MENU

買取・作品一覧

宮本三郎 ミヤモト サブロウ

宮本三郎の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、宮本三郎の作品を高く評価し、買取しております。
もし宮本三郎の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。宮本三郎の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

宮本三郎

石川県能美郡末佐美村(現・小松市)生まれ。油絵の他に雑誌の挿絵、新聞小説の挿絵も多く手がけ、戦時中は「山下、パーシバル両司令官会見図」など戦争画も手がける。国立霞ヶ丘陸上競技場の壁画や切手の原画などで知られ晩年には木版画の作品も手がけている。

1905 石川県に生れる
1922 上京し川端画学校洋画部に入学。以後安井曽太郎に師事
1936 二科会会員に推挙される
1942 陸海軍省より南方従軍を命ぜられシンガポ―ル及び香港に取材
1943 「山下・パ―シベル両司令官会見図」に対し芸術院賞を授与される
1946 金沢美術専門学校教授となる
1947 同志8名と「二紀会」を設立、委員となる
1948 金沢市文化賞授与
1953 多摩美術大学教授となる
1966 日本芸術院会員となる
1974 69歳で逝去。勲二等瑞宝章を賜る

宮本三郎の鑑定機関・鑑定人

宮本三郎の会、東美鑑定評価機構

宮本三郎の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!