MENU

買取・作品一覧

棟方志功 ムナカタ シコウ

棟方志功の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、棟方志功の作品を高く評価し、買取しております。
もし棟方志功の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。棟方志功の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

強化買取中 棟方志功

棟方志功
棟⽅志功は「わだばゴッホになる」という⾔葉とともに、画家を⽬指して上京した。しかし、極度の近眼が原因となり、遠近感の表現や描写に悩まされ、版画の道を⾒つける。眼鏡が板につくほどの距離に顔を近づけての制作⾵景は有名。 棟⽅は、板の声を聞き板の⽣命を彫り起こすという意味を込めて⾃⾝の版画を「板画」と称した。また、中国の古法で和紙の裏から⾊付けする、裏彩⾊の技法も取り⼊れた。 版画のみならず油絵や倭画、書、詩歌といった多くの分野の作品を残している。第⼆次世界⼤戦中に疎開した富⼭県で浄⼟真宗にふれ、仏をテーマとした作品も多く⼿掛けるようになった。中でも「阿弥陀如来像」や「蓮如上⼈の柵」「御⼆河⽩道之柵」といった作品が⾼く評価されている。

1903年 ⻘森に⽣まれる
1928年 第9 回帝展出品作品の「雑園」(油絵)で⼊選を果たす
1930年 ⽩⽇会展で⽩⽇賞受賞、国画会展で多数の作品が⼊選
1952年 スイスで開催された第2 回国際版画展にて「⼥⼈観世⾳板画巻」が優秀賞受賞
1955年 サンパウロ・ビエンナーレ(美術展覧会)に「釈迦⼗⼤弟⼦」などを出品し、版画部⾨最⾼賞を受賞
1956年 ベニス・ビエンナーレに「柳緑花紅頌」などを出品し、国際版画⼤賞を受賞
1967年 ⽇本板画院の名誉会⻑となる
1970年 ⽂化勲章受章
1975年 逝去。「棟⽅志功記念館」が開館

棟方志功のニーズと作品価値

国内外ともに⾼い評価を受ける⽇本⼈芸術家・棟⽅志功。現代美術の国際美術展覧会「ヴェネツィア・ビエンナーレ」に「湧然する⼥者達々」などを出品しており、⽇本⼈初の国際版画⼤賞を受賞しています。

棟⽅志功は独⾃の平⾯的な構図を確⽴させ、裏彩⾊と呼ばれた版紙の裏から⾊を⼊れる技法を⽤いた作品を制作しました。また、柳宗悦と出会い、才能を⾒いだされ、「⺠芸運動」(「⽇本⺠藝美術館設⽴趣意書」にある、⽇常的や⽇⽤品の「⽤の美」を活⽤する運動)の陶芸家とも交流を深めています。

作品の中でも、仏や菩薩をテーマとしたものは特に⾼評価となります。中でも「⼆菩薩釈迦⼗⼤弟⼦」シリーズや「⼤⾸」と呼ばれるバストップの⼥性、菩薩の顔を描いた作品は⾼価買取対象となっています。

棟方志功の代表作

※買取価格は当社のこれまでの買取実績、および、相場価格を加味したご参考額です。実際の査定価格は作品の状態、相場等により変動いたします。

棟方志功の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!