MENU

買取・作品一覧

松本竣介 マツモト シュンスケ

松本竣介の買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、松本竣介の作品を探しています。
もし松本竣介の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。松本竣介の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

松本竣介

太平洋戦争中の1941年(昭和16年)、軍部による美術への干渉に抗議して、雑誌『みづゑ』に「生きてゐる画家」という文章を発表したことはよく知られている。都会の風景やそこに生きる人びとを、理知的な画風で描いた日本の画家である。

・街(1938年、大川美術館)
・画家の像(1941年、宮城県美術館)
・立てる像(1942年、神奈川県立近代美術館)
・Y市の橋(1942年、岩手県立美術館) – 同名の油絵は4点あり。
・鉄橋付近(1943年年、島根県立美術館)
・裸婦(1944年頃)(文化遺産オンライン)

1912 東京都に生まれる
1925 旧制盛岡中学(現岩手県立盛岡第一高等学校)入学の年、竣介は病気(脳脊髄膜炎)のため聴力を失う。
1929 中学を3年次で退学し上京、太平洋画会研究所(のち「太平洋美術学校」に改称)で絵を学ぶ
1936 デッサンと随筆の月刊誌「雑記帳」を創刊
1943 靉光らと新人画会を結成
1946 自由美術家協会に参加
1948 逝去

松本竣介の鑑定機関・鑑定人

東美鑑定評価機構

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!