MENU

買取・作品一覧

守屋多々志 モリヤ タダシ

守屋多々志の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、守屋多々志の作品を高く評価し、買取しております。
もし守屋多々志の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。守屋多々志の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

守屋多々志

昭和から平成にかけて日本美術院において活躍し、太平洋戦争従軍時やイタリア留学時を除いて、ほぼ毎年出品していた。守屋の描いた作品は、歴史と古典への深い教養に根ざし、歴史人物を堅牢な絵画空間の中に描出した「歴史画」が中心である。また、その知識と姿勢が評価され、歴史考証が必要な小説挿絵や舞台美術、衣装デザインなどでも活躍した。

イタリア留学以前は、日本古来の大和絵を意識した構成・筆遣いで描いているが、留学後しばらくは、明らかに洋画を意識した重厚なマチエールで描いており、以後も絵具を厚塗りした作品を多く描いている。昭和40年以降は武者絵を中心に、背景に金泥を使うなど豪壮な作品も見受けられたが、1982年(昭和57年)頃から黒を多用した暗めの作品が多く、直線で画面を区切ったり、独特の遠近感を持たせたりする作品を多く描いている。

1912 岐阜県大垣市に生まれる
1930 上京し、前田青邨に師事した
1936 東京美術学校を卒業
1941 院展に初入選
1996 文化功労者となる
2001 文化勲章受章
2003 逝去

守屋多々志の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!