MENU

買取・作品一覧

前田青邨 マエダ セイソン

前田青邨の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、前田青邨の作品を高く評価し、買取しております。
もし前田青邨の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。前田青邨の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

強化買取中 前田青邨

歴史画を得意とし、大和絵の伝統を軸に肖像画や花鳥画にも幅広く作域を示した。その中でも、武者絵における鎧兜の精密な描写は、ことに有名である。1955年(昭和30年)に、文化勲章を受章するなど、院展を代表する画家として活躍する。 晩年には、法隆寺金堂壁画の再現模写や高松塚古墳壁画の模写等、文化財保護事業に携わる。その遺志は、弟子の平山郁夫等にも引き継がれている。 岐阜県中津川市に青邨から寄贈された本画や下図などを展示する青邨記念館がある。代表作の1つ「洞窟の頼朝」は2010年(平成22年)に重要文化財に指定された

「竹取物語絵巻」 1914年(大正3年)
「清水寺(京名所八題)」紙本墨画淡彩・軸 東京国立博物館 1916年(大正5年)
「花売」 紙本着色・額 東京国立博物館 1924年(大正13年)
「羅馬使節」 三曲一隻 絹本着色・屏風 早稲田大学図書館 1927年(昭和2年)
「西遊記」 紙本墨画淡彩・巻子 MOA美術館 1927年(昭和2年)
「洞窟の頼朝」 二曲一隻 絹本着色・屏風 大倉集古館 1929年(昭和4年)
「唐獅子」 六曲一双 紙本着色・屏風宮内庁三の丸尚蔵館 1935年(昭和10年)
「観画」 絹本着色・額 京都市美術館 1936年(昭和11年)
「阿修羅」 紙本着色・軸 東京芸術大学 1940年(昭和15年)
「おぼこ」 紙本墨画・額 東京国立近代美術館 1944年(昭和19年)
「Y氏像」 紙本着色・額 東京国立近代美術館 1951年(昭和26年)
「出を待つ」 二曲一隻 1955年(昭和30年)
「浴女群像」 紙本着色・額 滋賀県立近代美術館 1956年(昭和31年)
「お水取」 紙本着色・巻子 平木浮世絵美術館 1959年(昭和34年)
「白頭」 紙本墨画淡彩・額 東京芸術大学 1961年(昭和36年)
「石棺」 紙本着色・額 東京国立近代美術館 1962年(昭和37年)
「赤い壁(天壇)(中国三部作)」 紙本着色・額 1960年(昭和35年)
「山霊感応」 紙本着色・額 日光二荒山神社 1964年(昭和39年)
「蓮台寺の松蔭」 紙本着色・額 山種美術館 1967年(昭和42年)
「異装行列の信長」 紙本着色・額 山種美術館 1969年(昭和44年)
「腑分」 紙本着色・額 山種美術館 1970年(昭和45年)
「知盛幻生」 紙本着色・額 個人蔵 1971年(昭和46年)
「土牛君の像」 紙本着色・額 東京国立近代美術館 1973年(昭和48年)
「天正貴婦人像(細川ガラシア夫人像)」 紙本着色・額 バチカン美術館 1974年(昭和49年)

1885 岐阜県に生まれる
1901 梶田半古に師事、青邨の雅号をもらう
1907 紅児会に入会
1918 日本美術院評議員となる
1930 日本美術院経営者となる
1937 帝国芸術院会員となる
1944 帝室技芸員となる
1951 東京芸術大学日本画科主任教授となる
1955 文化勲章受章
1977 逝去

前田青邨のニーズと作品価値

前田青邨の作品価値は上昇しております。これは買い手市場が活発な事がその背景にあります。故に前田青邨の作品は買取側にとっても高い価値(高価査定)を付けやすい作品が多いです。 そのような事を踏まえまして当社は強化買取を実施しております。 前田青邨の作品をお持ちで売却をお考えのお客様は、是非とものアート買取協会までお気軽に御相談ください。

前田青邨の代表作

※買取相場価格は当社のこれまでの買取実績、および、市場相場を加味したご参考額です。実際の査定価格は作品の状態、相場等により変動いたします。

前田青邨の鑑定機関・鑑定人

東美鑑定評価機構

前田青邨の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!