MENU

買取・作品一覧

奥村土牛 オクムラ トギュウ

奥村土牛の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、奥村土牛の作品を高く評価し、買取しております。
もし奥村土牛の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。奥村土牛の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

奥村土牛

奥村 土牛(おくむら とぎゅう、1889年2月18日 - 1990年9月25日)は現代日本画壇の最高峰に位置した代表的な日本画家の一人。本名:義三(よしぞう)。号である「土牛」は、出版社を営んでいた父が寒山詩の一節「土牛石田を耕す」から引用してつけられた。刷毛で胡粉などを100回とも200回ともいわれる塗り重ねをし、非常に微妙な色加減に成功した作品が特徴とされる。<富士山図>が著名で、皇居にも飾られている。

1889年 東京・京橋に生まれる
1905年 梶田半古の門に入り、塾頭の小林古径に指導を受ける
1911年 この年から約5年間、逓信省貯金局統計課に勤務し、ポスターなどを描く仕事に従事
1914年 半古没後、改めて古径に師事
1917年 この年より『土牛』の雅号を使用
1920年 古径の画室に共に住み、以後長い研鑚時代に入る
1927年 古径の紹介により速水御舟の研究会で教えを受ける
1935年 帝国美術学校教授を勤める
1936年 改組第1回帝展に『鴨』を出品。政府の買上げとなる
1944年 塔協美術学校講師を勤める
1947年 帝国芸術院(現日本芸術院)会員に就任
1951年 武蔵野美術大学教授を勤める
1962年 文化勲章を受賞
1978年 日本美術院理事長を勤める
1980年 東京名誉都民の称号を贈られる
1990年 長野県佐久郡八ヶ穂村に奥村土牛記念美術館が開館 東京にて逝去

奥村土牛の代表作

※買取相場価格は当社のこれまでの買取実績、および、市場相場を加味したご参考額です。実際の査定価格は作品の状態、相場等により変動いたします。

奥村土牛の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!