MENU

買取・作品一覧

小茂田青樹 オモダ セイジュの美術品買取情報

小茂田青樹の買取は
アート買取協会にお任せください

豊富な買取実績があるアート買取協会では、小茂田青樹の作品を探しています。
もし小茂田青樹の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。小茂田青樹の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!

小茂田青樹

1891年に埼玉県入間郡川越町(現川越市)に、呉服商・小島徳右衛門の次男として生まれた小島茂は「詩情の画家」と呼ばれた日本画家である。5歳の時に叔父の養子になり小茂田姓を名乗るようになった。17歳で上京し、「安雅堂画塾」に入門する。同年同日に入門した速水御舟とは終生のライバルといえる関係となる。1913年に第13回巽画会展に作品を出品し、その後の支援者となる原富太郎に作品を買い上げられて画壇にデビューする。翌年、今村紫紅が主宰する赤曜会に参加し青樹と号する。若くして支援者を獲得し作品の入選を受けるが、1915年頃に結核を患い終生に渡って闘病を余儀なくされる。同年代の岸田劉生の影響も受けており、洋画の持つ写実性に加えて日本画の伝統的装飾性を施すことに拘りを抱いていた青樹は、生涯に渡って如何にその二つを融合させるかを探究し続けた。『春の夜』や『虫魚画巻』といった作品を生み出し日本画の革新を図りつつ多くの門人を育てるも、昭和8年8月28日に43歳で夭折してしまう。

写実に徹した観察は美しい面影を蘇らせ、透明感のある繊細な色彩と描線が丁寧に重ねられた作品を描く。写実性は対象そのものの内面までを描き出すかのようであり、代表作である『虫魚画巻』は更に神秘的な雰囲気も内包している。そこには、青樹の目指した写実性と装飾性の融合した見事な世界が構築されているといえる。

「虫魚画巻」 (東京国立近代美術館, 1931年)
「出雲江角港」 (東京国立近代美術館, 1921年)
「ポンポンダリア」 (横浜美術館, 1922年)
「鳴鶏」 (埼玉県立近代美術館, 1930年)
「春の夜」 (埼玉県立近代美術館, 1930年)
「松江風景」 (東京国立近代美術館, 1920年)
「双鳩図 」 (京都国立近代美術館, 1920年)
「秋意」 (川越市立美術館, 1926年)
「麦踏」 (埼玉県立近代美術館, 1919年)
「春庭」 (山種美術館, 1918年)
「漁村早春」 (愛知県美術館, 1921年)

1891 埼玉県川越市に生まれる
1908 上京して松本楓湖の安雅堂画塾に入門
1914 今村紫紅を中心に結成された赤曜会に加わる。
1914 翌年院展初入選。日本美術院の再興に参加
1921 日本美術院同人に推挙される
1925 杉立社を設立
1933 神奈川県逗子市で歿

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!