MENU

買取・作品一覧

モーリス・ド・ヴラマンク Maurice de Vlaminck

モーリス・ド・ヴラマンクの買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、モーリス・ド・ヴラマンクの作品を高く評価し、買取しております。
もしモーリス・ド・ヴラマンクの作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。モーリス・ド・ヴラマンクの作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

モーリス・ド・ヴラマンク

18歳の時に結婚し、自転車選手をしたり、オーケストラでバイオリンを弾いたりして生計を立てていた。 ヴラマンクは、徹底した自由主義者で、自分の才能以外の何ものも信じず、何ごとにも束縛されたり、服従することを嫌った。こうした性格から、絵画についてもあらゆる伝統や教育を拒否し、少年時代に多少絵の手ほどきを受けた程度で、ほとんど独学であった。 1900年、シャトゥー出身の画家、アンドレ・ドランと偶然知り合って意気投合し、共同でアトリエを構える。1901年には、パリのベルネーム・ジュヌ画廊で開かれていたゴッホ展を見に行き、そこでドランを通じてアンリ・マティスに紹介されている。

・赤い木のある風景(1906-07)(パリ、ポンピドゥー・センター)

1876 パリで音楽教師の子として生まれる
1901 ファン・ゴッホの回顧展に感銘を受けて画家を志す
1904 フォーヴのひとつのグループを形成。一点の作品をグループ展で発表
1907 画商ボラールにより、最初の個展を開催 後にボラールと契約を結ぶ
1937 パリ万博で個人展
1947 シャトゥー派回顧展が成功し、現代絵画創始者のひとりと認められる
1954 ヴェネツッア・ビエンナーレに出品
1958 逝去

モーリス・ド・ヴラマンクの買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!