MENU

買取・作品一覧

今野忠一 コンノ チュウイチ

今野忠一の買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、今野忠一の作品を探しています。
もし今野忠一の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。今野忠一の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

今野忠一

今野忠一(こんの ちゅういち、1915年 - 2006年4月15日)は山形県天童市出身の日本画家。埼玉県在住。故郷の蔵王や月山を始め、多くの山岳や巨木を題材に、前景から背景まで分厚く塗る重厚な作風で知られた。

戦前から戦後にかけて活躍した、児玉希望や鄕倉千靱ら日本画の巨匠たちに師事した。愛知県立芸術大学で教授を勤めたほか、東北芸術工科大学の名誉教授も勤め、彼の主宰した画塾からは多くの日本画家が輩出された。また、日本美術院で評議員も務め、院展で大賞はじめ数多くの賞を受賞してきた日本画界の重鎮であった。その他、三島由紀夫著『金閣寺』の装丁を務めている。

1915 山形県に生まれる
1934 上京し、児玉希望の画塾に入門する
1940 院展発入選。その後、郷倉千靭に師事する
1954 第39回院展奨励賞受賞
1955 第40回院展日本美術院賞、大観賞受賞
1958 第43回院展文部大臣賞受賞
1958 第43回院展院次賞受賞
1959 院展同人に推挙される
1977 第62回院展内閣総理大臣賞
2006 埼玉県で逝去

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!