MENU

買取・作品一覧

中島千波 ナカジマ チナミ

中島千波の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、中島千波の作品を高く評価し、買取しております。
もし中島千波の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。中島千波の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

強化買取中 中島千波

中島千波

伝統的な⽇本画の美しさを継承する独⾃の画⾵を確⽴させ、花⿃画も得意とした中島千波。特に、桜や牡丹は中島の代名詞となるほどで、まるで本物の花のように⽣き⽣きと咲き誇る表現⼒が⾼く評価された。

⼀⽅で、学⽣のころから⽇本画のみならず⻄欧画も学び、従来の⽇本画にとらわれない、新しいスタイルの⽇本画を創造することを⽬指し、⼈物画のシリーズも制作した。数々の絵画を⽣み出しながらも、新聞や雑誌の挿絵や表紙絵も⼿掛けた。また、天井画や歌舞伎座の緞帳絵などの制作も⾏っている。

なお、1992 年には、⽣まれ故郷である⻑野県⼩布施町に「おぶせミュージアム・中島千波館」が開館し、⼈と地域が共存する新たな⽂化拠点として、多くの作品が収蔵されている。代表作は「草の主」。

1945年 ⻑野県に⽣まれる
1969年 東京藝術⼤学⽇本画科を卒業。第54 回院展へ初出品した「窓」が⼊選
1971年 東京藝術⼤学⼤学院を修了
1979年 第5 回⼭種美術館賞で、優秀賞を受賞
1987年 NHK テレビ「きょうの料理」のテキスト表紙絵を担当。以降、3 年間⼿掛ける
1990年 三溪園臨春閣第六室襖絵「不⼆と桃花図」「松林図」が完成
1992年 「おぶせミュージアム・中島千波館」が開館
1994年 東京藝術⼤学美術学部助教授に就任
1995年 歌舞伎座緞帳「淡紅⽩梅」が完成
2000年 東京藝術⼤学美術学部デザイン科教授に就任
2006年 ⼩布施名誉町⺠に選出される

中島千波のニーズと作品価値

昭和と平成を代表する⽇本画家の⼀⼈が、中島千波です。⽇本全国の桜を数⼗年にわたって描き続けた、桜花図の第⼀⼈者としても知られています。

現代の⽇本画壇における巨匠でもある中島千波ですが、⽇本画だけでなく⻄欧絵画の技法も取り⼊れ、既成の⽇本画にとらわれない独⾃の画⾵を確⽴しています。そのため、中島千波作品の価値は⼤きく上昇しており、特に桜をテーマにした作品は⼈気が⾼く、版画でも⾼価買取の対象となります。

中島千波の代表作

※買取相場価格は当社のこれまでの買取実績、および、市場相場を加味したご参考額です。実際の査定価格は作品の状態、相場等により変動いたします。

中島千波の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!