MENU

買取・作品一覧

森本草介 モリモト ソウスケ

森本草介の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、森本草介の作品を高く評価し、買取しております。
もし森本草介の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。森本草介の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

森本草介

1937年(昭和12年)、画家・森本仁平の長男として、朝鮮全羅北道に生まれる。大東亜戦争中の1943年(昭和18年)に内地へ帰ったものの再度朝鮮へ戻り、1945年(昭和20年)に日本が敗戦すると、一家での逃避行を強いられた。1958年(昭和33年)、東京芸術大学絵画科油画専攻入学、在学中の1961年(昭和36年)に安宅賞を受賞した。1962年(昭和37年)に大学を卒業すると専攻科に進んで翌年に修了、東京藝術大学の助手となった。国画会展に入選し、1966年(昭和41年)には国画賞を受賞、助手職を辞した。

1969年(昭和44年)、「十騎会」の結成に加わる。静物画、風景画に、精密な画法で評価を得るが、1979年(昭和54年)頃、女性画のモデルを発見、以後このモデルを使って裸婦、着衣婦人画を数多く制作する。森本の作品の最大の収集者は千葉県千葉市のホキ美術館であり、同館には森本の作品32点が収蔵・展示されている。

・森本草介展図録 日動画廊 1977
・森本草介画集 講談社 1984
・森本草介画集 求龍堂 1995
・光の方へ 森本草介(画集) 求龍堂 2012

1937 朝鮮全羅北道全州府に生まれる
1943 父が転任のため家族とともに東京に戻る
1958 東京芸術大学美術学部油画科に入学
1977 最初の個展、森本草介展が銀座で開催され65点を出品
1961 伊藤廉教室に学ぶ。在学中に安宅賞を受章
1963 国画会第37回展(東京美術館)に<聚>を初出品、初入選
1968 国画会第42回展に<響>を出品、サントリー賞を受賞
1970 第5回昭和会展に<貝とリボンのある静物>を招待出品、昭和会優秀賞を受賞する
1970 十騎会第2回展に<白いテーブル><蝶のいる窓>を出品
1978 第1回現代の裸婦展に<青い耳飾り>を出品
1985 第1回具象絵画ビエンナーレに<華>を出品
1986 第1回現代作家美術展に<昼さがり>を出品
1988 日本洋画壇の精鋭による現代の人物画展に<微睡の時><横たわる裸婦>を出品
1993 現代の視覚’93展に<白いソファーの裸婦>を出品

森本草介の鑑定機関・鑑定人

森本草助鑑定委員会

森本草介の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!