MENU

買取・作品一覧

刑部人 オサカベ ジン

刑部人の買取は
アート買取協会にお任せください

アート買取協会では、刑部人の作品を高く評価し、買取しております。
もし刑部人の作品がお手元にございましたら、アート買取専門店のアート買取協会へ、ぜひご相談ください。刑部人の作品を無料査定し、少しでも高く、お客様の満足する価格で買取いたします。

刑部人

栃木県下都賀郡都賀町(現・栃木市)生まれ。東京府立一中時代には同期に高見順、長沼弘毅など。同校在学中、高見順らと廻覧雑誌を創刊。1929年、東京美術学校西洋学科卒業。1943年に文展無鑑査で出品となり、1946年、1947年に日展特選。

刑部は川端龍子に日本画を学び、東京美術学校の西洋画科の在学中に帝展に初入選した。画家として順調なスタートを切ったが、ヨーロッパ各地で起こっていたフォーヴィズム、キュビズムをはじめとする新しい芸術運動の波の中で、他の多くの画家たち同様に一時的なスランプに陥る。 作風について悩んだ果てにたどり着いたのは、時流に惑わされず本来の写実中心の自分の道に帰ることだった。先輩の洋画家・金山平三との数々の写生旅行を経て、刑部は絵筆により細部を精緻に組み立てていく表現を超え、ペインティングナイフのバネの反動を利用して生乾きの絵具を重ねていくアクション・ペインティング風の独特の画風を生み出す。

刑部がアトリエを構えた下落合は当時「落合文化村」と呼ばれ、佐伯祐三ほか多くの画家や小説家が住んだ。1941年には、刑部邸の隣の土地に林芙美子が夫、緑敏と居を構えた(現・林芙美子記念館)。画家だった緑敏は薔薇づくりを趣味としており、刑部は隣家から毎年季節になると届く薔薇を好んで描いた。梅原龍三郎、中川一政、朝井閑右衛門等も緑敏の薔薇を描いたが、画家たちが巻きのやわらかいつぼみや、虫の食った葉を好むので、緑敏はわざと自然のままに花をつくったという。

・高見順像[1928・日本近代文学館蔵]
・友人の肖像[1928]
・自画像[1929・東京藝術大学大学美術館蔵]
・裸体[1929・神奈川県立近代美術館蔵]
・冬の軽井沢[1946]
・冬の渓流(塩原)[1964年・東京都現代美術館蔵]
・りんごの花[1955・栃木県立美術館蔵]
・銚子海岸[1955・栃木県立美術館蔵]
・山畑[1961・神奈川県立近代美術館蔵]
・写生する金山先生[1961・笠間日動美術館蔵]
・りんご園[1962・栃木県立美術館蔵]
・塩尻峠[1967・栃木県立美術館蔵]
・奈良初秋[1971・ひろしま美術館蔵]
・雪渓(塩原)[1971・東京藝術大学大学美術館蔵]
・千曲川鳥瞰図[1971?・長野県信濃美術館蔵]
・吉野山上千本[1973・栃木県立美術館蔵]
・ばら(マジョリカ壺)[1974・栃木県立美術館蔵]
・暮坪の海(山形県)[1976・神奈川県立近代美術館蔵]
・姨捨枝垂桜[1977・長野県信濃美術館蔵]
・我庭(冬)[新宿区立新宿歴史博物館蔵]
・塩原渓流
・十和田湖畔
・断崖
・奥入瀬渓流

1906 栃木県に生まれる
1922 川端画学校に学ぶ
1928 帝展発入選
1929 東京美術学校西洋画科卒業
1948 日展で特選受賞
1958 新世紀美術協会委員となる
1968 日展会員となる
1978 東京で歿

刑部人の鑑定機関・鑑定人

日本洋画商協同組合鑑定登録委員会

刑部人の買取作品一覧

美術品の売却が初めての方
「買取の流れ」をご紹介!
全国出張・宅配買取や無料査定も実施中!

買取の流れをみる

絵画や骨董品、美術品、古美術を売るなら、
買取専門店「アート買取協会」にお任せください!