界的に有名な犬のキャラクターや日本のあの有名マンガのキャラクターなど、KAWSは「アプロプリエーション」と呼ばれる手法で多くの作品を制作している。ポップ・アートの巨星アンディ・ウォーホルも頻繁に用いたこの手法は、既存の有名な作品やキャラクターを取り込みつつ、自身の新たな作品を生み出すというもの。また、KAWSは日本において言語の壁に苦労したことをキッカケとして、「言語は違っても、ポップカルチャーなどのアニメーション作品は世界中で楽しまれている」ことを認識したともいわれている。このことは、KAWSの創作や作風に大きな影響を与え、そのこともあって世界的によく知られたキャラクターがモチーフとして多く使われていくようになった。

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!