MENU

買取・作品一覧

満谷国四郎 ミツタニ クニシロウ

満谷国四郎の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、満谷国四郎の作品を高く評価し、買取しております。
もし満谷国四郎の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。満谷国四郎の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

満谷国四郎

賀陽郡門田村(もんでむら・現岡山県総社市門田)に生まれた。十五老とも称した。1892年 上京小山正太郎の不同舎で学ぶ。1898年 明治美術会創立10年記念展へ「林大尉の戦死」「妙義山」出品。1900年 パリ万国博覧会へ「蓮池」出品銅牌受賞。鹿子木孟郎らと渡米。 1901年 渡欧。1907年 東京勧業博覧会へ「戦の話」「かりそめの悩み」を出品1等受賞。第1回文展審査員となる。

1911年 柚木久太らと再渡欧。1912年 パリでジャン=ポール・ローランスに学ぶ。1925年 帝国美術院会員。

・林大尉の死
・妙義山
・尾道港
・蓮池
・楽しきたそがれ
・戦の話 個人蔵 1906年
・かりそめのなやみ
・車夫の家族 東京芸術大学大学美術館蔵 1908年
・椅子による裸婦 東京国立近代美術館蔵 1912年
・長崎の人
・女ふたり 東京芸術大学大学美術館蔵 1927年
・非毛氈
・フランス・ブルターニュ半島の風景
・婦人像
・鞆の浦
・杏花

1874 岡山県吉備郡に生まれる
1891 上京、五姓田芳柳、小山正太郎に師事
1898 明治美術会展覧会第10回展示出品作「林大尉の戦死」が明治天皇の目にとまり名声を高める
1900 渡仏しジャン=ポール・ローランスに師事
1901 帰国後、同志と共に太平洋画会を結成
1907 東京府観業博覧会で一等賞を受賞。第1回文展以来審査員を長く務める
1925 帝国美術院会員
1936 逝去

満谷国四郎の鑑定機関・鑑定人

日本洋画商協同組合鑑定登録委員会、東美鑑定評価機構

満谷国四郎の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!