MENU

買取・作品一覧

松林桂月 マツバヤシ ケイゲツ

松林桂月の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、松林桂月の作品を高く評価し、買取しております。
もし松林桂月の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。松林桂月の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

松林桂月

1894年野口幽谷に師事。南画の表現に新たな世界を開拓し、南画界の重鎮と言われる。官展の中心画家で、1906年日本南宗画会を結成。1919年帝展審査員、1932年帝国美術院会員、1937年帝国芸術院会員、1944年帝室技芸員。 1947年日中文化協会理事、1948年日本美術協会理事、1949年日展運営委員会常任理事、1954年同理事、1958年文化勲章受章、文化功労者、日展顧問、1961年日本南画院会長。死後従三位勲二等旭日重光章受章。 弟子に白井烟嵓・大平華泉・西野新川などがいる。

・秋景山雉図 (財団法人防府毛利報公会) 絹本彩色 大正14年(1925年)
・長門峡図 (東京国立博物館) 紙本墨画 昭和4年(1929年)
・山居図屏風 (東京国立博物館) 六曲一双 紙本墨画 昭和10年 (1935年)
・溪山春色(東京国立博物館) 六曲一双 紙本著色 昭和10年 (1935年)
・愛吾盧図 (山口県立美術館) 絹本彩色 昭和11年(1936年)
・春宵花影図 (東京国立近代美術館) 絹本墨画 昭和14年(1939年)
・山水図屏風 (田原市博物館) 二曲一隻 金地墨画 大正-昭和初期

1886 山口県生まれ
1893 上京し、野口幽谷に師事する
1898 松林家の養子となる
1902 環翠会画塾(後の天香画塾)を設立する
1907 文展開設にあたり旧派の正派同士会に評議員として参加する
1932 帝国美術院会員となる
1944 帝室技芸員となる
1948 日本美術協会理事となる
1949 日展運営会常任理事となる
1958 文化勲章受章
1960 日本南画院の設立にあたり会長に就任する
1963 死去

松林桂月の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!