MENU

買取・作品一覧

中山忠彦 ナカヤマ タダヒコの美術品買取情報

中山忠彦の買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、中山忠彦の作品を探しています。
もし中山忠彦の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。中山忠彦の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

中山忠彦

福岡県小倉市(現・北九州市)生まれ。9歳で大分県に疎開、1950年、15歳で県展に入選、中津西高校(現大分県立中津南高等学校)卒業後上京、伊藤清永に入門。アルバイトのかたわら三輪孝主宰の阿佐ヶ谷洋画研究所に学ぶ。1954年日展に入選。1958年白日会会員に推挙される。1965年の結婚以来、良江夫人をモデルにした美人画を描き続け、1996年日本芸術院賞受賞、1998年芸術院会員。2009年より日展理事長。

『中山忠彦画集』(ビジョン企画出版社、2006)

1935 福岡県に生まれる
1953 伊藤清永に師事
1954 日展初入選
1958 白日会会員となる
1969 日展特選(同’81)
1980 白日展内閣総理大臣賞受賞
1986 日展審査員となる
1990 日展会員賞受賞
1996 日展内閣総理大臣賞受賞
1997 日本芸術院賞受賞
1998 日本芸術院会員となる

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

中山忠彦の作家・作品紹介

もっとみる

アート買取協会で
買取できる美術品

日本画、洋画、現代アートなどの絵画買取から掛軸、陶磁器などの骨董・古美術の買取まで幅広い美術品ジャンルを取り扱っております。
一覧にない美術品も取扱いがございますので、まずはお気軽にご相談ください。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!