MENU

買取・作品一覧

駒井哲郎 コマイ テツロウ

駒井哲郎の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、駒井哲郎の作品を高く評価し、買取しております。
もし駒井哲郎の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。駒井哲郎の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

駒井哲郎

油絵や色彩版画の作品も少数あるが、生涯にわたり一貫してエッチングを制作し、モノクロームの世界で、自己の内面、幻想、夢などを表現し続けた。作風は、パウル・クレーの影響が濃い抽象的・幻想的なもの、オディロン・ルドンの影響を受けたと思われる樹木や風景を繊細で写実的なタッチで描いたものなどがある。大岡信(詩人、評論家)、安東次男(詩人)ら文学者との交流も多く、安東とのコラボレーションによる詩画集『からんどりえ』(1960年)は、版画と詩を同じ紙に刷った、日本では初の試みと言われている。棟方志功、浜口陽三など、同時代の版画家に比べやや地味な存在ではあるが、日本美術界では長らくマイナーな分野であった銅版画の普及と地位向上に貢献した作家として高く評価されている。

1920年 東京に生まれる
1935年 西田武雄主宰「日本エッチング研究所」にて銅版画技法を学ぶ
1942年 東京美術学校西洋画科卒業
1947年 恩地孝四郎主宰の「一木会」の同人になる
1951年 第一回サンパウロビエンナーレでコロニー賞受賞
1953年 関野準一郎、浜口陽三らと日本銅版画協会結成
1954年 パリ留学。翌年帰国
1957年 第一回東京国際版画ビエンナーレ出品(以降第四回まで毎回出品)
1972年 東京芸術大学教授就任
1976年 東京にて逝去

駒井哲郎の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!