MENU

買取・作品一覧

森田茂 モリタ シゲル

森田茂の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、森田茂の作品を高く評価し、買取しております。
もし森田茂の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。森田茂の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

森田茂

茨城県真壁郡下館町(現在の筑西市)に生まれ、東京都に住んでいた。文化勲章受章、日本芸術院会員、日展顧問、東光会会長、茨城県名誉県民、豊島区名誉区民、筑西市名誉市民。原色を多用し、色を塗ったというより絵具を擦り付けたという様な、力強い筆致の重厚な画風が特徴である。

初期の作品は、人形や人物の絵が多いが、1965年(昭和40年)の東南アジア巡遊後は風景画も多く描くようになる。1966年(昭和41年)に偶然目にした山形県羽黒山地方の郷土芸能である黒川能に強く惹かれ、この黒川能を描き続けることをライフワークにしており、このシリーズの中の一作で1970年(昭和45年)の日本芸術院賞を受賞している。その他、舞妓を描いたシリーズなどもある。

『黒川能』
『金蔵獅子』

1907 茨城県真壁郡下館町に生まれる
1931 熊岡洋画研究所に入る
1934 第15回帝展で「神楽獅子の親子」が初入選
1938 第2回文展で「金蔵獅子」が特選受賞
1956 日展審査員
1965 第9回日展で「黒川能」が文部大臣賞受賞
1976 日本芸術院会員となる
1977 日展常務理事となる。勲三等瑞宝章受賞
1980 東光会が社団法人となり、東光会理事長となる
1989 国宝善光寺本堂昭和大修理落慶記念「森田茂展」開催
1993 文化勲章受章

森田茂の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!