MENU

買取・作品一覧

熊谷守一 クマガイ モリカズ

熊谷守一の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、熊谷守一の作品を高く評価し、買取しております。
もし熊谷守一の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。熊谷守一の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

熊谷守一

1880年(明治13年)4月2日、熊谷孫六郎(初代岐阜市市長・衆議院議員)の三男として生まれた。富裕層の出身であるが、極度の芸術家気質で、貧乏生活を送った。1900年(明治33年)、東京美術学校に入学。同級生に青木繁、山下新太郎らがいる。1909年(明治42年)の自画像『蝋燭』は、闇の中から世界を見つめる若き画家の不安を描き、「文展」で入賞した。 1922年(大正11年)、42歳で結婚。5人の子供に恵まれたが絵が描けず貧乏が続いた。熊谷は「妻からは何べんも『絵を描いてください』と言われた。(中略)周りの人からもいろいろ責め立てられた」と後に述べている。当時は日々の食事にも事欠くありさまで、次男の陽が肺炎に罹ったときも医者にみせることができず死なせてしまった。陽の亡骸を熊谷は絵に描いている(『陽の死んだ日』1928年(昭和3年))。熊谷は描いた後で、これでは人間ではない、鬼だと気づき愕然としたという。 60歳近くになってから始めたのが、書や墨絵であった。線と余白だけで喜びも悲しみも表現できる、その可能性に惹かれた。67歳の時、再び家族に不幸が起こった。長女の萬を21歳の若さで亡くしたのである。お骨を抱いて焼き場から戻る自分と家族を描いた『ヤキバノカエリ』(1948年(昭和23年)~1956年(昭和31年))は『陽の死んだ日』とは全く違ったスタイルで描かれ、人物の顔には眼も鼻も口もない。 この後、熊谷は東京豊島区の自宅から一歩も出なくなった。わずか15坪の小さな庭が彼の世界の全てになった。その小さな世界に息づく様々な草花や虫、そして小さな動物たち。熊谷は身近な命の輝きを見つめた。晩年の熊谷の絵の世界は、こうして誕生した。そこには熊谷の命を見つめる優しい眼差しがあふれている。一本の線と面に宿る大きな力。熊谷はその独特な画風を「下手も絵のうち」と表現している。「下手といえばね、上手は先が見えてしまいますわ。行き先もちゃんとわかってますわね。下手はどうなるかわからないスケールが大きいですわね。上手な人よりはスケールが大きい」と語っている。

1880年 岐阜県に生まれる
1900年 東京美術学校西洋画家選科入学。長原孝太郎、黒田清輝らの指導をうける
1905年 樺太調査隊に加わる。
1909年 第3回文展出品。褒状を受ける
1916年 二科会会員となる
1947年 二紀会結成と同時に会員となる
1967年 文化勲章受章者に内定したが、「これ以上人が来るようになっては困る」と辞退
1972年 勲三等叙勲の内示があるが辞退する
1977年 東京で逝去

熊谷守一の代表作

※買取価格は当社のこれまでの買取実績、および、相場価格を加味したご参考額です。実際の査定価格は作品の状態、相場等により変動いたします。

熊谷守一の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!