MENU

買取・作品一覧

中里太郎右衛門 ナカザト タロウエモン

中里太郎右衛門の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、中里太郎右衛門の作品を高く評価し、買取しております。
もし中里太郎右衛門の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。中里太郎右衛門の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

中里太郎右衛門

13代中里太郎右衛門(じゅうさんだい なかざと たろうえもん、1923年(大正12年)5月31日 - 2009年(平成21年)3月12日)は、陶芸家、日本藝術院会員。本名・中里忠夫。法号・中里逢庵。佐賀県唐津市生まれ。日本工匠会会長。国際陶芸アカデミー会員。 中里太郎右衛門 (12代)の長男。弟の中里重利、中里隆も陶芸家。亡くなる直前、NHKの鶴瓶の家族に乾杯の撮影に際してゲスト出演をした米倉涼子に陶芸の指導をしている。なお、この放送回が放送されたのは中里の没後であり、その旨がテロップにて表示された。また、葬儀には米倉も参列している。

1951年 日展初入選。
1965年 現代工芸美術家協会視察団として欧州、中近東視察。
1969年 13代中里太郎右衛門襲名。
1992年 佐賀県重要無形文化財認定。
1995年 唐津市政功労賞受賞。
2002年 長男・忠寛に名跡を譲り、得度して逢庵と号する。
2007年 藝術院会員となる。
2008年 旭日中綬章を受ける。
2009年 3月12日慢性骨髄性白血病のため死去。享年85。

中里太郎右衛門の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!