MENU

買取・作品一覧

奥田元宋 オクダ ゲンソウ

奥田元宋の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、奥田元宋の作品を高く評価し、買取しております。
もし奥田元宋の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。奥田元宋の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

強化買取中 奥田元宋

奥田 元宋(おくだ げんそう、1912年6月7日 - 2003年2月15日)は、日本画家、日本芸術院会員。「元宋の赤」といわれる独特な赤色が特徴とされる。妻の奥田小由女は人形作家、芸術院会員。

1912年 広島県双三郡八幡村に生まれる。
1931年 中学卒業を機に遠戚に当たる日本画家、児玉希望を頼って上京、内弟子となる
1936年 文展鑑査展に「三人の女性」が初入選
1937年 児玉希望画塾第1回展に塾賞を受賞。「元宋」と号した
1962年 第5回新日展では「磐梯」が文部大臣賞受賞、文化庁買上げ
1974年 日展常任理事となる
1977年 この年より79年まで日展理事長をつとめる
1981年 宮中歌会始の召人に選ばれる。真言宗大聖院の本堂天井画「龍」を制作。
1984年 文化勲章受賞
1989年 広島県名誉県民として顕彰される
1995年 日本芸術院第1部(美術)の部長となる
1996年 京都・銀閣寺(慈照寺)の庫裏・大玄関及び弄清亭障壁画を完成させる
2003年 東京で逝去、享年90歳

奥田元宋のニーズと作品価値

奥田元宋の作品価値は上昇しております。これは買い手市場が活発な事がその背景にあります。故に奥田元宋の作品は買取側にとっても高い価値(高価査定)を付けやすい作品が多いです。 そのような事を踏まえまして当社は奥田元宋の強化買取を実施しております。 奥田元宋の作品をお持ちで売却をお考えのお客様は、是非ともアート買取協会までお気軽に御相談ください。

奥田元宋の代表作

※買取相場価格は当社のこれまでの買取実績、および、市場相場を加味したご参考額です。実際の査定価格は作品の状態、相場等により変動いたします。

奥田元宋の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!